1. Home
  2. BODY
  3. 「雨上がりの花粉」に要注意! 従来の花粉対策にプラスするといいもの

「雨上がりの花粉」に要注意! 従来の花粉対策にプラスするといいもの

花粉症対策2020

田邉愛理

花粉症の女性

いよいよ花粉シーズンの到来です。2020年の花粉飛散量は“やや少なめ”と予測されますが、都心や交通量の多い場所が生活圏という人は要注意。「エステー」の研究から、都心の花粉事情と対策についてお伝えします。

2020年の花粉飛散量は?

スギ花粉

日本気象協会の予測では、2020年の花粉飛散量は例年比70%の“やや少なめ”。夏の降水量が多く、気温が低かったことの影響で、花粉飛散量が多かった2019年とくらべると約50%ほどだといわれます。

しかし油断は禁物。じつは都市部の花粉症は、花粉の量が少なくても症状が悪化しやすいというのです。

大気汚染で花粉症が悪化する

都心の花粉事情

花粉アレルゲンを研究する王青躍教授(埼玉大学大学院 理工学研究科)によると、都市部の花粉症が手強いのは大気汚染が原因です。花粉は表面に大気汚染物質がつくことで、表面に傷がつき、水分などを吸収することで膨張し爆発します。

花粉を吸い込むメカニズム

爆発した花粉は元の30分の1ほどの小さな粒子となるため、より体内に侵入しやすくなるそう。さらに化学反応も引き起こし、アレルギー性が高まるといいます。

「雨上がりの花粉」に要注意

雨上がり

こうした花粉の特徴から考えると、花粉症の悪化にとくに注意したいのは、雨上がりのタイミングです。花粉に水が浸透してから破裂するまでの時間は、約4分。雨が降り始めて5分もすると、花粉が破裂してしまいます。

雨があがった後、晴天となった場合、空気中には破裂した花粉が増えていくと王教授は語ります。

王教授

王教授

雨があがって乾燥した後に車が通ったり風が吹いたりすると、花粉が再飛散するのです。 アスファルトで舗装された道路では、一度落ちた花粉も舞い上がります。

雨上がりのしっとりした空気は体にやさしいような気がしますが、花粉症の時期は別。しっかりガードしたほうがよさそうですね。


ミストやアロマで花粉対策を

MoriLabo 花粉バリアスティックの使用イメージ

都市部で花粉症の症状を抑えるためには、花粉をいかに避けるかが大きなポイント。ミスト状のイオンを振りかけることで花粉から肌を守る資生堂の「IHADA アレルスクリーン」など、従来の花粉対策に“プラスオン”するアイテムも増えてきました。

ニューフェイスとして気になるのは、花粉のアレル物資の働きを抑制するというトドマツのアロマを活用したアイテムです。

MoriLabo 花粉バリアスティック

MoriLabo 花粉バリアスティック 1,078円(税込)※店頭想定価格

王教授がエステーとの共同開発で特許を取得した「MoriLabo 花粉バリアスティック」 は、花粉をマツ科モミ属の樹木であるトドマツの香りでコーティングし、アレル物質の働きを低減する(※)というもの。マスクの外側に塗るだけという手軽さも魅力です。

トドマツの香り成分そのものには、大気汚染によってパワーアップした花粉にも効果があるとのこと。今後の展開にも期待できそうです。

今年こそ、花粉で悩まない!

花粉症対策に「にごり酢」を! 専門家が話すすごいパワー

日本の国民病ともいわれる花粉症。実は、身近な調味料である「お酢」を活用することで、つらい鼻づまりなどの不快感が改善できるかもしれません。お酢作りに欠...

https://www.mylohas.net/2020/01/204457hayfever.html

今年の花粉症対策。花粉量は例年よりも少ない? 多い?

「今年の花粉症対策」について、女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。気になる花粉飛散量の予測は? おすすめの対策方法は? 花粉症って治るの...

https://www.mylohas.net/2020/01/strategy63.html

エステー

※「MoriLabo 花粉バリアスティック」に約10%配合されているトドマツオイル原体は、スギ花粉をコーティングすることにより、アレル物質の働きを低減するという研究成果が報告されています。

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    5. あなたは大丈夫? ものすごくつまらない人に共通する16の特徴

    6. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    7. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    8. 背骨、股関節がすっきり! 座ったまま簡単ストレッチ

    9. 一歩進んだアーユルヴェーダ美容!塗って寝るだけナイトパック&1本で3役のボディソープ【プレゼント】

    10. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    7. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    8. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    9. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    10. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    9. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!