1. Home
  2. BODY
  3. 医師に聞く、腸内環境をととのえる運動のヒント

医師に聞く、腸内環境をととのえる運動のヒント

腸内環境を整える

1,823

MYLOHAS編集部

腸内フローラ前編本番l

前回、腸内環境を整える食事についてご紹介しました。今回は、食事に加えて実践していただきたい腸活におすすめの運動をご紹介します。

腸を刺激する運動とは?

腸は、食事で内側からぜんどう運動を促す以外にも、外側からの刺激ではたらきかけることもできます腸を刺激する運動やマッサージを取り入れることは、便秘の改善にとても効果的です。ただし、腸のぜんどう運動が鈍くなっている人は、運動やマッサージに対しても最初はあまり効果は感じなくなっています。

また、運動には副交感神経を有意にしてカラダをリラックスさせてくれる効果もあります。

腸トレーニング1:体幹ツイスト

_use105

身体をひねる運動は、効率よく腸を刺激して、ぜんどう運動を促すことができます。軽くあしを開いて寝そべったら、上半身と下半身を逆にひねり、5秒ほどキープ。

腸トレーニング2:腹式呼吸腹筋

_use107

腰の下にクッションを敷き、手はクロスして肩に。脚を軽く開き、膝をまげて、基本姿勢を作ります。呼吸を止めないように意識しながら、20回を目標に、上体を少し浮かせます。

腸トレーニング3:さかさ自転車こぎ

_use109

仰向けになり、両腕で背中を支えて胴体を起こし、バランスをとりましょう。その姿勢のまま、30秒ほど自転車こぎの動作を行います。少しハードな動きのため、交感神経が高まってしまうので、夕食後30分たったころ行うのがおすすめ。

腸トレーニング4:腸ストレッチ

_use111

うつぶせになり、手で身体を支えながら、上体を起こし、できれば30秒ほどキープ。この姿勢で深呼吸すると副交感神経が高まるため、より効果的です。

肛門トレーニング1:またわり

_use113

脚を大きく開き、ひざを曲げて、腰を深く落とします。左右10〜15秒ほどキープしましょう。外肛門括約筋をはじめ、腹筋など下半身全体をはじめ、鍛えることができます。

肛門トレーニング2:肛門ツイスト

_use115

椅子の背もたれなどにつかまりながらしゃがみ、その姿勢のまま身体を左右にひねります。かかとをつけた方が深く身体をひねることができますが、難しい場合は浮かせた状態でもOK。

すべてを毎日行う必要はありませんが、毎日夕食後、おなかが落ち着いた後に5〜10分を目安に行なってみましょう。腸内環境を整え、体調もよくなってくるのを実感できます。

ストレスが腸に与える影響って?

腸内フローラ前編本番g

緊張するとお腹が痛くなるという経験をした人は多いのではないでしょうか。腸は「第二の脳」と言われています。

私たちの脳がストレスを受けると、そのストレスからカラダを守るための防御反応が起きます。腸は、免疫細胞が作られる場所なので、ストレスによってその機能が乱れると、便秘や下痢を引き起こしてしまうのです。

緊張する場面で下痢や便秘を繰り返す病気が「過敏性腸症候群」です。脳のストレスが自律神経を乱し、便通異常を引き起こすと言われています。

ストレスを溜めないことはもちろん大事ですが、不規則な生活をしていると、活動をしているときに有意になる交感神経が過剰にはたらき、自律神経のはたらきが乱れてくることも。運動や入浴、マッサージなどでリラックスする時間を意識して作るようにしましょう。

──この記事は、2018年7月20日の記事を再編集して掲載しています。

腸を整えるヒント

腸内環境のバランスが悪いとどうなる? 腸内細菌の役割とは

「腸活」「腸内環境をととのえて健康に」など、私たちの美容と健康には、腸を元気にすることが欠かせません。ですが、便秘や下痢など腸のトラブルはだれしも経...

https://www.mylohas.net/2020/03/209105intestinalflora.html

腸内フローラが肥満や炎症に関わっている!?

腸内細菌はさまざまな疾患と関連があると言われています。肥満との関連について東京農工大学の研究グループが発表したのは細菌次第で肥満が左右されるという研...

https://www.mylohas.net/2019/11/201850hld_oil.html

参照元:『便活ダイエット~便秘外来の医師が教える、排便力がアップする11のルール』小林弘幸(ワニブックス)、『人生を変える賢い腸のつくり方−ココロまで整える腸内フローラ活性術』内藤裕二(ダイヤモンド社)

文/大場真代、イラスト/古荘風穂(1枚目、8枚目)『便活ダイエット』内転載イラスト/みやかわさとこ

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    3. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    4. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    5. 2020年11月30日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    6. 肌の未来は明るい!乾燥や老化へのアプローチを根本から変える新発見

    7. 温度に気をつけるだけ。にんにくの風味を最も引き出す調理法

    8. 缶詰より断然おいしい。低温調理で簡単「手作りツナ」レシピ

    9. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    5. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    6. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    7. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    8. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    9. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    10. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら