1. Home
  2. BEAUTY
  3. 「たるみ」をメイクでなくせるって本当? 山本浩未さんに聞きました

「たるみ」をメイクでなくせるって本当? 山本浩未さんに聞きました

2,367

増本紀子

山本浩未さん

この春発売された話題の書籍、『たるみはメイクでなくせます~「3本の線」で顔を建て直す』。著者は、メイクアップ・アーティストの山本浩未さんです。

長年、美容業界の第一線で活躍し続けている山本さんだからこそ知る、エイジングとの付き合い方、そしてMYLOHAS世代が今やるべきことをじっくりとお聞きしました。

すべてのエイジング悩みのもとにあるのは「たるみ」だった!

エイジングの悩みはさまざまありますが、山本さんが、この本で「たるみ」にフォーカスした理由は?

山本浩未さん

山本さん

山本さん

実は、すべての変化に関わっているのが「たるみ」。

ハリがなくなることはもちろん、にごってくすんで見える「」、毛穴やシワにもかかわる「」、目力が弱くなったり、フェイスラインがもったりして見える「」。これらの元凶は、たるみです。

たるみは、スピーディに表れるわけではなく、ちょっとずつ変化するので、毎日見ていても気づきにくいもの。

でも、「今までしていたメイクが似合わなくなった」「今までこれをしていたらキレイがキープできていたのに……」などの変化を感じたら、たるみが表れている証拠。すべての人に起こることなのです。逆らえません。


それが、メイクでなくせる、というのはとてもうれしい情報ですよね。具体的には、どんなことなのでしょうか?

山本さん

山本さん

顔の中にある「上昇線」をメイクで強調することです。

例えば、唇の下から口角へと向かうリップライン、まつ毛の根元から毛先へと向かう毛の流れ、そして頬のトップからこめかみへ流れる頬骨の膨らみ。

これらの上昇線をメイクで際立たせることで、たるみでくずれた色・形・質感を建て直すことができるのです。


『たるみはメイクでなくせます~「3本の線」で顔を建て直す』P25より引用

『たるみはメイクでなくせます~「3本の線」で顔を建て直す』P25より引用

たるみによる変化を見つめ、足りないものを補って、不要なノイズを消すこと。それこそが、メイクでできるメリットだといえるでしょう。

エイジングとは戦わず、仲良くするべし

山本浩未さん

来たるエイジングに向け、不安に感じていることも多いMYLOHAS世代に向けて伝えたいことを聞くと、

山本さん

山本さん

今は、なりたい自分に近づくために変わるチャンスをはらんでいる年代ですよね。まずは、この先にどんな自分になりたいかを考えてみましょう

身近にいる「この人の雰囲気、素敵だなー」とか「このモデルさんの洋服コーディネイトがいいな」など、なりたい雰囲気を、トータルで観察してみてほしいんです。

そして、まずは怖がらず、「トライ&エラー」を。とりあえずやってみる!という繰り返しで、自分にしっくりくる着地点を見つけましょう。

次に、自分の今をよく観察すること。今の人たちは、自撮りなどで私たちの世代よりもずいぶん自分を観察しているとは思いますが、あえて「ナルシスト」になることをおすすめします。垢ぬけている人って、自分をよく見ているもの。

例えば、洗顔やスキンケア、夜メイクを落としたときなど、その前後で肌が、印象がどう変わっているのかを意識して確認する。

それを続けていけば、自分の細かい変化に気づくことができるようになります。

エイジングを敵に回しても、いいことはありません(笑)。“アンチ”になるのではなく、うまく付き合っていくことが大切ですよ。


大人のキレイには“仕込み”が大切

山本浩未さん

ご自身も、エイジングとのうまい付き合い方を模索してきたという山本さん。

山本さん

山本さん

20代から30代にかけては、「メイクはキレイな人がするもの」と考え、自分はほとんどすっぴんだったんです、実は。

でもある日、マスカラをつけたらつぶらな瞳がいきいきとし、くすんだ肌にフェイスパウダーをのせたらするんとした美肌になったのをきっかけに、「メイクは目の錯覚だ。だれもが魔法使いになれるんだ!」と気づいたんです。

50代になった今では、以前10分だったメイク時間が倍になり“仕込み時間”は伸びましたが、その分メイク直しも楽で、キレイな状態をキープすることができるようになりました。


すべての人に平等に表れる、エイジング。付き合う上で大切な心構えはありますか?

山本浩未さん

山本さん

山本さん

例えば、20代の時は、Tシャツにデニムといったさりげないファッションが似合っていたはず。でも、40代くらいになると、さまにならなくなってきます。

さりげなく、ナチュラルに似合うようにするためには、“仕込み”が必要。例えば、補正下着をつけてラインを美しく整えたり、素材を上質なものにするなどのひと手間が大切なのです。

エイジングした肌は、例えていうなら、ドライフルーツ。水分がなくなって色が変わり、質感も変化してしまいます。

でも、そこで諦めるのではなく、半生でしっとりとした、専門店に売っているようなドライフルーツを目指してみませんか、と私は言いたい(笑)!

付加価値があるドライフルーツは、フレッシュでみずみずしい生のフルーツにも負けない魅力があるはず。

今の自分こその魅力を見つけ、楽しむことがいちばんだと思います


『たるみはメイクでなくせます!「3本の線」で顔を建て直す』1,540円(税込)/小学館

『たるみはメイクでなくせます!「3本の線」で顔を建て直す』1,540円(税込)/小学館

ご自身も試行錯誤してきたからこその、説得力のある言葉の数々。この書籍では、上昇線を活かしたメイクのハウツーも満載で、大人の女性が美しくなるための実用的なヒントがたくさん掲載されています。

ぜひ手にとって、新たな自分の魅力を発掘してみては?

プロが伝授。肌悩みカバーのテクニック

目の下のクマを隠したいなら、「補正カラー」は何色を使うのが正解?

コントロールカラーで上手に肌の赤みやくすみをカバーする方法は? 大人を美しく変身させてくれるヘア&メイクアップアーティストの岡野瑞恵さんに伺いました...

https://www.mylohas.net/2020/04/210701beauty_qa18.html

厚塗りせずにシミやくすみを隠す、ファンデーションの塗り方&選び方

厚塗りはしたくないけど、隠したいものは年々増えていく……そんな大人肌を、いい感じに垢抜けた印象に仕上げるには、どんなファンデーションを選べばいいので...

https://www.mylohas.net/2020/01/205427beauty_qa14.html

山本浩未さん

山本浩未(やまもと ひろみ)さん
メイクアップ・アーティスト。資生堂所属後、独立。明確なメイク理論を基に、「今すぐ実践できるメイクテクニック」を発信し続けている。雑誌の美容頁でのメイクや連載、セミナー、テレビなど、さまざまな媒体で長年活躍中。 Instagram

撮影/米山典子

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. パリ、青葉台、そして秋谷へ。夫妻の思い出がつまったインテリア/こぐれひでこさんの住まい[後編]

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    8. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    9. ごはん日記の素材たち。まず好きな食材を買って、メニューはあとから考える/こぐれひでこさん[後編]

    10. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. ランニングで社会にいいことができちゃう。「プロギング」と、新アプリ「ノルク」を体験してきた

    5. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    6. お胸に極上の開放感。なのに、揺れない垂れない「ナイトブラ」3選

    7. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    8. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    7. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    8. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    9. うちの肉じゃがは煮込み時間15分。わが家の定番おかずの話

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら