1. Home
  2. HEALTH
  3. 年齢に抗うのはもう終わり。味方にすれば美しくなれる

年齢に抗うのはもう終わり。味方にすれば美しくなれる

1,636

田邉愛理

女性の横顔

加齢とともに変化する私たちの身体。肌や婦人科系のトラブルも気になりますが、一番強く感じるのは心身の「疲れやすさ」ではないでしょうか。

MASHING UP SUMMIT 2020の収録(2020年2月28日実施)で、マイロハス編集長の山岸 祐加子が“美肌ドクター”こと「ウォブクリニック中目黒」総院長の高瀬聡子先生を招き、「年齢を味方に。習慣でつくるウェルエイジング」と題して、エイジングについて対談。2人のセッションから、年齢を味方にして「疲れにくい体」をつくる方法をお届けします。

キレイになるより「元気に見せたい」

MASHING UP

MASHING UPサミット収録の様子

「最近、疲れている人が多いですね」と切り出したのは山岸編集長。マイロハスが集計した読者アンケートでは、全体の7割が疲れを感じていて、そのうち44%は精神的疲労・肉体的疲労の両方がある人。その次に35%と多かったのが、精神的疲労がある人という結果に。身体よりも、むしろ心の疲れを感じている人が多かったといいます。

高瀬聡子先生

高瀬先生

私のクリニックも美容皮膚科なので、美容目的のお客様が多いのですが、シミ治療が終わっても高濃度ビタミンCの点滴だけは続ける方がたくさんいます。肌が明るくなるのはもちろん、「疲れがとれる」「眼がスッキリする」と。それだけ「疲れ」に悩んでいる人が多いんですね。

「キレイになりたい、若返りたい」というお客様が治療法を迷われているとき、「こうすると元気で若々しく見えますよ」とアドバイスすると、みなさんそうなりたいと仰る。キレイになりたいというより、元気に見せたいというご希望なんです。


山岸編集長

山岸編集長

確かに「元気に見える」ってとても重要ですよね。疲れにくい体やメンタルがあると元気に見えるし、年齢を味方にしているという感じがします。


運動を続ける2つのコツ

高瀬先生

「ウォブクリニック中目黒」総院長 高瀬聡子先生

疲れにくい体はどのようにつくればいいのでしょう? 高瀬先生は、健康であることが第一と強調します。

高瀬聡子先生

高瀬先生

とくに運動は心がけたいもの。私は1人目の子どもを産んでから、体幹、とくに骨盤底筋が弱まって、それから16年ピラティスを続けています。女性は30代以降、体幹が衰えてくるので、それを補う運動が必要です。


山岸編集長

山岸編集長

運動を続けること、習慣化することって、とても難しいですよね。


高瀬 聡子先生

高瀬先生

続けるコツは2つあって、ひとつはトレーニング後の爽快感。爽快感を自分で実感できると、あれを味わいたいからまたやろう、と思えます。

もうひとつはルーティーン、生活のリズムをつくることです。人間は規則正しい生活を送ると幸せホルモンが出やすくなります。ある程度ルーティーンに従って生活することは、健康と幸せの近道なんです。


インナーケアが美しさを支える

インナーケア

運動の必要性と並んで、美しくあるためには、体の内側からベースをつくっていくことが大切に。昨年1年間イギリスで生活した高瀬先生は、あらためてインナーケアの重要性に気づかされたと語ります。

高瀬聡子先生

高瀬先生

デトックスの第一人者であるドクター・ダウリングのもとで勉強していました。電磁波のアレルギー、慢性疲労、ワクチンの副作用など、世界中からいろいろな症状で苦しんでいる患者さんが来るのですが、こうした方は一般の内科ではただの疲労と見なされて、治療を受けられないケースが多いのです。

ドクター・ダウリングは問診や血液検査で根底にある栄養バランスをみるのですが、じつはこれが問題になっている人が多い。サプリメントやビタミンCの点滴などによる栄養治療で改善され、社会活動ができるようになる例をたくさん見てきました。


山岸編集長

山岸編集長

栄養治療やサプリを摂取するということは、イギリスでは一般的なのですか?


高瀬聡子先生

高瀬先生

イギリスは冬が本当に長く、日照時間が少ないので、ビタミンD不足による季節性うつ病が多いんです。現代の食生活ではビタミンDを摂ることが難しいので、子どもや高齢者は冬になる前にビタミンDを病院で処方してもらうのがメジャーな治療法になっています。

また、イギリスには国民皆保険制度がありますが、病院の予約が取りづらく、2週間後になることも。だからみなさん、予防医療や民間療法にとても興味があって、サプリメントはもちろんホメオパシーやフィトセラピーの知識も豊富です。


食事・サプリメントにも意識を

サプリメント

そんな予防医療に意識の高いイギリスでは、狂牛病の流行をきっかけに「食」への関心が高まったと高瀬先生。いまでは野菜はオーガニックが主流で、添加物も国が厳しく規制しているのだそう。

山岸編集長

山岸編集長

「知識をためることが重要」という意識をみなさんが持っているんですね。


高瀬 聡子先生

高瀬先生

そうなんです。未病の段階、医者にかかる前に自分たちで何ができるかを考えるためにも、ベースとなる食の知識を持つと変わってくると思います。新型ウイルスに対しても、最終的には自分の免疫力が重要になる。免疫力を高めるためにどういうものを食べ、サプリメントなどでどう補うか、そういうメンタリティが大切ですね。


エイジングと向き合うには、予防の知識はもちろんのこと、栄養学に基づいたインナーケアも大切に。そのためにはいつもの食生活にサプリメントを取り入れることも大きな価値を生みそうです。

今回のセッションで感じたのは、自分が「心地いい」と感じる食事や運動、健康管理の方法を見つけることは、ウェルビーイングの基本だということ。自分らしいルーティーンを見つけることは、「幸せ」を探すいちばん身近で具体的な方法なのかもしれません。

サプリメントと上手につきあう

ヘルスチェックつき。医師監修 パーソナライズ・サプリブランドの魅力3つ

医師監修のチェックリストに入力するだけで、自分に最適のサプリメントに出合える。そんな新しいカタチのサプリメントのサービスが誕生! 話題の新ブランド「...

https://www.mylohas.net/2019/12/203968wellvis.html

サプリメント1か月チャレンジ。飲み続けてわかった5つのこと

仕事に追われて毎日忙しいライターが、体調維持を目指してはじめたサプリメント習慣。生活習慣や心身にどのような影響があったのか、わかったことを体験レポー...

https://www.mylohas.net/2020/01/205445supplement05.html

Wellvis, MASHING UP]イベント撮影/中山実華、image via shutterstock

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. 栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    7. お腹を触って、便を見て。自分の腸の状態をチェックする方法

    8. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    9. レンジを使って20分で完成。簡単キムチーズうどんのレシピ

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    10. 愛用の「箸置き&カトラリーレスト」たち。献立や器を考えるのとは別の楽しみがある

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら