1. Home
  2. BODY
  3. 「足がクサい」に要注意! 今年は汗がニオイやすいわけ

「足がクサい」に要注意! 今年は汗がニオイやすいわけ

クサくない人になる方法

3,110

田邉愛理

足がクサイ人

今年は汗がニオいやすい」──そう話すのは、ニオイ研究の第一人者である体臭と多汗の専門医・五味常明先生。なぜ今年の汗はクサいのか、その意外な原因と対策をご紹介します。

今年の汗が「クサい」わけ

腕を上げる女性

夏日が続いたここ数日、久しぶりに“自分の汗のニオイ”が気になったという方も多いのではないでしょうか。

五味先生によると、なんと今年の汗は例年以上にクサくなりやすく、注意が必要とのこと。新型コロナウイルス対策のために、外出自粛の日々が続いていたことが要因です。

五味先生

五味先生

巣ごもり生活により例年より汗をかく機会が少なく、汗腺機能が落ちている可能性があります。その結果、ニオイの元となる成分濃度の濃い汗が出やすい状態になっています。


さらに、家にいることによる運動不足も汗のニオイにつながると五味先生。

五味先生

五味先生

運動不足による筋力低下で血行が悪くなり足がむくむと、足にアンモニアが溜まりやすくなります。溜まったアンモニアは汗として排出されるので、ニオイのきつい汗となります。


「足クサ注意報」発令!

足のにおい

これからの季節、五味先生がとくに気をつけてほしいと話すのは、足裏の発汗がもたらす「足のニオイ」です。

五味先生

五味先生

足のニオイは、垢と脂質が混ざったものを細菌が分解して作り出します。この細菌をすみやすい環境にするのが汗なのです。

足の裏は手の平や額と並んで、最も汗腺が集中した場所で、1センチ平方あたり300近くある汗腺から多量の汗が出ます。さらに汗はアルカリ成分を含み、細菌が活動しやすい環境を作り出します。

また、足はどこよりも角質層が厚く、大量の垢、つまり細菌にとって大量のエサがある場所なのです。


外出自粛中の運動不足を経てひさびさの出勤、パンプスを履くのは久しぶり……こんなときは要注意。

あまり歩かない生活から久々にパンプスや革靴などを履いて歩くと、体を支える足の裏のバランスが崩れます。その緊張やストレスから起こる精神性発汗で、足汗を大量にかいてしまう可能性があるそう。

通勤に加えパンプスもストレスの種になり、“足クサ”の原因になってしまうとは。しかも女性の場合、ストッキングをはくと汗が蒸発できずに足にとどまり、さらにニオイを生み出しやすくなるといいます。

ニオイを気にするほどクサくなる

脇を気にする女性

五味先生によると、ストレスによる精神性発汗は、「ニオイを気にするとさらに汗をかいてしまう」という悪循環に陥りやすいとのこと。

五味先生

五味先生

悪循環を予防するには、出かける前にしっかりと足汗対策をして、自信をつけておくことが重要。足汗のニオイを抑える作用があるミョウバン入りの制汗剤がおすすめです。


「もしかしてクサいかも?」と心配になる前に、制汗剤などでケアしておけば安心。負のスパイラルを防ぐためにも、例年よりちょっとていねいな汗ケアを心がけるとよさそうです。

ニオイ、気になりますよね

自分の鼻では気づけない! 確実に「自分のニオイ」を確認する方法

人間は、自分自身の匂いはあまりわかりません。つまり、常に、気づかずに嫌な匂いを発している可能性があるのです。自分が悪臭を放っていないか心配な人に、体...

https://www.mylohas.net/2019/09/197943tellyousmell.html

体臭、口臭、加齢臭、汗のニオイ……「クサくない人になる方法」6つ

マイロハスの6月特集は「クサくない人になる方法」。体臭、口臭、加齢臭、汗のにおいなど、「もしかして私、ニオってる……?」とドキッとしたことはありませ...

https://www.mylohas.net/2020/06/214125bad_smell_matome.html

五味常明先生

五味常明(ごみ・つねあき)先生
五味クリニック院長。体臭・多汗研究所所長。1949年長野県生まれ。一ツ橋大学商学部、昭和大学医学部卒業。昭和大学形成外科、多摩病院精神科などを経て、「心療外科」という新しい医学分野を提唱。体臭・多汗治療の現場で実践。テレビや雑誌でも活躍中。著書・監修本も多数。


文/田邉愛理、企画・編集/寺田佳織(マイロハス編集部)、image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    2. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    3. 「美魔女」は一日にして成らず。意外な美の秘訣とは

    4. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    5. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    6. 料理家・有元葉子さんが85の「今さら聞けない料理のこつ」を解決!

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 夏の常備菜作りは慎重に。「食中毒予防」の3原則

    9. 2020年8月10日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    10. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    3. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    4. イライラやアレルギー症状も。体内の「油バランス」の悪化が原因?

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    8. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    9. マスク、運動不足...。リスクが高まるコロナ禍の熱中症対策

    10. なぜ「劣化」という言葉が使われるのか。嫉妬心の裏返し?

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    3. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    4. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    5. 女優はなぜ太らない? なりきるだけの「やせメンタル」ダイエット

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. 毛穴・小ジワ・テカリをまるっと解決「魔法の化粧下地」。これはリピです!

    8. 内臓脂肪と皮下脂肪は別もの。それぞれの効果的な減らし方は?

    9. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    10. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら