1. Home
  2. BODY
  3. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

9,571

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

シャナン・ドハーティ

Image via Getty Images

  • アメリカの女優、シャナン・ドハーティ(48歳)さんは乳がんを克服して3年近く経ってから、ステージ4で再発したと発表。
  • アメリカの朝のTVニュース番組「Good Morning America」でインタビューに答え、「いろいろな意味でつらい経験だった」と告白。
  • がんの再発について、そして再発のリスクをなるべく下げるためにできることを、がん専門医が説明します。

3年近く前、アメリカの女優シャナン・ドハーティさんは、乳がんが寛解期に入ったとInstagramで発表しました。それが先日、TV番組「Good Morning America」のインタビューで乳がんが再発したことを打ち明けました。しかもステージ4で。

シャナンは、感情の高まりを抑えながらこう言います。「まだ気持ちの整理はついていません。いろいろな意味で苦い事実だから」と。

彼女はなかなか診断を受け入れられなかったそう。「何日も『どうして私なの?』と思った。それから『でも、どうして私じゃない誰かではなく? でも、私以外に誰がふさわしい?』って。ふさわしい人なんて誰もいやしない。でも、とにかく最初に心配したのは、ママや夫に何て言えばいい?ってことだった」と、シャナン。

シャナンは2015年に初めて乳がんだと打ち明け、治療の過程や生活をInstagramで定期的に公表してきました。でも今回は、がんとの戦いをもっとプライベートにしたいそう。

ひとつの理由は、『ビバリーヒルズ高校/青春白書』の出演者のひとり(ディラン役)でリブート作品を撮影中に亡くなった友人、ルーク・ペリーに敬意を表したいと思ったから。

「再発の診断を受けていやな気持ちでいたら、その後に、健康そうに見えた彼が先に亡くなった。本当にショックで、敬意を示すためにも私にできることといったら、番組を続けることくらいだったの」と振り返ります。

シャナンは、まだ仕事ができると証明したいとも思ったといいます。「診断されたからといって、人生が終わるわけじゃない。まだ生活を続けなきゃ」と。

ステージ4の乳がんとは?

乳がん

image via shutterstock

ステージ4とは、乳がんが体のほかの部分、近くのリンパ節や骨、肝臓、肺などに広がってしまっている状態で、治療が難しいことを意味します。米国がん協会(ACS)によると、「治癒はしないと考えられています」

寛解後にがんが再発することがあるの?

がんの治療を受けて、がんが検出されなくなってからしばらく経った後にまた見つかった場合、“再発した”と言います。

最初にがんが見つかった場所に再発することもあるし、別のところで見つかるケースもあります。ACSによると、「がんの治療を完全に終えても、がんが絶対に再発しないとは保証できないのです」

例えば乳がんの場合、治療(放射線や化学療法など)を生き延びたがん細胞があったとすると、それがわずかひとつでも、再発につながる可能性があります。無秩序に増殖、成長して腫瘍を作るからです。

がんが再発するリスクは、そのがんのステージとタイプ(サブタイプ分類)によります、とジャック・ジャクーブ医師(カリフォルニア州ファウンテン・バレーにあるオレンジコースト医療センター・メモリアルケアがん研究所の腫瘍内科医/医学ディレクター)。「普通、医師は治療のタイプについて話し合う第1日目に、再発のリスクについて説明します」(ジャクーブ医師)。

がんの再発リスクは下げられるの?

「何ができるかについて医師がアドバイスします。化学療法や放射線療法など、すべて再発のリスクを下げることにつながります」(ジャクーブ医師)。

何をしようとがんが再発する可能性はありますが、ACSによると、自分でできる範囲で少しは再発を防ぐ助けになりそうなこともあります。

果物、野菜、全粒穀物が豊富な(そして加工肉と赤身肉が少ない)食事をとり、お酒を控え、定期的に運動して健康的な体重を維持するのもそのひとつ。医師に検診をすすめられたら、きちんと続けることも大切です、とジャクーブ医師。

シャナンにはつらい診断でしたが、再発を自らすすんで公表することで同じような経験をしている人たちを激励したいと願っているそう。

「今いちばんしたいのは、人に影響を与えたいということ。ただの私個人として、というよりもっと大きなことで記憶していてもらいたい」

乳がんのことをもっと知る

乳がん検診。マンモグラフィ検査の結果の見方

マンモグラフィの検査結果には、専門的な用語が多く使われ、戸惑う事も少なくありません。ここではその中でも、知っておきたい7つの専門用語を詳しく解説しま...

https://www.mylohas.net/2020/02/207692pvn_mammogram.html

乳がんのセルフチェック。しこり以外に注意するポイントは?

乳がんのサインといえば「しこり」。でも、くぼみや痛み、腫れや分泌物など他のサインにも気づくことが大切。早期発見した女性の例を紹介します。

https://www.mylohas.net/2020/01/206243pvn_breastcancer.html

Korin Miller/Shannen Doherty’s Breast Cancer Has Returned At Stage 4. Why Does Recurrence Happen?/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbanner

    Ranking

    1. お尻を持ち上げるだけ。コアを鍛える寝たままエクササイズ

    2. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    3. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    4. 外出禁止になったら運動はどうする? アメリカの事情を聞いた

    5. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    6. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    7. すきま時間で猫背を改善。−5歳の後ろ姿をつくる、簡単筋トレ

    8. ぜい肉を振り落とせ! 家で運動不足を解消できるエクササイズDVD6つ

    9. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    10. がんリスクを下げる食材がずらり集合! 3月の人気記事ランキングTOP10

    1. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. ダイエットの神降臨。やせない人がまずやるべき超簡単な方法

    4. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    7. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    8. 太ってきたときの炭水化物との付き合い方。お米・パン・麺はどう選ぶ?

    9. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    10. ダイエット中でもお腹が空きにくい「高タンパク質低炭水化物」おかず5選

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    5. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    6. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    9. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    10. ダイエット中でもお腹が空きにくい「高タンパク質低炭水化物」おかず5選

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら

    Prevention