1. Home
  2. EAT
  3. 太りやすくなる食べ方3パターン。管理栄養士が解説します

太りやすくなる食べ方3パターン。管理栄養士が解説します

2,059

田邉愛理

ファストフードと戦う女性

「食べすぎているつもりはないのに、なぜか太ってしまう」。その原因は、体質や年齢のせいではなく、無意識に「太る食べ方」をしているからかもしれません。管理栄養士の藤井歩さんが、太りやすくなる3つの食べ方と改善法を解説してくれました。

1.「ながら食い」タイプ

お茶をしながら携帯を見る女性

忙しいとついやってしまうのが、パソコンで資料をチェックしたり、スマホを見たりしながらごはんを食べること。こうした「ながら食い」の習慣がある人は、摂取カロリーが増えがちだと藤井さんは指摘します。

ながら食いは満足感が少なく、何をどれだけ食べたかが把握しにくくなってしまうため、気づいた時には食べ過ぎてしまっている…という可能性があり、結果として摂取カロリーが増え、太りやすくなってしまいます。

(「Diet Plus」より引用)

「ながら食い」をやめるためには、食事に集中できる環境をつくることが大切です。テレビやパソコンを消し、スマホは見えないところに置きましょう。食事をよく味わうことで、少量でも満足感を感じられるようになると藤井さんはいいます。

2.「朝ごはんは食べません」タイプ

走る時計

1日3食のなかでも、比較的スキップされやすいのが朝食。そもそも朝は食欲がない、忙しくて食べる時間がないという人も多そうです。

しかしダイエットの観点から考えると、朝食は食べたほうがいいと藤井さん。

食事の回数が少ないとその分やせると思われがちですが、欠食する事でその他の食事を食べ過ぎてしまったり、身体が飢餓状態になる事で必要以上に体脂肪をため込もうとするため、逆に太りやすくなってしまいます。

(「Diet Plus」より引用)

欠食後の食事では「血糖値が急激に上がりやすくなるので、身体にとって負担(「Diet Plus」より引用)」となることも問題。これまで朝食を食べる習慣がなかった人は、フルーツや野菜ジュースなど、手軽な食べ物や飲み物から慣れていくのがおすすめだそう。

朝は食べる気がしないという人は、「前日の夜に食べ過ぎたり、脂っこいものを食べているせいで消化が追い付いていない可能性(「Diet Plus」より引用)」があるそう。夜は脂っこいメニューを控え、腹八分目を意識してみてください。

3.「塩分摂りすぎ」タイプ

塩

塩分というと、ダイエットとはそれほど関係がないように思われるかもしれません。しかし、塩分の摂りすぎは「むくみ」のもと。濃い味付けは食欲を増進させるので、ごはんを食べすぎてしまうことも多くなるようです。

外食や市販のお弁当などを食べることが多い人は、とくに塩分の摂取量が増えがちだと藤井さん。体重を落としたいときは、外食を控えるのもひとつの方法です。

さらに、自炊の際にもポイントがあります。

煮物やお味噌汁を作る時はだしを濃い目にとり味噌や醤油の量を少なくする、ハーブや香辛料を活用して味のアクセントにする、鮮度が良い食材を使うなどの工夫をすると、塩分控えめでも満足感のある味に仕上がりますよ。

(「Diet Plus」より引用)

太りやすい食生活を改善すれば、ダイエットの成功率もぐっと高まるはず。当てはまる点があった方は、ぜひ改善法を試してみてください。

ダイエットのマイルールを見つけよう

体型を維持している人は実践ずみ。超シンプルな3つのルールって?

管理栄養士が教える、超シンプルな体型維持の3つのルール。食のプロが実践する、「太りにくい体」を維持するコツを詳しくお伝えします。

https://www.mylohas.net/2020/03/208882diet_rule.html

太りにくい&太りやすいおやつは? 気をつけたい間食の摂り方3つ

ダイエット中に食べてもOKな「太りにくいおやつ」ランキングを管理栄養士が教えます。栄えある1位は? ダイエット中に控えたいスイーツワースト3と、間食...

https://www.mylohas.net/2019/12/204826sp_eat_too_much_diet_snack.html

管理栄養士・藤井歩さん

藤井歩(ふじい・あゆみ)さん
管理栄養士。大学卒業後、給食委託会社・健康関連企業での勤務を経て、現在はフリーランスの管理栄養士としてオンラインでの栄養指導業務、特定保健指導、コラム執筆など栄養関係のさまざまな業務に携わっている。


Diet Plus

image via shutterstock

    Ranking

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    3. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    7. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 愛用の「箸置き&カトラリーレスト」たち。献立や器を考えるのとは別の楽しみがある

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    3. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    7. その疲労感、「鉄分不足」かも? 冷蔵庫に「ひよこ豆ときのこのフムス」を常備して

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    10. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    3. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    6. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    7. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら