1. Home
  2. MIND
  3. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

「おばさん」て誰のこと?

52,056

田中ひかる

20200727-top

「おばさん」をキーワードに、揺らぐ年齢観や女性の価値観の変化を、歴史社会学者の田中ひかるさんがつづる連載第2回目は、今でも人気の“オバサンパーマ”について。

なぜわざわざ“オバサンパーマ”なのか

20200727-1

前回書いたように、かつて女性たちは結婚して家庭に入り、子どもを産めば一丁上がりとばかりに、“オバサンパーマ”の「おばさん」になりました。

なぜわざわざ“オバサンパーマ”をかけて「おばさん」らしくしていたのかと謎に思うかもしれませんが、当時はとりあえずパーマをかけることが大人の女性の身だしなみだったのです。そして、現在のようにパーマのバリエーションが多くはありませんでした。

ちなみに“オバサンパーマ”の正式名称は「オールパーパス」。つまり「多目的」「万能」。髪全体をロッドで平巻きにすると「オールパーパス」ができあがります。応用が利くため、美容学校ではカットマネキン(練習用の頭部のみのマネキン)を使って繰り返し練習させられるそうです。

名前のとおり「万能」

20200727-2

現在でも、わざわざ“オバサンパーマ”をかける人がいるのか気になり、「オバサンパーマ」でネット検索したところ、意外にも根強い人気を保っていることがわかりました。

個人差もありますが、髪は年齢とともに少なくなります。細くなり、コシもなくなるため、パーマがかかりづらい。その点、“オバサンパーマ”はキツいパーマであるため、どんな髪にもかかり、手入れが簡単なわりに長持ちするのです。そしてもちろんボリュームも出ます。名前のとおり「万能」で、高齢女性に優しい髪型と言えます。

そういえば、“オバサンパーマ”を紫やブルーに染めた上品な高齢女性をときどき見かけますよね。かつての“おばさんパーマ”は、上品な「おばあさんパーマ」に進化したようです。

薄毛のダブルスタンダード

20200727-3

最近では、毛量を解決する手段として、パーマではなくウィッグを選ぶ女性も増えています。

「かつら」というと男性用を思い浮かべる人が多いと思いますが、日本では女性用が先に商品化されました。薄毛人口は男性のほうが多いのですが、切実にウィッグを求めたのは、女性たちだったのです。そして現在も、かつら(ウィッグ)のトップメーカーであるアデランス、アートネイチャーともに、女性用ウィッグの売上げのほうが大きいのです。

「ハゲは成人男性の問題」と見なされている社会にあって、女性の薄毛はよりデリケートな問題です。だからこそ、女性用ウィッグは静かに進化を遂げてきたのでしょう。性能が良くなれば良くなるほど、存在感が薄れる。それがウィッグなのです。

薄毛になっても、男性は自然に任せたり、思い切って丸刈りにしたりする人が少なくありませんが、女性はほとんどが何らかの対策を講じます。これは、女性の容貌に対する視線の方が、男性のそれよりも厳しいためでしょう。ルッキズム(容貌差別)にも、性のダブルスタンダード(二重基準)があるのです。

ヘアケアに悩んだらこちらをチェック

髪を、太く・強く・ツヤツヤに生まれ変わらせるための食事法

薄毛・抜け毛、髪のダメージ、乾燥やツヤのなさを本気でケアしたいなら、食事から変えてみては? 管理栄養士がアドバイスします。さて、何を食べて何を控えれ...

https://stg.mylohas.net/2020/01/206612diet_hair.html

パサパサ傷んだ髪に! 「ツヤ、うる、さら」を叶えるマストアイテム

編集部が自腹で買ってるヘアケア・頭皮ケアとは? 速乾性・うるつやを叶えるシャンプー&トリートメントと、天然成分100%のマルチヘアオイルを紹介します...

https://stg.mylohas.net/2020/06/214433editors_cosme.html

田中ひかる

田中ひかる(たなか・ひかる)さん
歴史社会学者。1970年、東京都生まれ。女性に関するテーマを中心に、執筆・講演活動を行っている。近著『明治を生きた男装の女医―高橋瑞物語』(中央公論新社)ほか、『「オバサン」はなぜ嫌われるか』(集英社新書)、『生理用品の社会史』(角川ソフィア文庫)など著書多数。公式サイト

Photo by Getty Images 、images via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    3. 2020年10月26日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    4. 幸せの分母は多いほうがいい。ミシュラン1つ星シェフの愛のレシピ

    5. 自分にとっての幸せを見つけるシンプルな4つの習慣/精神科医 Tomyさん【後編】

    6. こんなに「栗!」を感じるのは初めて。農家をサポートするベジターレの極みモンブラン

    7. ポジティブじゃなくたっていい。ポジティブ思考が望まない結果をもたらす場合

    8. 生きづらさを感じる人へ。「生きる」「幸せ」はそれほど壮大なテーマではない/精神科医 Tomyさん【前編】

    9. 体幹強化&脂肪燃焼をねらって。バリエーションを加えた「プランク」

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    3. ストレスに負けない「レジリエンス(折れない心)」を身につけるヒント

    4. 高タンパク・低脂肪な鶏むね肉を美味しく常備。プロの「しっとり冷凍」テクニック

    5. こんなに「栗!」を感じるのは初めて。農家をサポートするベジターレの極みモンブラン

    6. 自分にとっての幸せを見つけるシンプルな4つの習慣/精神科医 Tomyさん【後編】

    7. 2020年10月26日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    8. きゅっと上がった「桃尻」とくびれをつくる、スクワットのアレンジHIIT

    9. クリーミーなスクランブルエッグを短時間で作るコツ/朝食レシピ

    10. 生きづらさを感じる人へ。「生きる」「幸せ」はそれほど壮大なテーマではない/精神科医 Tomyさん【前編】

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    3. 相手の行動を変える、たったひとつのほめ言葉。信頼関係をつくる「100点のほめ方」

    4. 気持ちいい「骨盤ほぐし」で、体の歪み改善&スタイルアップ

    5. 1杯目のコーヒーのタイミングに気をつけるとその日がうまくいく/神経科学で証明

    6. あれこれやらずに、これだけ極めて。腹筋をトータルで鍛えるトレーニング

    7. 若年性乳がんになりやすいのはどんな人? きちんと知りたい「乳がん」のこと/ピンクリボン強化月間

    8. 1分間、集中。全身の筋肉フル稼働の「マウンテンクライマー」

    9. 自分にとっての幸せを見つけるシンプルな4つの習慣/精神科医 Tomyさん【後編】

    10. ストレスに負けない「レジリエンス(折れない心)」を身につけるヒント

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら