1. Home
  2. STYLE
  3. からっぽの水族館内を散歩するペンギンたち。シロイルカも興味津々!

からっぽの水族館内を散歩するペンギンたち。シロイルカも興味津々!

まだまだ家でもヘルシー #stayhome

1,513

MYLOHAS編集部

イルカとペンギン

Shedd Aquarium

──BUSINESS INSIDER JAPANより転載

明るい話題が少ない中、アメリカではからっぽの水族館を探検するかわいらしいペンギンの姿が人々の心を温めている。

そのペンギンは、新型コロナウイルスのパンデミックで営業休止中のイリノイ州シカゴにあるシェッド水族館にいる。

ペンギンは今週、シロイルカの「カヤバック(Kayavak)」「マユアック(Mayuak)」赤ちゃんの「アニック(Annik)」に会いに行った。

イルカとペンギン

ウェリントンを見つめるシロイルカ。

Shedd Aquarium

シロイルカたちは特にイワトビペンギンの「ウェリントン(Wellington)」に興味をそそられたようだ。

イルカとペンギン

ウェリントンに近付こうとする2頭のシロイルカたち。

Shedd Aquarium

シロイルカとペンギン

ウェリントンが気になって仕方ないシロイルカ。

Shedd Aquarium

シロイルカたちがペンギンを見たのは、恐らくこれが初めてだろう。シロイルカは北半球の北極海に生息する一方、ペンギンはもともと南半球に生息している。

ペンギンのウェリントンから目が離せなくなったシロイルカたちは、水槽のガラスのすぐ近くまで近寄ってウェリントンを見つめていた。

マゼランペンギンの「ティリー(Tilly)」と「カルメン(Carmen)」も、誰もいない水族館を歩き回り、初めてカヤバックと会った。

水族館のスタッフはからっぽの水族館を使って、動物たちをこれまでにないワクワクする方法で楽しませているようだ。

イルカとペンギン

Shedd Aquarium

「シカゴのシェッド水族館は一般公開されていないかもしれませんが、飼育スタッフや獣医たちは常に施設内にいます」と広報担当者はInsiderに語った。

「建物内にゲストがいないので、飼育員たちはどうやって動物たちを楽しませるか、想像力を働かせています。新しい経験や活動、食べ物などを提供することで、動物たちが活発に、探検したり、問題解決に挑戦したり、自然な行動を表現できるように努めています」

ペンギンたちの"遠足"を始めた当初、ウェリントンはイルカや「Amazon Rising」のコーナーを見に行き、明らかに魅了されたようだったという。

イルカとペンギン

イルカに興味津々なウェリントン。

Shedd Aquarium

「(ウェリントンは)ピラニアやメティニスといった淡水魚にとても興味を持ったようでした」

「魚たちもウェリントンに同じくらい興味を引かれたようで、"遠足"を楽しんでいるのはペンギンだけではないようです」

魚とペンギン

魚に興味津々なウェリントン。

Shedd Aquarium

水族館はその後、ウェリントンには現在、遠足中に出会った「お気に入りの魚」がいることをソーシャルメディアで明かしている。

イワトビペンギンのカップル「エドワード(Edward)」と「アニー(Annie)」は、水族館の大水槽を見に行った。

ペンギン

からっぽの水族館を探検するエドワードとアニー。

Shedd Aquarium

このカップルは案内所までチェックした。

ペンギン

案内所をチェックするエドワードとアニー。

Shedd Aquarium

シェッド水族館では、ペンギンたちの様子やその数々の冒険について、ファンに情報を提供し続けている。ペンギンたちによる"ラッコの見学"もその1つだ。

投稿を通じて、水族館はペンギンに関する"学び"も提供している。例えば、たくさんのファンがいるウェリントンは、実は32歳だ —— これはイワトビペンギンの平均寿命の2倍だという。

そして、からっぽの水族館を探検することが許されているのは、ペンギンたちだけではない。ヤマアラシの「タイソン(Tyson)」もペンギンたちに会いに行ったという。

先行きは不透明でも、動物たちにとってはできる限り普段通りを維持することが重要だと、シェッド水族館の飼育員たちはInsiderに語っている。

"お楽しみ"は、動物たちにとっては日々の生活の一部なので、わたしたちは動物たちの普段通りを維持しています。水族館内の遠足は、頻繁にはやらない"お楽しみ"ですが」

「営業を休止しても、動物たちに影響はありません。毎日のように見ている飼育員を動物たちは見ていますから」

苦しい状況が続く中、シェッド水族館では、水族館を支援したい人向けに、ペンギンを含め水族館の動物たちを象徴的に養子にするオプションも用意しているという。

飼育員とペンギン

水族館は営業休止中でも、飼育員たちは動物たちの世話をしている。

Shedd Aquarium

シェッド水族館は3月13日から営業を休止している。

疲れた時は癒しが大切

疲れがとれない。元気になりたいときは何を食べればいい?

管理栄養士の中村美穂さんが教える、「◯◯な日の栄養とささっと献立」を紹介する連載がスタート! 第1回は、「疲れた日の疲労回復メニュー」。です。摂りた...

https://www.mylohas.net/2019/10/201451miho_nakamura01.html

空気清浄だけじゃない、観葉植物が身体にもたらすメリット8つ

植物を見ると癒される理由は? 観葉植物を飾って育てることでどんな効果が得られるのか、専門家に詳しく伺いました。

https://www.mylohas.net/2019/08/196299pvn_indoorplants.html

BUSINESS INSIDER JAPAN

image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. わき腹をしぼって「くびれ」をつくる、ツイストトレーニング

    3. 料理家・有元葉子さんが85の「今さら聞けない料理のこつ」を解決!

    4. 「美魔女」は一日にして成らず。意外な美の秘訣とは

    5. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    6. 脱・ぷよぷよウエスト! スキマ時間でできる「横腹トレーニング」

    7. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    8. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    9. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    10. 【診断テスト】あなたは何歳? 精神年齢をチェック

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    3. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    4. 「美魔女」は一日にして成らず。意外な美の秘訣とは

    5. 料理家・有元葉子さんが85の「今さら聞けない料理のこつ」を解決!

    6. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    7. わき腹をしぼって「くびれ」をつくる、ツイストトレーニング

    8. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    9. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    10. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    3. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    4. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    5. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    6. 内臓脂肪と皮下脂肪は別もの。それぞれの効果的な減らし方は?

    7. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    8. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    9. 女優はなぜ太らない? なりきるだけの「やせメンタル」ダイエット

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら