1. Home
  2. MIND
  3. ストレス過多ないまこそ、メンタルケアとして実践したいこととは?

ストレス過多ないまこそ、メンタルケアとして実践したいこととは?

まだまだ家でもヘルシー #stayhome

2,396

MYLOHAS編集部

遊ぶ親子

Photo: Shutterstock

──ライフハッカー[日本版]より転載

在宅勤務をしている人は、最近8週間はふだんの2倍も忙しくてストレスも多かったのではないでしょうか

Web会議ツールなどの新しいツールの使い方を学び、リモートで働く同僚たちとコミュニケーションを取る方法を見つけ、生産性と子育て(子どもの自宅学習の面倒を見ている人もいるでしょう)のバランスを保ち、スーパーに買い出しに行くなどの日常生活に必要な作業が何倍も複雑になっています。

さらに何とか家事もこなすわけですから、生産性を維持するのは本当に大変です。

しかも世界規模の新型コロナウイルスのパンデミックの中で生活する不安も抱えているわけですから。

そんなときだからこそ、休暇の日を作るべきかもしれません。

今こそ、メンタルヘルスの日を作って休もう

リラックスする女性

image via shutterstock

Kenadi Silcoxさんは、長期休暇を申請できる仕事に就いている人は、たとえ外出自粛中でも、1日休みを取った方が良いとMoney.comで説明しています。

普段なら取っているはずの休暇を思い浮かべてみましょう。

ビーチで寝転んだりプールサイドで読書するのは、リラックスしたいからです。

自宅で1日休みを取っても同じようにはいかないかもしれませんが、この数週間働き過ぎているようなら、テレビの前でダラダラ過ごす時間を持っても罰は当たりません。

テレビの前でダラダラ過ごすのはちょっと、という人は、せっかく気候が良い季節なので、自宅からも他人からも適度な距離を保ちながら、終日外で過ごしたり、公園や野道を散策してみましょう。

Silcoxさんは、休暇というよりメンタルヘルスの日という名目で有給休暇を申請してもいいと言います。

部下が家族全員の心も体も休めたいので、予定や義務が一切無い日を何よりも必要としていることに理解を示す上司なら、金曜日か月曜日に休暇を取らせてもらいましょう。

燃え尽き症候群を防ぐために

疲れた女性

image via shutterstock

ルーティンや仕事をちょっと休むだけでも、燃え尽き症候群を防止できます。

休暇やメンタルヘルスの日として近日中に休みが取れない場合は、次の週末を「ノープランの日」として押さえ、本来必要な休暇や静養をする日だと思って過ごしましょう

休息する、読書する、好きなだけテレビを見る、外に出て太陽をたっぷり浴びる、子どもとゲームをする、その他「時間さえあればしたいこと」を何でもしてください

そして、来月のカレンダーにも同じように「ノープランの日」を入れておきましょう。きっとまた心と身体を休める日が必要になるはずですから。

心をきちんと整える

心のバランスを整えるには「集中しない」のがコツ!? 家でできる練習法

ボーッとしていて、意識も散漫。何から手をつけていいのかわからない。そんな彷徨う心を落ち着かせるマインドフルネスの方法を専門家に教えてもらいましょう。

https://www.mylohas.net/2020/04/210951mind_mindfulness2.html

「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

不安や不眠、緊張など、自律神経の不調を感じるときは「なにかをする」ではなく、生活習慣を引き算するべし。自律神経の専門家が教えます。

https://www.mylohas.net/2020/01/205909book_subtraction.html

ライフハッカー[日本版]

    Ranking

    1. ふるふる、しゅわしゅわの食感に癒やされる「台湾カステラ」

    2. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    7. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    8. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    9. 「鍋の素」がなくても作れます。管理栄養士おすすめのアレンジ鍋6選

    10. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    1. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    2. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    3. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    4. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    5. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    6. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    7. ふるふる、しゅわしゅわの食感に癒やされる「台湾カステラ」

    8. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    9. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    10. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    5. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    6. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    9. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    10. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら