1. Home
  2. STYLE
  3. 運動嫌い、マンガで糖質制限、愛する技術…編集部6人のおすすめ本

運動嫌い、マンガで糖質制限、愛する技術…編集部6人のおすすめ本

まだまだ家でもヘルシー #stayhome

2,282

MYLOHAS編集部

本を手に取る

Photo by Getty Images

家にいる時間が増えた今こそ、絶好の読書タイム。今週末はスマホを置いて本を読んでみませんか?

今回は、マイロハス編集部6人が「最近読んだおすすめ本」をそれぞれピックアップ。心と体の健康維持に役立つ一冊をお届けします。

一流トレーナーが「運動嫌いの言い訳」に向き合ったら……/編集長ヤマギシ

中野ジェームズ修一×運動嫌い

Amazonより

編集長ヤマギシ

編集長ヤマギシ

疲れている、時間がない、汗かきたくない、健康診断は問題なかったし──これらは『中野ジェームズ修一×運動嫌い』のなかに登場する「運動嫌い」の言い訳。思い当たる人も多いのでは?

アスリートなどを指導する中野さんが運動嫌いな人に寄り添った本を作りたいと思って完成したのがこの本です。いろいろな職業の人が登場するのですが、編集者編もあり、日常さまざまな情報に触れているため、逆にこれはいいのか? 惑わされたくないなど考えてしまい、一歩を踏み出せない人が多いとか。

家にいる時間が多くなる今こそ、より運動は大切になってきます。わかっちゃいるけど、できない人はまずこの本を読んでみてはどうでしょう? (「まずはこれだけでOK!」トレーニングも掲載されてます!)


芥川賞受賞作家が「カッコいい」をとことん掘り下げた名著/副編集長ハナサキ

「カッコいい」とは何か

Amazonより

副編集長ハナサキ

副編集長ハナサキ

昨今では、女性に対しても「カッコいい」という表現が使われる時代です。「カッコいい」の基準は人それぞれでも、各々が思う「カッコいい」生き方に憧れて、人生の目標にしていることもあるでしょう。

しかし、その基準はともかくとしても、この形容詞を明確に言語化できていないという作家・平野啓一郎さんの気づきによって、あらゆるアプローチで疑問を深掘りし、『「カッコいい」とは何か』は展開されています。つまり、カッコよくなるための指南書でもなければ、時代ごとにカッコいいと言われてきた偉人や著名人の紹介ではありません。

とことん「カッコいい」を掘り下げて、「カッコいい」という言葉がいつから使われ始めて、その当時はどういう概念だったのか。また「カッコいい」という言葉がなかった時代、どんな言葉で表現していたのか、など、素朴な疑問を平野さん独特の視点と考察で描かれています。

読後は、自身も漠然と抱いていた「カッコいい」が少し理解できたことで、白洲次郎のような「カッコいい」大人になりたいと思わせてくれた、私にとっての名著になりました。


食事で迷ったらここに帰ってくる、UCLA助教授のベストセラー/副編集長テラダ

世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事

Amazonより

副編集長テラダ

副編集長テラダ

新型コロナウイルスのニュースが続々と流れ、スーパーから食品がなくなった状況をみて考えたことは、「健康でいるために何を食べたらいいの?」ということでした。そこで読み返したのが、ハーバード大学を経てUCLA医学部助教授として活躍する医師・津川友介先生の著書『世界一シンプルで科学的に証明された究極の食事』。

発売当時、10日で10万部を超えるベストセラーになったこの本には、科学的根拠に裏付けされた食の話が載っています。例えば「不動の本当に健康によい食品5つ」とか「体に悪いという科学的根拠がある食べ物」だとか。実は日本人のソウルフードである白米は体に悪い食品の方に入るという衝撃的な事実も!

この本は私にとって「食の教科書」です。今日食べたもので明日すぐ健康にはならないけれど、日々食べるものが体を作るはず。こんなときだからこそ「本当に健康的な食事」を摂りたいと思っている人に心からおすすめする一冊です。


糖質制限ダイエットで40キロ減量を叶えた、愉快痛快ストーリー/編集部タナカ

マンガで卒デブ 40キロやせ ちゃんと食べて生まれ変わるダイエット

Amazonより

編集部タナカ

編集部タナカ

糖質制限ダイエットって、ストイックで小難しそう……、そう思っている方に読んでいただきたいのが『マンガで卒デブ 40キロやせ ちゃんと食べて生まれ変わるダイエット』です。このマンガには「糖質制限ダイエット」に成功した著者・比嘉直子さんの体験談が描かれています。

失敗と成功を繰り返しながらも、40キロ減量していくストーリーはなんとも愉快痛快。漫画ということもありスラスラと読めてしまいます。

体験談だけでなく、ダイエット外来の医師による正しい知識がのっていることもポイント。「人はなぜ太るのか? なぜカロリー制限ではなく、糖質制限なのか」についてわかりやすく解説されているので、理屈っぽい私も「糖質制限ダイエット」を実践する前にその必要性について腹落ちすることができました。

糖質の多い食材、少ない食材はもちろん、ダイエットレシピやダイエット停滞期を乗り越えるファスティング術も参考になりますよ。


今一番必要な「事実を正しく理解する」術を身につける10の方法/編集部サトウ

ファクトフルネス

Amazonより

編集部サトウ

編集部サトウ

去年の世界的ベストセラーですが、今あらためて話題に上っている本。著者のハンス・ロスリングは医師で公衆衛生学の第一人者です。

「ファクトフルネス」とは、勝手な思い込みにとらわれずに、事実に基づく世界の見方を身につけるスキルのこと。

「世界はどんどん悪くなっている」「いま手を打たないと大変なことになる」……そんな思い込みから、たとえば買いだめのようなパニックが引き起こされてしまうけど、ちょっと待って! 悪化しているように見えるのは、悪いニュースのほうが広まりやすいだけだし、焦る気持ちは小さな一歩を重ねればいい。事実を正しく理解すれば、パニックだって回避できます

とてつもなく大きな脅威に直面した今、慌てずに、判断・行動していく10の方法を、この本で知ることができます。すべての人に読んでもらいたい良書!


「人を愛する技術」とは? 愛に迷ったら何度も読み返したい一冊/編集部フジタ

愛するということ

Amazonより

編集部フジタ

編集部フジタ

パートナーとの関係に悩んでいるときに友人からすすめられた『愛するということ 新訳版』。

いい恋愛をするための指南書でもなく、実践的なアドバイスが載っているわけでもありません。“愛する“という行為を「愛は技術であり、学ぶことができる」として、著者エーリッヒ・フロムは論を展開していきます。

読み終わったあとの率直な感想は、もう一回読み直そう、でした。物心ついたときから「恋は落ちるもの」「白馬の王子様が現れる」なんて叩き込まれているものだから、一読しただけでは理解できない。自分のなかの常識とはまったく違うことを言われ続け、混乱しました。

異性愛、家族愛、母性愛など、愛にはさまざまな種類がありますが、とにかく「愛すること」は信念を持って実行に移すことなのだそうです。なかなか難しい、技術習得のため習練あるのみ。愛に迷ったら何度もこの本を読み直そうと思える一冊です。


編集部のおすすめは他にも!

編集部5人が自腹で買ってる、太りにくいヘルシーおやつ

編集部5人が自腹で買ってるおすすめおやつをご紹介。ダイエット中でも食べられるヘルシーさもポイントです。コンビニで気軽に買えるおやつも要チェック!

https://www.mylohas.net/2020/01/205963editors_snacks.html

乳酸菌ドリンク、サプリ、目薬…リアルに買った花粉症グッズは?

今年も花粉症の季節がやってきました。鼻水、鼻づまり、目のかゆみ……つらい症状は出ていますか? 今回は、花粉症歴ウン十年を更新中の5人がやっている花粉...

https://www.mylohas.net/2020/03/209109editors_hay_fever.html


    Ranking

    1. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    2. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. ふるふる、しゅわしゅわの食感に癒やされる「台湾カステラ」

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    1. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    9. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    10. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    5. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    6. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら