1. Home
  2. EXERCISE
  3. あったはずの「くびれ」を取り戻す! 家でできる簡単トレーニング

あったはずの「くびれ」を取り戻す! 家でできる簡単トレーニング

3,469

田邉愛理

ランニングマシンに乗る女性

薄着になる夏に向けて、急いで引き締めたい場所といえばウエストです。キュッとくびれたウエストのために必要なのは、横腹の筋肉を鍛える動き。日常生活に取り入れやすい、簡単3ステップのトレーニングをご紹介します。

あったはずの「くびれ」がなくなる理由

太ったお腹

くびれをつくる横腹の筋肉は、残念ながら日常の動作ではあまり動かさない場所だそう。そのため、気づかないうちに脂肪がついて、あったはずのくびれがなだらかになってしまいます。

ジムにも通いづらく、マシントレーニングなどが行えない今は、スキマ時間にできる「ながらトレーニング」を増やすことがくびれをつくる近道。テレビを見ているときや仕事の合間の息抜きに、ぜひ次の動きを試してみてください。

ウエストにくびれを復活! ニートゥーエルボのやり方

トレーニング方法1

training_1

「Diet Plus」より引用

まず、真っすぐに立ちます。左手は腰に置き、右手は頭の横に添えます。

トレーニング方法2

training_2

「Diet Plus」より引用

左膝を曲げて持ち上げ、右ひじと左膝をゆっくり近づけます。このとき息はゆっくりと吐きます。

トレーニング方法3

training_3

「Diet Plus」より引用

限界まで近づけたら、ゆっくりとからだを戻します。このとき息はゆっくりと吸います。この動きを10回繰り返し、2セット行います。逆側も同様に行いましょう。

シェイプ効果を高める2つのポイント

くびれ

「ニートゥーエルボ」を行うときに、気をつけたいポイントは2つあります。ひとつは、急がずゆっくりとひじとひざを近づけていくことです。

1つ1つの動作を4秒程度かけて、ゆっくりと動かすことがポイントです。筋肉に負荷がかかり、効いてきます。足の付け根の筋肉のトレーニングにもなり、また、ねじることでストレッチにもなります。逆に素早く動かしてしまうと、背中などを痛めやすくなりますので注意しましょう。

(「Diet Plus」より引用)

そしてもうひとつは、動きに合わせて呼吸もゆったりと行うこと。

筋肉が縮むときに息を吐き、伸びるときに息を吸います。こうすることで、からだが安定して怪我をしにくくなります。

(「Diet Plus」より引用)

呼吸を整えることで体の可動域が広がり、トレーニング効果もアップするとのこと。慣れるまでは少し体がぐらつく感じがありますがが、呼吸に集中すると確かに安定感が増す気がします。

夏服の似合うくびれのあるスタイルを目指して、「ニートゥーエルボ」を毎日の習慣にしていきましょう。

夏に向けて本格ダイエット!

体型を維持している人は実践ずみ。超シンプルな3つのルールって?

管理栄養士が教える、超シンプルな体型維持の3つのルール。食のプロが実践する、「太りにくい体」を維持するコツを詳しくお伝えします。

https://www.mylohas.net/2020/03/208882diet_rule.html

自宅で簡単「ペットボトル筋トレ」。二の腕すっきり&バストアップ!

コストもかからず手軽に始められる「ペットボトル筋トレ」の方法を2回に渡ってお伝えします。1回目は、二の腕すっきり、バストアップにそれぞれ効く上半身の...

https://www.mylohas.net/2020/02/208027diet_training.html

Diet Plus

image via shutterstock

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    7. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    8. これって老眼のはじまり? 目に不調を感じたら気をつけたいこと

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    6. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    7. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら