1. Home
  2. BODY
  3. かぶれはバリア機能の低下。自分の皮脂分泌の過剰も原因に!

かぶれはバリア機能の低下。自分の皮脂分泌の過剰も原因に!

カラダ戦略術

増田美加

腕をかく女性

自分の体をきちんと知ろう! をテーマの連載「カラダ戦略術」。前回は「アトピー性皮膚炎の新治療薬」について、お届けしました。今回は、「かぶれの対策」について、女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。

かぶれと湿疹の違いは?

腕の湿疹

春は、かぶれや湿疹が起こりやすい季節ですね。

かぶれと湿疹とはどう違うのでしょうか?

湿疹とは、皮膚に炎症を起こす病気の総称です。かぶれも湿疹の中の一症状。かぶれは大別すると、原因となる物質が皮膚に接触することで炎症が起こる“接触性”のもの。特定の物質にアレルギーを持っている人だけに起こる“アレルギー性”のもの。この2種類があります。

かぶれは、正式には“接触皮膚炎”と言われ、湿疹の中でも、外部からの刺激によることがはっきりわかっている場合を指しています。かぶれは、刺激が働いた部分にだけ、境界がわかるような炎症などをつくります。痛がゆさ、ほてり感などを伴うこともあります。

こんな症状がかぶれ(接触皮膚炎)です

これらの症状は、ひとつだけのことも、いくつも重なることもあります。

  • かゆみがある
  • 痛がゆい
  • 熱をもつことも
  • ヒリヒリ、ピリピリする
  • ブツブツができる
  • 水ぶくれなどが混ざることも
  • ジクジクした感じから時間が経つとガサガサする

かぶれのおもな原因は?

かぶれのおもな原因をまとめると次のようになります。

  • 物理的刺激 紫外線、温熱、寒冷、乾燥
  • 化学的刺激 洗剤、薬物、化粧品
  • アレルゲン 金属、花粉、ハウスダスト、植物(漆など)、虫、動物
  • 体質的要因 乾燥肌、皮脂分泌異常、発汗異常、アレルギー体質

交感神経優位が続くと、皮脂が過剰に分泌されて……

更年期障害で交感神経が優位になっている女性

かぶれ(接触皮膚炎)は、皮膚科を受診する人の約3割を占めるほどのポピュラーな皮膚疾患です。若いころは、かぶれたことがなかった人でも、更年期以降、徐々にかぶれやすくなるのはなぜでしょうか?

皮膚の最も外側にある角層は、バリア機能を果たしていて、正常な皮膚では分子量1000以上の物質が角層を通過することはないと考えられています。

しかし、現代の生活環境では、角層の障害が起こる機会が多くなっています。ホルモンバランスが崩れる更年期以降はなおさらです。更年期世代は、ホルモンバランスが大きく変化し、ストレスなどでも自律神経が乱れやすく、交感神経と副交感神経のバランスが乱れます

ストレス過多で、交感神経の優位な状態が続くと、皮脂腺から皮脂が過剰に分泌され、角層表面の皮脂膜も過剰になります。そのため、角層が障害を起こしやすくなるのです。

すると、かぶれの外的要因となる、紫外線や温熱、寒冷の差、乾燥に反応しやすくなります

さらに、皮膚に接触する洗剤、薬、化粧品、金属、花粉、ハウスダストなどが角層の障害を起こした部位から侵入します。

これらの原因物質が角化細胞を刺激して、サイトカイン、ケモカインという炎症を引き起こすタンパクの産生を誘導し、肌表面に炎症が起こると考えられています。これがアレルギー体質でない人も、皮膚刺激で起こるかぶれです。

かぶれ対策は、ストレスケアで副交感神経を優位に

ストレッチをする女性

交感神経が優位な状態が続いて、角層表面の皮脂膜が過剰になると、毛穴から出る自分の皮脂でかぶれるということも起こります

肌は、自律神経でコントロールされていると言っても過言ではありません。ですから、ホルモンバランスの乱れやすい更年期やPMSの時期は、要注意。自律神経の交感神経と副交感神経のバランスを整えるためにも、ストレス対策が大事です。

かぶれは、交感神経優位のサインです。副交感神経を優位にする自分なりのリラックス法を見つけてください。

さらに、代謝や免疫力をあげ、脂肪燃焼を促すためにも、運動は必要。リラックス効果のある運動なら、ストレス対策にもなり、一石二鳥です。

高脂質、高糖質の食事を控えて

魚

もちろん、生活習慣も大切です。高脂質、高糖質の食事は、かぶれを誘発しやすい遊離脂肪酸の皮脂分泌を盛んにします肌細胞がつくられる原料は、食事です。肌のためにも、高脂質、高糖質の食事を控え、腹八分目の和食を心がけましょう。

タンパク質は、納豆、サケ、サバなどから摂ります。抗酸化作用のあるビタミンCやB群、サケなどに含まれるアスタキサンチンも抗酸化。

かぶれという炎症が大敵なのは、年齢老化に加えて、皮膚老化を促進する“炎症老化”も引き起こしてしまうからです。かぶれは、皮脂が分泌される毛穴周辺から起こります。毛穴の詰まり、開きは、たるみ、しわ、しみにもつながります。

肌老化を最小限にするためにも、ストレス対策、食事、運動にも気を配ることが大切になります。

皮脂分泌が過剰なときこそ、保湿を大切に

また、肌のバリア機能を高めるためにも、保湿は重要です。皮脂分泌が過剰になっているときこそ、バリア機能が乱れているサインですので、いつも以上に丁寧な保湿を心がけましょう。使用する化粧品は、抗酸化のものを使うといいでしょう。紫外線対策、UVケアも忘れずに行いましょう

皮膚科の治療では…

皮膚科の保険診療では、かぶれに対して、かゆみ止めや炎症を抑える薬の処方が中心です。ひどい症状には、外用のステロイド剤が使われることも。

自由診療の皮膚科では、過剰な皮脂分泌を抑えながら、バリア機能を高め、毛穴の炎症を改善する治療として、ビタミンC、B群や植物由来の抗炎症成分のお薬や化粧品で治療しているクリニックもあります。

かゆみ肌にお悩みの方はこちらもチェック

肌のかゆみが止まらない! 考えられる3つの原因と和らげる方法

肌のかゆみの原因はさまざま。かゆみの理由を知り、止める方法を専門家のアドバイスをもとにご紹介します。

https://www.mylohas.net/2019/12/203602pvn_itchyskin.html

アトピー性皮膚炎の新治療薬が久しぶりに登場! 苦しんでいる人も改善の方向が

女性医療ジャーナリスト増田美加さんがお届けする「カラダ戦略術」。実は大人にも多いアトピー性皮膚炎。今回は「アトピー性皮膚炎の新治療薬」について正しい...

https://www.mylohas.net/2020/03/strategy67.html

カラダ戦略術をもっとみる

mika_masuda

増田美加・女性医療ジャーナリスト
予防医療の視点から女性のヘルスケア、エイジングケアの執筆、講演を行う。乳がんサバイバーでもあり、さまざまながん啓発活動を展開。著書に『医者に手抜きされて死なないための 患者力』(講談社)、『女性ホルモンパワー』(だいわ文庫)ほか多数。NPO法人みんなの漢方理事長。NPO法人乳がん画像診断ネットワーク副理事長。NPO法人女性医療ネットワーク理事。NPO法人日本医学ジャーナリスト協会会員。公式ホームページ :http://office-mikamasuda.com/

image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    3. こんなに「栗!」を感じるのは初めて。農家をサポートするベジターレの極みモンブラン

    4. 高タンパク・低脂肪な鶏むね肉を美味しく常備。プロの「しっとり冷凍」テクニック

    5. 自分にとっての幸せを見つけるシンプルな4つの習慣/精神科医 Tomyさん【後編】

    6. ストレスに負けない「レジリエンス(折れない心)」を身につけるヒント

    7. きゅっと上がった「桃尻」とくびれをつくる、スクワットのアレンジHIIT

    8. クリーミーなスクランブルエッグを短時間で作るコツ/朝食レシピ

    9. 「手のひら」を使うだけ。バランスのよい食事を継続するテクニック

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    3. 自分にとっての幸せを見つけるシンプルな4つの習慣/精神科医 Tomyさん【後編】

    4. ストレスに負けない「レジリエンス(折れない心)」を身につけるヒント

    5. 高タンパク・低脂肪な鶏むね肉を美味しく常備。プロの「しっとり冷凍」テクニック

    6. きゅっと上がった「桃尻」とくびれをつくる、スクワットのアレンジHIIT

    7. 2020年10月19日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    8. 生きづらさを感じる人へ。「生きる」「幸せ」はそれほど壮大なテーマではない/精神科医 Tomyさん【前編】

    9. クリーミーなスクランブルエッグを短時間で作るコツ/朝食レシピ

    10. こんなに「栗!」を感じるのは初めて。農家をサポートするベジターレの極みモンブラン

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    3. 相手の行動を変える、たったひとつのほめ言葉。信頼関係をつくる「100点のほめ方」

    4. 気持ちいい「骨盤ほぐし」で、体の歪み改善&スタイルアップ

    5. 1杯目のコーヒーのタイミングに気をつけるとその日がうまくいく/神経科学で証明

    6. あれこれやらずに、これだけ極めて。腹筋をトータルで鍛えるトレーニング

    7. 若年性乳がんになりやすいのはどんな人? きちんと知りたい「乳がん」のこと/ピンクリボン強化月間

    8. 1分間、集中。全身の筋肉フル稼働の「マウンテンクライマー」

    9. 自分にとっての幸せを見つけるシンプルな4つの習慣/精神科医 Tomyさん【後編】

    10. 低脂質・高タンパクな「鶏むね肉」をおいしく食べる2つのコツ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら