1. Home
  2. STYLE
  3. GLOSSY編集長が語る、次にくるビューティ・トレンドは?

GLOSSY編集長が語る、次にくるビューティ・トレンドは?

1,600

MYLOHAS編集部

クリーン・ビューティ

image via shutterstock

次にくるビューティ・トレンドは、何?

多くの人が関心を持つこの話について教えてくれたのは、米国のウェブメディアGLOSSY(グロッシー)編集長のジル・マノフさん。GLOSSYはニューヨークに拠点を置く、デジタル時代のマーケティングとメディアに関する情報を発信するDIGIDAYの姉妹サイト。テクノロジーがファッションに与える影響について伝えるため2016年に立ち上げられ、現在はファッションだけでなくビューティに関する記事も数多く掲載しています。

マノフさん曰く、いま美容業界に大きな変化が起きているのだそう。MASHING UP SUMMIT 2020の収録(2020年2月28日実施)でアメリカのビューティ・トレンドについて語りました。

ナチュラルメイクからスキンケア重視にシフト

ジル・マノフさん

GLOSSY編集長 ジル・マノフさん

アメリカでは、昨今のウェルネス・ブームの影響で、心身の健康に気を配る人がますます増え、ウェルネスを前面に打ち出した製品やサービスが激増。現在は4.2兆ドル規模の産業にまで成長しています。

関連ジャンルも、睡眠やオーラルケア、性の健康に関するセクシュアル・ウェルネスなど様々。SEPHOLA(セフォラ)やULTA Beauty(アルタ・ビューティ)などのビューティ専門店も専門スペースを拡張しています。そうしたなかで、コスメブランドもウェルネスを意識した商品開発に力を入れるようになっています。

「ビューティとウェルネスのクロスオーバーは、いくつかのトレンドを経ながら進んできました」とマノフさん。最初のきっかけが、素肌のように見せる「ノーメイク風メイク」。ファンデーションやコンシーラー、ブロンズ系の化粧品で巧みに立体感を出すテクニックも流行しました。

次にきたのが「スキンケア・ファースト」の時代。インフルエンサーや有名人たちがスキンケアの手順を紹介する動画をアップするようになります。ガラスのように透き通った肌を手に入れたいと、韓国コスメブームが加速したのもこの頃。

「ウェルネス」が新しいラグジュアリーに

セルフケア

image via shutterstock

しかし、スキンケアだけだと美肌は達成できません。睡眠不足やストレスを解消し、心身の健康を保つことがキレイへの近道とはいうものの、忙しいとついセルフケアが後回しになりがちです。

そんななか、SNSに登場したのが、#SelfCareSunday(セルフケア・サンデー)#wellnesswednesday(ウェルネス・ウェンズデー)のハッシュタグ。仕事や子育てに追われる女性たちが「意識してオフの時間を作る!」と宣言する流れが生まれて、日曜日や水曜日になるとヨガやフェイスマスクをしている様子がSNSに盛んにアップされるように。

このようなセルフケアの流行で、化粧品などのモノよりも経験を買うことに女性たちの関心がシフト。ウェルネスこそ真のラグジュアリーだという意識が芽生えていきます。

ジル・マノフさん

ジル・マノフさん

作り込まれたゴージャスな美しさから、健康でハッピーな生活にみんなが憧れるようになってきたんです。


スパやリトリートでリラックスし、フィットネスクラブやサイクリングで汗を流すことが新しいステータスに。

また、内側からの美しさを目指す女性たちの間では、プロテイン、ビタミン、コラーゲンなどの美容サプリも人気です。また、近年アメリカでブームとなっているのが、炎症抑制や鎮静効果があるCBD。さまざまなブランドが関連商品を発売し、高級デパートも専用スペースを開設しています。

安全性やエコをうたう「クリーン・ビューティ」

クリーン・ビューティ

image via shutterstock

ウェルネス・ブームを受けて、今美容業界で注目されているのが「クリーン・ビューティ」というトレンド。オーガニック、サスティナブル、エシカルなどのキーワードで消費者の心を掴んでいます。

肌や髪に直接つけるものだから、できる限り安全なものを選びたい。メーカーは環境に配慮してほしい。そうした消費者の意識の高まりを反映。「肌に負担をかける成分を使わない」「容器には再生素材を使う」「動物実験を行わない」などをセールスポイントにしたブランドが続々登場し、若い世代を中心に大きな支持を得ています。

クリーン・ビューティ関連の商品を扱う専門店も登場。The Detox Marketというショップでは、商品の安全性を試す独自のテストも行なっているそう。

ただし基準はまだあいまい

MASHING UP SUMMIT 2020 収録会場で話すジル・マノフさん

MASHING UP SUMMIT 2020 収録会場で話すジル・マノフさん

そんなアメリカを席巻しているクリーン・ビューティですが、課題もあるそうです。

ジル・マノフさん

ジル・マノフさん

何を指してクリーンと言えるのか、国が定めた明確な基準がないのです。また、成分規制も国によって違います。ヨーロッパでは、13,000種類もの成分が化粧品への使用を禁止されていますが、アメリカではたった30種類程度。何が安全なのか本当のところよく分からず、国際規準が必要だとの声が出ています。


何だかよさそうだけど、定義があいまいなクリーン・ビューティ。現状では、小売店やメディアなどがそれぞれ独自の基準を設けているとのこと。個々のブランドはクリーンをうたう根拠を説明する責任が問われています。

一方で、成分や製造過程の情報を分かりやすく伝えてほしいというニーズも高まっていて、これに応える動きも出ています。

たとえば、自身も化粧品ブランドを運営するメイクアップ・アーティスト、グッチ・ウェストマンはユーチューブチャンネルを立ち上げて情報を発信。女優のグウィネス・パルトロウの手がけるライフスタイルメディアgoop(グープ)もビューティとウェルネスをテーマとしたイベントを多数開催しています。

内側からの美しさをとことん追求する、ウェルネスとクリーン・ビューティのムーブメント。美容業界をどう変えていくのか、この先も目が離せません。

次にくるトレンドは何?

誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

新しいエクササイズもどんどん登場するなか、運動する人々の意識も変わっていきます。2020年のフィットネス事情はどのように変化するのでしょうか。専門家...

https://www.mylohas.net/2020/01/204162pvn_fitness3.html

2020年はどんなエクササイズが流行る? 運動効果が上がるスーツって?

どこにいても本格的なワークアウトができるようになった今、2020年にはどんなエクササイズが流行るのでしょうか。プロのトレーナーたちが予想します。

https://www.mylohas.net/2020/01/204160pvn_fitness.html

MASHING UP]撮影(ジル・マノフさん)/中山実華、文/野澤朋代

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. 栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

    3. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    6. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    7. お腹を触って、便を見て。自分の腸の状態をチェックする方法

    8. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    9. レンジを使って20分で完成。簡単キムチーズうどんのレシピ

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 栗原はるみさん流「コチュジャン」の使い方。料理に幅と奥行きを手軽に

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    7. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    10. 愛用の「箸置き&カトラリーレスト」たち。献立や器を考えるのとは別の楽しみがある

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら