1. Home
  2. EAT
  3. 鉄分と食物繊維が豊富な「ひじき」たっぷり豆腐ハンバーグ

鉄分と食物繊維が豊富な「ひじき」たっぷり豆腐ハンバーグ

最年少スーパーフードマイスターLilyが注目する、ニッポンのスーパーフード

2,767

Lily

ひじき豆腐ハンバーグ

最年少トップスーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。(公式LINEにてレシピの最新情報をお届けしています!)

今回主役のジャパニーズスーパーフードは、ひじき。前回主役であった「納豆」もそうですが、「ひじき」と言われてパッと思い浮かぶレシピはひじきの煮物くらい……。手軽にスーパーで購入できるのに、料理には取り入れにくいんですよね。

「ひじき」には栄養素が詰まっているかつ安いのに、日頃食べないなんてもったいない!

そこで今回は、簡単すぎて今日から作れてしまう「ひじきたっぷり豆腐ハンバーグ」のレシピをご紹介します。

ひじきたっぷり豆腐ハンバーグ

ひじき豆腐ハンバーグ

ハンバーグにひじきと豆腐を加えると何がよいのか?

それは「カサ増し・栄養価UP・もっとヘルシー」の3つが実現できてしまうことです。ひじきと豆腐と聞くと、とても和風なイメージがわくかと思いますが、実際は、デミグラスソースでいただきます。もちろん和風ソースでも合いますが、洋風ソースもとても合うんです。

小さいお子様にも、食べ盛りの学生にも、少しダイエットを意識している方にもぴったりなレシピになっています。

<材料>2〜3人分

  • 乾燥ひじき 6g
  • 木綿豆腐 200g
  • 玉ねぎ 1/2つ
  • 合挽き肉 200g
  • 塩 ひとつまみ
  • 胡椒 少々
  • ナツメグ(あれば) 小さじ1/2

〜デミグラスソース〜

  • ケチャップ 大さじ3
  • 中濃ソース 大さじ2
  • はちみつ 小さじ1

<レシピ>

  1. 乾燥ひじきを、袋に記載されている手順通りに戻す。
  2. 木綿豆腐を耐熱容器に入れて電子レンジで1分半加熱し、泡立て器でよく混ぜる。
  3. 玉ねぎをみじん切りにして耐熱容器に移し、電子レンジで2分間加熱する。
  4. 大きめのボウルに、合挽き肉・豆腐・玉ねぎ・塩・胡椒・ナツメグを入れて混ぜ、全体が合わさったらそこへひじきを投入する。
  5. フライパンに油を敷き強火で温めたら、タネを手で成形し、中〜強火で焼いていく。
  6. 片面に焦げ目がついたらひっくり返して蓋をし、水を少し入れて6分間中火で焼く。
  7. すべて焼けたら、使用したフライパンにケチャップ・中濃ソース・はちみつを入れて、ボコボコと気泡が出てくるまで中火で熱する。
  8. 最後にハンバーグをお皿に盛り付け、そこにデミグラスソースをかけたら完成!

ジャパニーズ・スーパーフード Vol.5 ひじき

乾燥したひじき

image via shutterstock

ひじきに目立つ栄養素は大きく2つ、鉄分と食物繊維です。

酸素を全身に運んでくれるヘモグロビンの形成や、酵素の形成を担います。そのため、鉄分は貧血防止や運動機能の向上に向いているといえるのです。

また、食物繊維は便のかさを増やしてくれたり、血糖値の上昇を抑えたりする効果があります。そうすることで腸内環境が整ったり、脂肪の吸収が緩やかになるのです。

ひじきは、スーパーで簡単に購入できるお手軽なジャパニーズ・スーパーフードなので、ぜひ積極的に料理に取り入れていきたいですね!

ひじきをもっと知りたい!

ダイエットや貧血予防に期待。クセになる「ひじきの食べるドレッシング」

夏の料理には乾物が便利。中でも低カロリーで、栄養が豊富なひじきを使った夏らしいレシピをご紹介します。

https://www.mylohas.net/2018/07/171719hijiki_seaweed.html

ダイエットにも腸活にも。海藻を効果的に食べるには?

わかめ、昆布、ひじき、海苔など日本人には馴染みの深い海藻。食物繊維が豊富で低カロリーなだけじゃない、秘められたパワーがあるのを知っていますか?

https://www.mylohas.net/2017/01/059932seaweed.html

Lilyが注目する、ニッポンのスーパーフードをもっとみる

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フードを読む

image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    3. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    4. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    5. 2020年11月30日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    6. 肌の未来は明るい!乾燥や老化へのアプローチを根本から変える新発見

    7. 温度に気をつけるだけ。にんにくの風味を最も引き出す調理法

    8. 缶詰より断然おいしい。低温調理で簡単「手作りツナ」レシピ

    9. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    5. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    6. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    7. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    8. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    9. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    10. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら