1. Home
  2. HEALTH
  3. 「スマホ焼け」を防ぐスキンケア登場。ブルーライト対策アイテム4選

「スマホ焼け」を防ぐスキンケア登場。ブルーライト対策アイテム4選

1,537

田邉愛理

ブルーライトのイメージ

いまや「第3の紫外線」と言われ、身体への悪影響が指摘されるブルーライト。日中はUVケアをしていても、日やけ止めを落とした後の素肌や裸眼は、知らないうちにブルーライトの脅威にさらされています

そこで取り入れたいのが、年々進化しているブルーライト対策アイテム。使用感もよく、毎日の生活に取り入れやすいものを厳選して4つご紹介します。

眠る前の“スマホ焼け”を防ぐナイトクリーム

ブルーライト対策スキンケア

20NEOプロテクティブナイトクリーム 50g 7,150円(税込)

いけないのはわかっていても、寝る直前までスマホやタブレットが手放せない……。

そんな「スマホ世代」のために開発されたのが、今年の2月にデビューした新ブランド「20NEO(ニーゼロネオ)」の「プロテクティブナイトクリーム」です。

お風呂に入ってスキンケアを済ませ、眠りにつくまでのあいだの素肌は、じつはブルーライトに対して無防備な状態。そこで活用したいのがこちらのクリーム。

ブルーライトの光ダメージ(乾燥や肌荒れ)から肌を守る「ルテイン」や、ポリフェノールをたっぷり含む「ビルベリーエキス」が配合されており、就寝前の肌を“スマホ焼け”から守ってくれます。

「ルテイン」そのものは光や熱に不安定で壊れやすい成分ですが、今回、大豆由来の脂質膜で保護することにより、安定的な配合が可能になったとのこと。

なめらかでスーッと伸びるテクスチャーが心地よく、眠っているあいだも保湿効果が続く(※1)ため、翌朝の肌はふっくら、しっとり。肌にハリや弾力が不足気味なとき、とくにおすすめのナイトクリームです。

※1 6時間保湿効果持続データ取得済み。

現代人女性のための、ブルーライト対策コスメ

ブルーライト対策スキンケア

ビバルーカ チレントビルベリーVローションbb 120ml 7,480円(税込)、ビバルーカ チレントビルベリーV美容乳液bb 50ml 9,680円(税込)

透き通るようなビルベリー色のボトルが美しい、「vivarca(ビバルーカ)」のローションと美容乳液。

パソコン作業でブルーライトをたくさん浴びる人のためのブルーライト対策コスメで、こちらは南イタリア・チレント産の「ビルベリー」のエキスが要となっています。

ビルベリーは南イタリア特有の厳しい日差しを受けて育つため、その種や皮に含まれるアントシアニンの量はブルーベリーの2~3倍。そのほかのポリフェノール類も豊富なことから、現地では「チレントドクター」の異名をもち、不調を感じたときに食べるヘルシー食材として親しまれているそう。

さらに、死海などの塩水湖に生息する海洋プランクトン「アルテミア」から生まれたストレスケア成分を配合することで、強力な抗酸化パワーを実現。ブルーライトや紫外線などによる酸化ダメージから肌を守りながら、透明感あふれる肌をキープしてくれます。

ローションも美容乳液も、どちらも重たくないのに肌がうるおってしっとりと落ち着きます。また、ユーカリやレモングラスの精油の心地いい香りでリラックスできる……と、とにかく使用感が抜群。翌朝の顔は明らかにくすみが晴れていて、肌のハリが復活している感じがします。

日中はブルーライトなどによる酸化ダメージから肌を守り、夜はすでに受けてしまったダメージのケアを徹底的にしてくれる、新現代人のためのスキンケアです。

ブルーライトを徹底解剖。デジタル時代のための目薬

ブルーライト対策アイケア

ロートデジアイ 第2類医薬品、価格 968 円(税込)

続いてはアイケアをご紹介。パソコンによる疲れ目にお悩みの方にぜひ試してほしいのが、ロート製薬の「ロートデジアイ」です。

そもそもなぜ、ブルーライトは目を疲れさせるのでしょうか。ブルーライトは紫外線の次に波長が短い光であり、目に見える光ではもっともエネルギーが強く、散乱しやすいのだそう。

そのため、目の中に入ると四方八方に飛び散り、チカチカと乱反射。長時間パソコンを使っていると目がちらついたり、まぶしくてつらくなったりするのは、ブルーライトの散乱しやすい性質によるものです。

こうした飛び散る光に対応するため、目のピント調節筋は過労気味に。デジタル作業に効く目薬は、ピント調節筋に作用するものを選ぶことが重要になります。

「ロートデジアイ」は、こうしたデジタル機器から発生するブルーライトの性質を徹底的に研究し、その対策をつめこんだものです。ピント調節筋に作用し、凝り固まった疲れをほぐすネオスチグミンメチル硫酸塩を配合。

さらに、角膜のエネルギー代謝を促進し修復を促す FAD(活性型ビタミンB2 ※2)も、一般用眼科用薬承認基準内の「最大濃度」まで配合されています。まさにデジタル時代のための目薬です。

※2 フラビンアデニンジヌクレオチドナトリウム

「老けて見えない」ブルーライト&UVカットレンズ

ブルーライト対策アイケア

ブルーライト&UVカットレンズ[ピュアブルー UV]

だいぶ一般的になってきたブルーライトカットレンズ。筆者も自宅用のメガネで使っているのですが、レンズの黄ばみが気になって、外で使うメガネとはわけていました。

黄ばみがあるとなんとなく顔が疲れて見えるというか、正直、老けて見えるんですよね。

その点、 ニコン・エシロール のブルーライト&UVカットレンズ「ピュアブルー UV」なら、安心して家でも外でも使うことができそうです。

こちらは新開発の「光ストレスフィルター」を通すことで、有害な紫外線や、ブルーライトの中でも特に有害とされるナチュラルブルーライト(太陽光)をしっかりカット

しかもレンズの透明度は通常のクリアレンズと遜色なく、気になる黄ばみもありません。黄ばみのあるレンズは室内だと暗く見えることがありますが、視野も明るくノンストレスです。

年齢とともに出てくる白目の黄ばみや褐色の斑点も、若いころから「光ストレス」を受け続けたことによるダメージの蓄積が原因だといわれます。

肌も目も、早くからブルーライト対策を心がけることが、これからの美容のスタンダードになるはず。まずは基本のスキンケアやアイケアから取り入れていきましょう。

「老け見え」しないための、紫外線対策アイテムをチェック

メイクの上から簡単に塗り直しOK! 美容エディター厳選の4アイテム

美容エディターが厳選した新作UVケアシリーズ。最後は「塗り直ししやすいアイテム」のご紹介。夏場のメイク直しにおすすめな日焼け止めをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2020/05/213054sporstype.html

美容エディター厳選! 敏感肌のために開発された日焼け止め新作4

美容エディターが厳選した新作UVケアシリーズ。第2弾は敏感肌のためのUVケア。近年の進化した日焼け止めの中から、幅広い肌質の方にお勧めしたい4アイテ...

https://www.mylohas.net/2020/05/212709uv_sensitiveskin.html

[ ビバルーカ, 20NEO,ロート, ニコン・エシロール]

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    7. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    8. これって老眼のはじまり? 目に不調を感じたら気をつけたいこと

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    6. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    7. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら