1. Home
  2. BODY
  3. 研究でわかった「更年期に負けない方法」。もう閉経はこわくない!

研究でわかった「更年期に負けない方法」。もう閉経はこわくない!

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,072

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

女性

image via shutterstock

女性には必ず閉経がやって来ます。

だからといって、その症状が、みんな同じというわけではありません。のぼせや気分の浮き沈み、睡眠障害に対処しているかどうかにかかわらず、更年期障害は、体を本当にくたびれさせるものなのです。

しかし、ただ苦しみに耐え、全く順調と自分にウソをつく必要はありません。処方薬を試したり食事の内容を切り替えたりして、もっと気分がよくなるような方法も試してみるべき。

ここでは、更年期障害を治療するための最高の治療法試す価値のある代替療法について、いくつかご紹介(しかし、最初にお医者さんに相談して、正しい方法を選んでいるか確認を)。

ホルモン補充療法という選択肢も

薬

image via shutterstock

のぼせのほか、不安症やイライラのような更年期症状を和らげるとなると、ホルモン補充療法が多くの女性にとっては最高の選択肢。ホルモン補充療法薬は、エストロゲンやプロゲステロン(閉経期に劇的に低下します)のレベルを元通りにして、症状を改善してくれます。

『The Menopause Myth』の著者、アリアンナ・ショールズ・ダグラス医師は、「更年期症状で狂いそうになっている患者さんに対応したこともありましたが、そういう人でも、短期間のホルモン補充療法をすると、自分の正気が戻ったように言っておられました」

とはいえ、ホルモン補充療法にはそれに伴うリスク(血栓や心臓病など)も。ですから、医師はより穏やかな選択肢から始めるようすすめることが多いようです。

健康な食事と睡眠が第一

時計

image via shutterstock

食品の中には炎症を引き起こす可能性があるものも。そうした食品は更年期症状を悪化させます。研究によれば、精製された炭水化物の摂取量が多すぎると、閉経後の抑うつ症を悪化させると言います。

何が症状の引き金になっているかを見分けるために、ショールズ・ダグラス医師は、除去食療法を提案しています。除去食療法とは、炎症を起こす食品や食品グループを食事から除くもの。除く食品は、グルテンのほか、乳製品や砂糖、アルコールや大豆など。それらの食品を少しずつ元に戻しながら、それぞれの食品が更年期症状に与える影響を確かめるのです。

また、閉経期に入ってから眠りにつきづらくなったり、ぐっすりと眠れなくなったりしている場合には、就寝前にいつも行うことを改善してみては。就寝直前にはディスプレイ(スマホやテレビなど)を見ないこと毎晩同じ時間に床に就くこと、そして寝室を暗く涼しくしておくようにと、米国保健福祉省(HSS)が勧告しています。

ジムに行って運動する

腹筋

image via shutterstock

定期的にジムに出かけて運動すると、よく眠れるようになるだけでなく、のぼせも改善します。

ある研究によれば、エクササイズをした女性はのぼせの頻度が減少したそう。これは、運動によって体温調節が改善されたため。

運動にはもうひとつのメリットが。運動することでストレスのレベルが下がり、慢性的な炎症を減らすのに役立つと、ショールズ・ダグラス医師。

体の熱を冷ます

氷水

image via shutterstock

のぼせはいつでもどこでも起きてしまいます。だから、それに備えることが大事。水筒に氷水を入れて持ち歩いて、のぼせが起きそうだと感じたらすぐに氷水を飲むとよい効果が。

米国保健福祉省によれば、机やベッドの側に扇風機を置いたり、のぼせそうになったら脱げるように重ね着をしたりするのもよいアイデアです。

市販薬の利用

潤滑ゼリー

image via shutterstock

頭痛や一般的な痛みには、市販の鎮痛剤が大きな助けに。膣の乾燥があるなら、膣の保湿剤が市販されています。2、3日おきに保湿剤を使うと効果的。

セックスをもっと気持ちよくしたいのであれば、セックスの前やセックスの最中に、水性の潤滑剤を使うことを米国保健福祉省が推奨しています。

セラピストのところに行く

会話

自分が大きな転機に置かれているとき、心の健康の専門家と話すことは効果的です。これは閉経のときも同じ。

カナダのある研究によれば、認知行動療法が、抑うつ症のほか、睡眠障害やセックスについての心配などの更年期症状に役立つようです。忘れがちですが、さまざまな研究が示しているように、治療効果が現れるのは治療開始から3か月ほどたってから。

鍼治療にトライ

鍼治療

image via shutterstock

鍼治療は実に強力です。研究によれば、鍼治療を3回しただけで、のぼせや寝汗のような更年期症状が軽くなり、生活の質も向上したといいます(眠りの質の向上によって不安症も減少)。

更年期に負けないために

【閉経クイズ】更年期になると眠れないってホント?

加齢とともに訪れる閉経で起こる体の変化って? 対策をとるためにも、意外と知らない更年期について知っておきましょう。

https://www.mylohas.net/2019/12/203080pvn_menopause2.html

「閉経」っていつ来るの? どうやって気づく? 更年期の基本を知ろう

いつか来ると知ってはいるけれど実際ならないとわからない「閉経」。段階的に進む更年期について知っておきましょう。

https://www.mylohas.net/2020/02/204155pvn_menopause.html

Alice Oglethorpe/How to Cope With Some of the Most Difficult Menopause Symptoms/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbanner

    Ranking

    1. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    2. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    3. 太ってきたときの炭水化物との付き合い方。お米・パン・麺はどう選ぶ?

    4. ダイエットの神降臨。やせない人がまずやるべき超簡単な方法

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. ねじり運動が腹筋に効く! 寝ながらできるエクササイズ

    7. 運動不足解消! 自宅でおなか、おしり引き締めエクササイズ4選

    8. 腹筋をつけて、スラリとのびた脚をつくる。寝ながらピラティス

    9. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    10. 野菜とお肉の栄養バランスよし! ヘルシーな自炊おかず6選

    1. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    2. ダイエット中でもお腹が空きにくい「高タンパク質低炭水化物」おかず5選

    3. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    4. ダイエットの神降臨。やせない人がまずやるべき超簡単な方法

    5. 【クイズ】やせやすい体をつくるなら。腹筋とスクワットどっちがいいの?

    6. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    9. ダイエットの効果をあげるために守りたい、5つの生活習慣

    10. 太りやすくなる食べ方3パターン。管理栄養士が解説します

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    5. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    6. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    7. あなたは大丈夫? ものすごくつまらない人に共通する16の特徴

    8. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    9. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    10. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら

    Prevention