1. Home
  2. HEALTH
  3. ウイルス感染を招くのに、顔を触る心理とは。専門家がやめる方法を解説

ウイルス感染を招くのに、顔を触る心理とは。専門家がやめる方法を解説

まだまだ家でもヘルシー #stayhome

1,745

MYLOHAS編集部

顔を触る女性

image via shutterstock

──ビジネス インサイダー ジャパンより転載

  • 新型コロナウイルス感染予防としてアメリカ疾病予防管理センター(CDC)が勧めることで最も重要なのは、自分の目や口などを触らないことだ。だが、これをやめることは難しい。
  • なぜなら、自分の顔を触ることは人間の自然な習慣であり、他の癖と同じように、やめた方がいいとわかっていてもやめられないのだ。
  • 「我々は幼いときからその習慣が身についている。自分の顔を触るのは人前で自己認識することだからだ」と、心理学者で不安に関する専門家であるケビン・チャップマン氏はBusiness Insiderに語った。
  • スマホのリマインダーを設定して顔から手を放し、何かを手に持つことで、その癖を抑えられるかもしれない。

新型コロナウイルスの感染拡大で世界中にパニックが広がり、人々は身を守る確実な方法を探している。しばらくの間、セレブに感化された多くの人々は、マスクがその手段だと思っていた。だが世界各国の保健当局によると、マスクは健康な人の役には立たない

最善の方法は鼻や目、口を触るのをやめることだと専門家は言う。しかし多くの人はその習慣をやめることができないようだ。

精神分析医でケンタッキー州で心療内科クリニックのディレクターを務めるケビン・チャップマン(Kevin Chapman)氏によると、自分の顔に触れることは、周囲の人の中で無意識に自己認識するサインで、それは非常に人間的な習慣だ。

「自己認識とは、他人から見た自分自身を認識することで、社会的な交流の中で必然的に起きるものだ」と、 チャップマン氏はBusiness Insiderに語った。

「もともと、人は他人の顔を観察して、さまざまな顔の特徴に敏感に反応する。自分の顔に触れることは、そういった傾向と関連する自然な動作かもしれない」

2014年の調査では自分の顔に触れることはストレスを抑え、記憶を形成するのに役立つことが示唆された。

顔を触ることは人間関係を構築する手段の一つであるため、人は幼いときから自身の顔を触るようになり、それは習慣になる。たとえ健康上のリスクがあったとしても、やめるのは難しい。

「心理学的には、多くの人はさまざまな危険と自身の顔と関連付けていないため、顔に触れることと病気を結びつけることはない」と、チャップマン氏は述べた。

「ほとんどの人は、アメリカ疾病予防管理センターのアドバイスと、顔を触るような日常的な動きを結び付けて考えない」

例外は、自分がコントロールできていないと自覚する不安障害を抱える人々だと彼は言った。

顔を触ってはいけないと自分に言い聞かせると、もっと顔を触ることになる

顔を触る女性

image via shutterstock

顔に触れる回数を減らすことも、アメリカ疾病予防管理センター(CDC)が推奨しているようにまったく触れないことも可能だが、チャップマン氏によると、自分に厳しくしても何の役にも立たないという。

なぜなら、思考を抑制することは、通常、人々の習慣的な行動を抑制する助けにはならないからだ。彼は、代わりにもっと柔軟な方法をとることを提案した。「今日は絶対に顔を触らない」と言い聞かせるより、「今日は顔を触ることにもっと意識しよう」という風に。

スマホのリマインダーをセットするか、手になにか持つといい

スマホを持つ女性

image via shutterstock

チャップマン氏は、スマホのリマインダーをセットすると、顔を触ることへの注意を思い出すことができるとアドバイスする。

「習慣の転換は可能だが、それには自分の行動傾向を再プログラムするスキルとその実践が必要だ」

また、思考や意思決定を研究している認知科学者のデニス・カミンズ(Denise Cummins)氏ストレスボールを手に持ったり、腕を組んだりして、手を顔に触れないようにさせることもできる」と、ハフィントンポストに述べた。

最後に、石鹸を使ってぬるま湯で最低20秒間手を洗うことや、風邪のときは自宅待機すること、症状のある人との接触を避けるなど、CDCが勧める他の予防法も実践しよう。

ウイルスに負けない体に

ニンジンジュースが、肌や目、免疫によい7つの理由

ニンジンは、ベータカロチン、繊維、抗酸化物質などを含んだ栄養満点の食品。ジュースやスムージーで手軽に摂ってみては?

https://www.mylohas.net/2018/11/178787carrots.html

ブロッコリー、ベリー、運動で免疫力アップ。強い体の作り方

栄養と食の安全を研究するマイケル・グレガー医学博士によると、人間の免疫機能は腸内の免疫細胞を活性化する食べ物をとっているかどうか、運動する習慣がある...

https://www.mylohas.net/2018/08/172937immunity.html

ビジネス インサイダー ジャパン

    Ranking

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    4. 編集部はこれ買いました【Amazon ブラックフライデー:本日最終日】

    5. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    6. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    7. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    8. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    9. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    2. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    5. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    10. わが家の「漬け丼」。疲れて作りたくないときのおいしい救世主

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    8. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    9. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    10. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら