1. Home
  2. EAT
  3. エリザベス女王はステーキが好き。毎日の食生活を覗き見!

エリザベス女王はステーキが好き。毎日の食生活を覗き見!

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,955

Seina Ozawa(翻訳)

エリザベス女王

  • 元英国王室専属シェフのダレン・マクグレイディさんが、エリザベス女王のお気に入りレシピを動画で再現。
  • マクグレイディさんが紹介するのは「ゲーリックステーキ」の作り方。女王がお好きな焼き加減は「ウェルダン」なんだそう。
  • 「女王は料理にサプライズを求める方ではありません」と明かしています。

ニンニクが嫌いで、よく焼けたお肉が好きな方といえば?

実は、英国王室のエリザベス女王のことなんです。英国王室の専属シェフとして15年間勤務したダレン・マクグレイディさんによると、女王はあまり食通ではなく、「食べるために生きるというより、生きるために食べる」という姿勢なんだそう。いくつかの伝統的な料理をローテーションで食べるのがお好きだといいます。

女王陛下のお気に入り料理は?

マクグレイディさんはレシピサイト「Delish」の動画で、女王のお気に入り料理のひとつ、「ゲーリックステーキ(Gaelic steaks)」の作り方を紹介してくれています。

動画の中では、牛のテンダーロインを使っていますが、女王は鹿肉のステーキを好んで食べていたそう。肉を塩こしょうで味付けした後、バターとオイルを使っていきます。

マクグレイディさんはここで、女王はしっかり火の通った焼き加減が好みと明かしてくれました。「私たちシェフは、ミディアムレアに仕上げるのが常です」と語るマクグレイディさん。「ですから、女王のステーキを焼くときは、十分に焼き目をつけて、ウェルダンに仕上げることが非常に重要でした」。

プライムリブやリブロースがメインのときは、必ず最初に焼き上げた、外側がしっかりと焼けている1枚を召し上がっていたとのこと。

ゲーリックステーキって何?

このステーキが「ゲーリック」と呼ばれる由来は、ソースにあります。ゲーリック(ゲール語)はアイルランドの公用語です。ですから、本格的な味を引き出すためには、アイリッシュウイスキーが欠かせません。オイルとバターを足して玉ねぎとマッシュルームを炒めた後、アイリッシュウイスキーをフランベします。クリームを加え、沸騰したらしばらく煮詰めます。

「女王は料理にサプライズを求める方ではありません」と話すマクグレイディさん。女王はシェフが厳選したメニュー表の中からその日の料理を選びますが、定番メニューの中には、クラシックチョコレートケーキなど、ヴィクトリア女王の時代から作られているものもあるといいます。

「ときどき、外出先から帰ってきた女王から、『こんな料理を食べて、レシピをもらったの。これを作ってくださる?』とお願いされることもありました。そんなときは、新たに試行錯誤する必要がありました」

ステーキ

image via shutterstock

マクグレイディさんによると、女王は王室の領地で栽培されたものを好んだとのこと。マクグレイディさんが勤務していたバルモラル城の庭で採れた野菜もよく使っていました。ゲーリックステーキの付け合わせは、クリームとバターがたっぷり入ったパースニップ(サトウニンジン)とポテトのマッシュ。ベビーキャロットも添えます。

「カロリーは気にする必要はありませんでした」とマクグレイディさんは説明します。女王のお皿が料理でいっぱいになることはなかったそう。女王は「小食」で、小盛りの料理が好みなんだとか。また、でんぷん(炭水化物)は普段は摂らず、人と食事するときにだけ食べていたといいます。

女王とは反対に、ウィリアム王子とハリー王子は、少なくとも子どもの頃は、マクグレイディさんが作った料理は何でも気に入ってくれたよう。マクグレイディさんはDelishの別の動画で、ウィリアム王子とハリー王子も大好きなコテージパイの作り方も公開しています。英国王室で100年以上もの間受け継がれているレシピだそうです。

気になるセレブの食生活

有名女優もやめた過酷なダイエット。かわりに効果が出たのは……

炭水化物を制限するケトダイエットは継続が難しい? 女優ミラ・ジョヴォヴィッチもやめてしまった、ケトダイエットの利点と欠点を栄養の専門家が指摘。

https://www.mylohas.net/2019/05/190907pvn_keto.html

体重を減らすベストな方法は? ビヨンセの失敗から学ぼう

コーチェラの舞台に立つため、厳格なダイエットに挑んだビヨンセ。さまざまな食材を制限するその食事法は、産後の体には負担が大きいと、栄養士は警鐘を鳴らし...

https://www.mylohas.net/2019/05/190410pvn_beyonce.html

Kayla Blanton/Only Queen Elizabeth Could Get Away With Hating Garlic and Loving Well-Done Steak/Seina Ozawa(翻訳)

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    5. あなたは大丈夫? ものすごくつまらない人に共通する16の特徴

    6. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    7. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    8. 背骨、股関節がすっきり! 座ったまま簡単ストレッチ

    9. 一歩進んだアーユルヴェーダ美容!塗って寝るだけナイトパック&1本で3役のボディソープ【プレゼント】

    10. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    7. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    8. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    9. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    10. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    9. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!