1. Home
  2. BODY
  3. 全米トップ肥満専門医たちが教える「ダイエットを成功させるポイント」

全米トップ肥満専門医たちが教える「ダイエットを成功させるポイント」

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,781

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

笑顔の女性たち

image via shutterstock

ダイエットの話は巷にあふれていて、スリムになるためのヒントは事欠くことがありません。

問題は、長期的にうまくいかないこと。米国疾病対策センター(CDC)の研究によると、米国人のほぼ半数が前年に減量を試み、多くの人が成功しているそう。しかし、体重を維持していくことはとてつもなく困難。

2018年の『Medical Clinics of North America』誌の論文によると、29本の長期間研究を分析したところ、減量に成功した半分以上が2年でリバウンドし、5年で80%がリバウンドしてしまったといいます。

Preventionでは、全米トップ10人の減量や肥満を専門とする臨床医に意見をお聞きしました。最新の科学に取り組み、やせすぎではなく、健康的な減量を目指している方々です。専門家が知ってほしいと考える減量のポイントをお教えします。

1. なぜ減量するのか知ること

祖母と孫

ダイエットの動機がよい場合は、体重が減ってからも長続きする傾向があります。たとえば、娘の結婚式までにどうにかしたい人は成功する可能性は非常に高いものの、結婚式が終われば、リバウンドする可能性も大いにあります。ひざの痛みを軽くしたい、糖尿病をうまくコントロールしたい、この理由のときには減量後も体重の維持につながってきます」と、イーサン・ラザロ医師は言います。

ラザロ医師(米国肥満医学会フェロー)は、クリニカルニュートリションセンター(コロラド州グリーンウッド・ビレッジ)肥満医学専門医で、米国肥満医学協会の次期会長。

2. 自分を数字でとらえない

振り返る女性

「人は、いつも『私の適正体重はどの程度ですか』と医師に聞きます。まるでロボットのように自分を制御できるかのよう! 自分次第としか言えません。

健康の改善や痛みの軽減、糖尿病や他の病気の予防が目的ならば、理想的な体重表の体重でなくても、5%~10%程度のごくわずかな体重減少で十分という強いエビデンスがあるのです。世間では大幅な減量が必要と考えられますが、少し考え方を変え、数kg減量するだけで、思った以上に気分よくなれるのです」と、米国国立体重健康センター所長のスコット・カーン医師(公衆衛生学修士)。

カーン医師は、ジョンズ・ホプキンス・ブルームバーグ公衆衛生学部、ジョージ・ワシントン大学医学部と公衆衛生・保健学部の教員も務めています。

3. 続けられる食事の取り決めを

サラダ

「ルーチンとして3〜4時間ごとに野菜やタンパク質を口にすること。80%は続けられる食事の取り決めを選択しましょう」と、アンジェラ・フィッチ医師(米国内科学会フェロー、米国肥満医学会フェロー)。

フィッチ医師は、マサチューセッツ総合病院ウエートセンター副所長で、ハーバード大学医学部助教で、米国肥満医学会副会長です。

4. 減量プランはひとつではありません

書く人

「自分を知ること。減量プランに関して、ひとつのやり方が誰にでも合うわけではありません。ライフスタイルの中で、減量の妨げになっているのは何か、簡単な問いから知ることもできます。いつ食事しているのか、どれくらい運動しているか、食事に何を求めているか、自分の体型に対して思い描くイメージはどうか。何に焦点を当てればよいかを知れば、減量へのアプローチ法も決めやすいのです」と、ロバート・クシュナー医師は説明します。

クシュナー医師は、シカゴのノースウエスタン医学センターのライフスタイル医学センター医学ディレクターで、同大学ファインバーグ医学部・医学教授も務めています。新しい著書に『Six Factors to Fit: Weight Loss that Works for You!』も。

5. 運動が大切

ウォーキングする女性

「ダイエットがうまくいくかどうかは、どれくらい身体活動に取り組んでいるか次第。長期的にわたって減量成功している人は、多くの身体活動をしているのです。おおむね中程度の運動を約1時間、週に6日間程度」と、ペニントン生物医学研究センター(ロサンゼルス・バトンルージュ)名誉教授のドナ・H・ライアン医師は指摘しています。

ドナ医師は、34年間にわたってセンター副専務理事として、研究、教育、管理の業務に当たってきました。

続きます。

無理なくできるダイエットを

無理せず健康的に体重を減らす「新・低炭水化物ダイエット」

厳しい制限がつくイメージのケトダイエット。決まりごとがゆるくなり試してみやすくなった改良版、ケトダイエット2.0について、栄養士に聞きました。

https://www.mylohas.net/2020/03/208358pvn_lowcarb2.html

簡単に効果が出る! 人気のストレッチグッズ5選

ホームトレーニングをサポートする、人気のストレッチグッズを5つ集めてみました。冬に蓄えた脂肪をどうにかするのなら今がチャンス。本格的に体作りを始めま...

https://www.mylohas.net/2020/02/207773buy_stretch.html

Stephanie Dolgoff/What 10 Obesity Experts Wish You Knew About Weight Loss/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbanner

    Ranking

    1. お尻を持ち上げるだけ。コアを鍛える寝たままエクササイズ

    2. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    3. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    4. 外出禁止になったら運動はどうする? アメリカの事情を聞いた

    5. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    6. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    7. すきま時間で猫背を改善。−5歳の後ろ姿をつくる、簡単筋トレ

    8. ぜい肉を振り落とせ! 家で運動不足を解消できるエクササイズDVD6つ

    9. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    10. がんリスクを下げる食材がずらり集合! 3月の人気記事ランキングTOP10

    1. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. ダイエットの神降臨。やせない人がまずやるべき超簡単な方法

    4. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    7. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    8. 太ってきたときの炭水化物との付き合い方。お米・パン・麺はどう選ぶ?

    9. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    10. ダイエット中でもお腹が空きにくい「高タンパク質低炭水化物」おかず5選

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    5. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    6. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    9. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    10. ダイエット中でもお腹が空きにくい「高タンパク質低炭水化物」おかず5選

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら

    Prevention