1. Home
  2. MIND
  3. 「憂うつになりやすい人」の共通点。先を考えすぎていませんか?

「憂うつになりやすい人」の共通点。先を考えすぎていませんか?

メンタルは変えられる!

3,961

ナカセコエミコ

考えすぎ

ストレスが強い環境にいると、先々のことを考えてたまらなく不安になってしまうことがあります。やるべきことをやったうえで、なお湧いてくる止まらない「憂うつな心」。嫌なことをいろいろと考えすぎていると、それがやがて、現実になってしまうのはなぜなのでしょうか。

大嶋信頼著『憂うつデトックス─ 「未来の不幸な自分」が幸せになる方法 ─』(ワニブックス)には、憂うつな心をデトックスして幸せな未来にしていくための考え方が紹介されています。

憂うつになりやすい人の共通点は?

憂うつな女性

著者の大嶋先生は、米国・私立アズベリー大学心理学部心理学科を卒業し、心理カウンセラーとして25年間カウンセリングに携わってきました。現在は、株式会社インサイト・カウンセリング代表取締役として、カウンセリングの現場で活躍されています。

たとえば、特別に嫌なことがある場合でなかったとしても、朝起きるとなんだか憂うつ。こんなとき、多くの人は「もっとちゃんとしなくちゃ」と、自分自身を戒めるような気持ちになるのではないでしょうか。

何かと憂うつな気分になりやすい人の特徴について、大嶋先生はこう語っています。

憂うつな気分になってしまう人の特徴は「今の自分」から幽体離脱したような感じで「他人の生活」が手に取るようにわかってしまう。

『憂うつデトックス』22ページより引用

まるで特殊能力のようですが、憂うつになりやすい人は他人の気持ちに敏感になってしまい、「今の自分」からタイムスリップするかのように、未来の不幸な自分をリアルに想像してしまう。

当たり前の話ですが、人は“今”という時を生きています。しかし、憂うつになりやすい人は、今ではなく、過去や未来についていろいろと考えてしまう。今を生きることができないから「今の自分の現状に満足して感謝する」気持ちよりも、他人の目線が気になり不安になってしまう。

さらに、憂うつな気分になりやすい人には、もうひとつの特徴があるようです。それは、「チャンスを逃す」ということ。今を生きていないので、目の前にあるチャンスに気がつかないというのです。

もちろん、リスク管理は大切ですが、必要以上に今以外のことに気持ちを奪われているということは、あまりよいことではないといえるでしょう。

引きこもっているのに疲れてしまう理由

悪い妄想

憂うつな考えや嫌な妄想というものは、次から次へとつながって頭の中に湧いてくるもの。大嶋先生は、カウンセリングをしていると、憂うつな人は将来のことばかりを考えすぎて、ものすごく疲れてしまっていることに気がついたそうです。

不快なことを物凄いスピードで次から次へと考えて「嫌な考えが止まらない!」と頭が高速回転してしまう。

『憂うつデトックス』69ページより引用

頭が高速回転をしていると、思考がタイムトラベルをして、未来の自分の脳とつながったような気分の状態になると大嶋先生はいいます。

たしかに、何もしないで家に引きこもっているだけなのに、なんだか疲れを感じている……そんな人の脳内は、エネルギーを消費して、前向きになるエネルギーがなくなってしまっている状態。この悪循環をどうしたらストップできるのでしょうか。

憂うつを「悟り」に変えて、成功を想像する

悟り

憂うつな気分や考えというものは、なかなか自分では止められないものです。どんなふうに調整すれば止められるのでしょう。

そこで、この「憂うつ」な枠組みを「悟り」と変えてみると、「あ! 私は時間旅行をして未来に起きることを事前に知ることができている」になるわけです。未来を知ることで「未来は変わる」となります。

『憂うつデトックス』93ページより引用

悟りというと難しい感じがしますが、著者いわく「悟りとは、知らなかったことを知ること、気づくこと」。要は未来のことを考えすぎてしまうことを、逆手にとればよさそうです。つまり、未来をすでに知っているのだから、同じ道は歩まないようにしようと、明るく未来を受け止めていく。

「こんな生き方もいい」と思うことで無意識に危険を回避するので、自動的に未来が変わり幸せになっていくというのです。

さらに、大嶋先生は「成功の未来」を想像することをすすめています。具体的な成功案を思い浮かべることだけではなく、ただ「成功の未来」と思うだけでもいい。すると、脳内の思考が未来の成功した自分につながる。すると、いつもの(失敗してしまう)自分とは違う選択をしていくため、自ずと未来が変わってくるのだといえます。

自分の力だけでは変わらない物事も、たくさんあるのかもしれません。しかし、憂うつな気分に脳内を支配されることをストップすることで、少なからず未来は変わっていくのだと前向きに受け止めていきましょう。

気持ちよく毎日を過ごそう

植物は置かずに、ぶら下げて。体にもメンタルにもよい理由とは?

観葉植物を部屋に置くとリラックスできることは知っていたけれど、置かずにぶら下げるほうがいいのだそう。花屋やホームセンターで買えるオススメ観葉植物を紹...

https://www.mylohas.net/2019/06/192050pvn_green2.html

コロナ流行中こそ改善できる生活習慣。編集部が実践中の10のこと

コロナウイルスの影響で、いつもより健康や衛生に配慮するようになったことから、改善された生活習慣は? マイロハス編集部員に最近の変化をまとめました。

https://www.mylohas.net/2020/04/210754improvement.html

憂うつデトックス ─ 「未来の不幸な自分」が幸せになる方法 ─ ]image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    3. こんなに「栗!」を感じるのは初めて。農家をサポートするベジターレの極みモンブラン

    4. 高タンパク・低脂肪な鶏むね肉を美味しく常備。プロの「しっとり冷凍」テクニック

    5. 自分にとっての幸せを見つけるシンプルな4つの習慣/精神科医 Tomyさん【後編】

    6. ストレスに負けない「レジリエンス(折れない心)」を身につけるヒント

    7. きゅっと上がった「桃尻」とくびれをつくる、スクワットのアレンジHIIT

    8. クリーミーなスクランブルエッグを短時間で作るコツ/朝食レシピ

    9. 「手のひら」を使うだけ。バランスのよい食事を継続するテクニック

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    3. 自分にとっての幸せを見つけるシンプルな4つの習慣/精神科医 Tomyさん【後編】

    4. ストレスに負けない「レジリエンス(折れない心)」を身につけるヒント

    5. 高タンパク・低脂肪な鶏むね肉を美味しく常備。プロの「しっとり冷凍」テクニック

    6. きゅっと上がった「桃尻」とくびれをつくる、スクワットのアレンジHIIT

    7. 2020年10月19日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    8. 生きづらさを感じる人へ。「生きる」「幸せ」はそれほど壮大なテーマではない/精神科医 Tomyさん【前編】

    9. クリーミーなスクランブルエッグを短時間で作るコツ/朝食レシピ

    10. こんなに「栗!」を感じるのは初めて。農家をサポートするベジターレの極みモンブラン

    1. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    2. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    3. 相手の行動を変える、たったひとつのほめ言葉。信頼関係をつくる「100点のほめ方」

    4. 気持ちいい「骨盤ほぐし」で、体の歪み改善&スタイルアップ

    5. 1杯目のコーヒーのタイミングに気をつけるとその日がうまくいく/神経科学で証明

    6. あれこれやらずに、これだけ極めて。腹筋をトータルで鍛えるトレーニング

    7. 若年性乳がんになりやすいのはどんな人? きちんと知りたい「乳がん」のこと/ピンクリボン強化月間

    8. 1分間、集中。全身の筋肉フル稼働の「マウンテンクライマー」

    9. 自分にとっての幸せを見つけるシンプルな4つの習慣/精神科医 Tomyさん【後編】

    10. 低脂質・高タンパクな「鶏むね肉」をおいしく食べる2つのコツ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら