1. Home
  2. HEALTH
  3. マラソン初心者がトレーニングして完走すると血管はどうなる?

マラソン初心者がトレーニングして完走すると血管はどうなる?

Healthday News

2,452

MYLOHAS編集部

ランニング

マラソン初参加で「血管年齢」が若返る?

初マラソンに向けてトレーニングを行い、マラソンを完走した人は、血圧が下がり、加齢により硬くなった大動脈の柔軟性も改善したことが、イギリスの研究で報告されました。これは、「血管年齢」が4歳若返ったことに相当するそうです。

研究では、2016年と2017年のロンドンマラソンで初めてマラソンを完走した健康なランナー138人(男性49%)を追跡しました。ランナーの平均年齢は37歳(21~69歳)で、トレーニングは大会の6カ月前から始め、週に3回程度行いました。

ランニングの距離は、1週間当たり推定で6~13マイル(約10~21km)とのことです。研究チームはトレーニングの開始前とマラソン完走の2週間後に、ランナーの血圧と大動脈の硬化度を調査しました。

高齢者やマラソンタイムの遅い男性にはさらに効果あり!?

マラソンする老人

その結果、トレーニングを6カ月間続けたランナーは、薬物療法に匹敵するほど血圧が下がり、心臓が収縮したときの収縮期血圧(上の血圧)が平均4mmHg、心臓が拡張したときの拡張期血圧(下の血圧)が平均3mmHg低下しました。

また大動脈の硬化度も改善し、肺動脈分岐部にある下行大動脈の伸展性(圧力が加わったときに膨張する血管のしなやかさ)が9%増加していたとのこと。研究チームによれば、この結果は、血管年齢が4歳ほど若返ったことになるそうです。さらに、こうした血管の健康効果は高齢者でより高く、最も効果が高かったのは、マラソンのタイムが遅い男性でした。

研究リーダーは、マラソンの完走という目標を設定することで、運動を継続しやすくなり、健康な食生活や睡眠の質の向上など、生活習慣の改善にもつながることを指摘し、「マラソンに限らず、どんなレベルの運動でも、目標を持って継続的に行うことが健康に有益です」と話しています。

アメリカの専門家によると、定期的な運動で心筋梗塞のリスクが最大50%低下しうることが、さまざまな研究で明らかになっているそうです。それにもかかわらず、運動不足はパンデミックといえるほどアメリカで蔓延しており、「テクノロジーの進歩により、アメリカ人は慢性疾患リスクが高まるという大きな代償を支払っている」と嘆いています。

では、マラソン初心者はどんなことに注意すればよいのでしょう? 米ハーバード大学医学大学院によれば、トレーニング時の注意点は以下の通りです。

  • 運動レベルは、最初は緩やかなものにし、徐々にレベルを上げていくこと。
  • 関節、骨、筋肉に痛みがないか注意すること。使い過ぎによる怪我のサインである場合もあるので、医師に診てもらうこと。
  • 体調が悪いときや疲れがひどいときは休みを取ること。
  • 天候に応じて適切な服装を選び、水分を十分に取ること。

また、専門家によれば、ゴール直前はランナーが脱水症状を起こして血圧や体温が上がっている可能性が高く、ラストスパートは危険な不整脈の原因になる可能性があるため、よいタイムが欲しいと思ってもぐっとこらえるべきだということです。

マラソンは楽しく続けたい

これで“走れる脚”になる! レイヤートレーニング完全版

フルマラソンを走れる脚を作るためのトレーニング法の最終章です。第1弾からここまで進んできたこと自体がすごいこと。辛いトレーニングはきっと裏切らない結...

https://www.mylohas.net/2019/12/203257_nakano_layertraining05.html

健康にいい、適度な運動量ってどのくらい?

よく「健康のためには適度な運動を」というセリフを耳にしますが、この「適度な運動」ってどの程度のことなのでしょうか。たとえば、有酸素運動を何分、週に何...

https://www.mylohas.net/2020/01/206344exercise.html

HealthDay News 2020年1月6日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    Ranking

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    4. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. ヴィーガンメニューは「おいしい」が当たり前。注目のヴィーガンレストランを紹介

    7. 韓国料理を手軽に。コチュジャンで作る栗原はるみさんの「自家製たれ」

    8. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    9. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    10. おやつは食べていい。「体にも心にもいい」簡単手作りスイーツ5選

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    4. 睡眠の質は朝食が左右する。「快眠朝食」の3つのポイント

    5. すくっと立てる、さっとしゃがめる。日常動作をスムーズにする「ハムストリングス」のトレーニング

    6. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    7. 超優秀フェイスマスク5選。早くも始まった乾燥を水分補給で食い止める

    8. 秋。新しいコースを走ってみよう。「ランニングを再開したい人」向けメニュー

    9. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    10. 「ベアーズ式」テクニックで、掃除はもっと楽しくラクになる

    1. 「朝いちの白湯」ちょっと待って。水分を摂る前に、必ずしてほしいこと

    2. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    3. 料理が苦手だった和田明日香さん。たどりついた家族の味「地味ごはん」を紹介

    4. 【更年期まとめ】これからの人にも真っ最中の人にも知ってほしい知識&対処法

    5. 高タンパク低脂質な鶏むね肉には「抗疲労効果」も。1週間、使い回し献立

    6. まずは10回からでOK。鍛えにくい下腹部にアプローチして「ぽっこりおなか」を撃退

    7. 起き上がる前に20秒。血行を促す「お目覚めストレッチ」

    8. 【セルフチェックつき】虫歯やにおい、歯周病は大丈夫? 口をすすぐだけでいろんなことがわかっちゃう

    9. どんな人が「若年性乳がん」になりやすい? 乳がん検診から告知後までを総ざらい

    10. 使いやすさ、洗いやすさ...。絶対に手放せないお気に入りの調理道具2つ

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら