1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

大人のBeauty Tips 〜もっとキレイ、もっと前向きに〜

ワタシプラス by SHISEIDO

口紅を塗る女性

アイカラーと違い、「そのまま塗る」がリップメイクの基本。なんとなく漫然と塗っている人が多いのではないでしょうか?

少しだけ塗り方や色選びにこだわってみるだけで、がらりと変われるリップメイクのテクニックを紹介します。

1. ひと塗りでトレンド感!“ニュアンスベージュ”をとりいれる

口紅

好感度が高く、ファッションを選ばないリップの定番といえばやはりベージュ。中でも狙い目は、春夏の軽やかな気持ちを表現するニュアンスベージュです。

おしゃれ感を出したいなら、前シーズンから引き続き人気のオレンジをひとさじ加えたオレンジベージュを。

かわいらしさを出したいデートのときや、お疲れモードでフレッシュ感をにじませたいときはピンクを含んだベージュがおすすめ。

▼ピンクベージュのおすすめ

150225SHISEIDOメーキャップヴィジョナリージェルリップスティック

SHISEIDO メーキャップ ヴィジョナリー ジェルリップスティック 3,960 円(税込)

クリアな発色と心地よさ続く、ジェルリップスティック
ほんのりつやのあるクリアな発色と、水が弾けるような軽い感触のジェルリップスティック。ひと塗りで、品と色気を感じさせる口もとを演出します。

>>商品詳細を見る


特に最近のリップはほどよいツヤがあり、1本でいまどきな印象の唇がかないます。

2. 厚みや色…唇の個性に合わせたメイクでぐっと垢抜け

唇

唇の形や色は人それぞれ。色が似合わない、唇の形が気に入らないとクヨクヨ悩む前に、プロ直伝のコツをためしてみましょう。

簡単なテクニックや知恵を取り入れるだけでリップメイクのできばえが変わり、顔全体がぐっと格上げされます。口もとに自信がもてるようになれば、笑顔がますます輝くに違いないから。

リップメイクの悩みにプロが解答!

Q1. トレンドのマットな質感のリップを買ったのですが、どうも縦ジワが気になって使いこなせません。何かいい方法はありますか?

Q2. 私は唇が薄めなのですが、今年はふっくらとした口もとが気になります。どうすれば似合うようになりますか?おすすめの色味やテクニックがあれば教えてください。

Q3. 実は大きすぎる唇がコンプレックス…。自分の個性としてリップメイクを楽しむためのアドバイスをぜひ!

>>すべてのアンサーをチェックする

3. 洗練度を爆上げする秘密のお道具って?

リップブラシ

いまどきの口紅はスキンケア効果も高くて優秀だけれど、よりパーフェクトな仕上がりを目指すなら1アイテムをプラスしてみましょう

「唇ゾーン」全体に使える万能バーム

たとえばデリケート肌にも使えるオイルバームがあれば口もと全体がしっとり整い、唇の美しさが際立ちます。 私たちは「リップ」というと唇そのものに注目してしまいますが、実は鼻下や口角も含めて幅広く考える方がベター。

バームがあると荒れやすい口角や鼻下などもさっとケアできるので、リップメイクが映える口もとに。

おすすめは、唇&全身にも使える固形オイルのバーム

150150section1_item1

dプログラム バームQQ 6g 1,760円(税込)

植物オイルのバリア機能で肌のうるおいをしっかり保ち、肌あれや粉ふきケア。 パサついてリップの輪郭がにじむ、唇の痩せた印象をカバーしたいという方は、唇ゾーンにたっぷり塗って。
>>商品詳細を見る

ベージュ派こそ「際立ちブラシ」をいつものリップに

また、1本持っておくと唇メイクが激変する秘密兵器になってくれるのがリップブラシ

輪郭がピシッと決まるので、デイリー遣いのベージュリップも美しさと洗練度が爆上げ。お道具を使いこなして、もっともっとリップメイクとキレイを楽しんで。

おすすめは、描きやすさを追求したリップブラシ

150150section1_item2

リップブラシ(レッド) N 407 1,100円(税込)

唇にやさしくフィットしながらなめらかに描けて、使いやすさ抜群。 赤など鮮やかな色はもちろんですが、まずは日常使いのベージュでトライを。 リップの輪郭が際立つので、同じリップでも完成度は段違い。
>>商品詳細を見る

華やかなお出かけシーンにはベリー系の「主役級リップ」

さりげないおしゃれもいいけれど、デートや女子会などで華やかに装うと、お出かけを楽しみにして来た気持ちが伝わるもの。そんなワクワク感をメイクに込めるなら、この春はベリー系ローズがおすすめ

おすすめは、輝きのある発色で大人ムードに仕上がるリップ

150225SHISEIDOメーキャップカラージェルリップバーム

SHISEIDO メーキャップ カラージェル リップバーム 3,850 円(税込)

青みを含んだローズは華やかさ抜群で、かつ肌色を白く見せるという効果も。透明感と輝きのあるベリー系ローズで、主役な春を満喫して。

>>商品詳細を見る



「ビューティジャーナル」3月の注目記事

紫外線対策!UVケア 2020 最前線

「老化の原因の8割は紫外線」と表現する人もいるほど、肌へのダメージが大きいもの。そんな紫外線を正しく防ぐには? 正しい塗り方や注意すべきポイントは? といった素朴な疑問にお答えします。

詳細をチェックする

「なんか素敵」を叶える、ワンランク上のスキンケア

私たちは「ここにできたシミが…」「このシワが…」など“点”を気にしがちですが、周囲から見られているのは“肌全体の印象”です。明るくみずみずしく、フレッシュな印象を与える肌の育て方を考察。

詳細をチェックする

春のあるあるシチュエーション別ベースメイク

ファンデーションを選ぶときの決め手は「肌色に合うか」と「使い勝手のよさ」———そんなあなたは、今すぐ「なりたい肌」をめざすべき! きちんと感からフレッシュ印象まで演出できるベースメイクの使いこなしを、春のシチュエーション別に学びます。

詳細をチェックする

新製品コスメ情報

詳細をチェックする

「キレイになって、おでかけしたくなる」をコンセプトに掲げる情報マガジン「ビューティージャーナル」3月号では、スキンケアで肌悩みを解消し、メイクがもっと楽しくなるビューティー情報をお届けします。

0BJ_logo(2)

ビューティジャーナル
資生堂の通販&美容情報サイト「ワタシプラス」で展開している、ビューティーマガジン。「きれいになって、おでかけしたくなる」を合言葉に、季節に合わせたコスメの選び方や肌悩みのケア方法といった、“今すぐ”知りたい情報をお届けしています。

ワタシプラス by SHISEIDO

Sponsored by 資生堂ジャパン株式会社

文/高見沢里子、image via Shutterstock(画像1〜4枚目)

    specialbanner

    Ranking

    1. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    2. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    3. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    4. 息の仕方が間違っている...。では「正しい深呼吸」って?/呼吸が変わるとラクになる #01

    5. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    6. バリエーションUP、調理時間はDOWN。ごはん作りが楽しくなる「下味冷凍」

    7. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    8. 冷ましてチンでもOK! ご飯は「冷ますだけ」で優秀ダイエットフードに

    9. 体の中が「膨張」してる!? 余分な息を追い出そう/呼吸が変わるとラクになる #03

    10. 体が軽くなる「息の吐き方」/呼吸が変わるとラクになる #02

    1. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    2. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    3. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    4. 冷ましてチンでもOK! ご飯は「冷ますだけ」で優秀ダイエットフードに

    5. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    6. 4時間睡眠が2日続くだけで...。止まらない食欲はホルモンのせいかも

    7. 体の中が「膨張」してる!? 余分な息を追い出そう/呼吸が変わるとラクになる #03

    8. 一見、真逆のイライラとクヨクヨ。実は原因は同じなのです

    9. やせ見え効果も期待。美しいデコルテをつくる「胸筋」のトレーニング

    10. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 【隠れ疲労チェックリスト】 女性が疲れやすい理由とは?

    6. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    7. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    8. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    9. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    10. スクワットよりラク! 下半身引き締めや代謝アップに「ベアースクワット」