1. Home
  2. BODY
  3. ダイエットの効果をあげるために守りたい、5つの生活習慣

ダイエットの効果をあげるために守りたい、5つの生活習慣

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,401

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

ダイエット

image via shutterstock

ダイエットを長続きさせるにはどうすればよいのでしょう?

Preventionでは、全米トップ10人の減量や肥満を専門とする臨床医に意見をお聞きしました。最新の科学に取り組み、やせすぎではなく、健康的な減量を目指している方々です。前回に引き続き、専門家が知ってほしいと考える減量のポイントをお教えします。

  1. なぜ減量するのか知ること
  2. 自分を数字でとらえない
  3. 続けられる食事の取り決めを
  4. 減量プランはひとつではありません
  5. 運動が大切 は、こちら

6. 病んでしまう前に始める

筋トレする女性

体重が増え始めたら、すぐに運動を始めること。筋力トレーニングや有酸素運動により筋肉を鍛え、炎症につながる加工食品は食べないように。健康的な食事と運動によって炎症を抑え、肥満という病気の回避を。いったん病気になれば、ダイエットと運動だけでは対処できなくなりますから」と、ボストン大学医学部内分泌・糖尿病・栄養部門の医学教授で小児科医のキャロライン・アポビアン医師。ボストンメディカルセンター栄養・体重管理センター所長も務めています。

7. 肥満は一筋縄ではいきません

パズル

「よく聞かれるのは『あまり食べないのに、なぜやせないの』という質問。そんなときには、肥満は複雑な病気で、一筋縄ではいかないと患者には伝えます。食事の量ではなく、むしろ、質の問題かもしれませんし、睡眠やストレスなど、ほかのライフスタイル要因との関連性が高い場合も。いずれにせよ、(直接的であれ、間接的であれ)食べる行動や食べる内容に影響するのです。

人によっては受けている薬物治療のために体重増加しやすかったり、体重を減らしづらくなったりしている人もいます。要するに、治療に携わる者は肥満へと導く要素が多様であることを理解した上で、患者の肥満治療を支援するのが重要です」と、クリーブランド・クリニックの肥満・代謝研究所肥満医学部長のW・スコット・バッシュ医師。

8. 停滞期があるのは正常

運動する女性

「みんなに知っておいていただきたいは、減量に取り組んでいると、ある時点から停滞期(プラトー)に達するということ。治療のプランを進めた結果として、ある時点で減量の限界に達したり、減量が見られなくなったりしても、がっかりしたり、驚いたりしなくてよいのです。それは、変化に対する体の自然な適応といえるからです。

そこで白旗を上げて、減量プランが機能していないとあきらめるのではなく、引き続き減量の維持に取り組むか、減量が必要ならば治療プランを修正するかを選択すること。目標として初期体重の10%以上を減らそうとした場合には特に重要です」と、ウエイクフォレスト大学バプテスト・メディカルセンター・疫学・予防学科および医学科准教授で、ウエイクフォレスト・バプテスト健康体重管理センターの共同代表も務めるジェイミー・アード医師は言います。

9. きちんと続けるのは速さよりも大事

笑顔の男性

「新患さんから『どれくらいのペースで減量すればいいでしょう』とよく聞かれます。この質問に対する正しい答えはありません。置かれた条件によって変わりますから。自分の減量プランをきちんと続けることが大事です。他人と比較しないこと。自分の結果に満足するのがいいのです。すべきことをやったと知っているわけですから」と説明するのは、Dr. Simonds Metabolics & Weight Loss(ノールカロライナ州・ローリーおよびダーラム)創設者で、肥満医学協会理事のウィッカム・シモンズ医師(米国肥満医学会ファロー)。

10. バックアッププランが必要です

話す女性

「体は体重の減少に抵抗するものなのです。その仕組みは、食物が欠乏していた150年以上前には効率的だったわけです。しかし、現代では、適応しなくなってしまった。体が減量に抵抗したときに備え、バックアップのプランを立てる必要があります。着実に減量するベストな方法を決めてくれる、肥満医学のトレーニングを受けた専門家に診てもらうこと。

専門家は、医薬品や食事法、カウンセリング、技術や道具を使えるのです。それらは本を読んだり、アプリを使ったりしてもアクセスできないものです。心にとどめるべきなのは、みんな少しずつ違っており、ある人に効く方法が自分には効かないこともあるということ」と、米国肥満医学会の会長であるクレイグ・プリマック医師(アリゾナ州スコッツデールのScottsdale Weight Loss Center共同設立者)は話します。

ダイエットに効果的な習慣を身につける

「立っているだけでやせる」と研究結果。長く立つにはどうすれば?

座った姿勢が健康に悪いと言われていますが、立っていたらそれだけで運動になるのでしょうか。そこには科学的な裏付けがありました。

https://www.mylohas.net/2020/02/207959pvn_standing.html

リバウンドなしで「週1kg体重を減らす」7つのステップ

短期間で急激にやせる方法はありませんが、リバウンドなしで健康的になるべく早く体重を減らす方法なら存在します。ダイエット専門の管理栄養士にポイントを聞...

https://www.mylohas.net/2020/01/206246pvn_loseweight.html

Stephanie Dolgoff/What 10 Obesity Experts Wish You Knew About Weight Loss/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbanner

    Ranking

    1. お尻を持ち上げるだけ。コアを鍛える寝たままエクササイズ

    2. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    3. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    4. 外出禁止になったら運動はどうする? アメリカの事情を聞いた

    5. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    6. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    7. すきま時間で猫背を改善。−5歳の後ろ姿をつくる、簡単筋トレ

    8. ぜい肉を振り落とせ! 家で運動不足を解消できるエクササイズDVD6つ

    9. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    10. がんリスクを下げる食材がずらり集合! 3月の人気記事ランキングTOP10

    1. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. ダイエットの神降臨。やせない人がまずやるべき超簡単な方法

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    6. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    7. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    8. 太ってきたときの炭水化物との付き合い方。お米・パン・麺はどう選ぶ?

    9. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    10. ダイエット中でもお腹が空きにくい「高タンパク質低炭水化物」おかず5選

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    5. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    6. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    9. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    10. ダイエット中でもお腹が空きにくい「高タンパク質低炭水化物」おかず5選

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら

    Prevention