1. Home
  2. EAT
  3. 冷蔵庫の常備品に塩麹! 合わせるだけ&栄養たっぷりの鶏レシピ

冷蔵庫の常備品に塩麹! 合わせるだけ&栄養たっぷりの鶏レシピ

最年少スーパーフードマイスターLilyが注目する、ニッポンのスーパーフード

5,486

Lily

最年少トップスーパーフードマイスターの、Lilyこと及川凜々子です。(公式LINEにてレシピの最新情報をお届けしています!)

鶏肉とじゃがいもの塩麹和え

さて、今回のジャパニーズスーパーフードは「塩麹」です。

どこのスーパーでも購入できますし、一時期ブームにもなったので常備している方も少なくはないと思います。仕事が終わり家に帰ってくると待ち構えているのが「夕食作り」。

最近は温かいシチューやカレー、スープや鍋ばかりになってしまい、「何か食卓が物足りないな……」と感じることが多くありました。パパッと副菜を作ろうと思うのですが、冷蔵庫にはあまり材料が揃っておらず……。そんなときにうれしいのが、このレシピ。

他の料理と並行して簡単に作れてしまう、栄養たっぷりの「鶏肉とじゃがいもの塩麹和え」です。塩麹のおかげで、鶏肉がやわらかくなるだけでなく栄養価もアップします。

ではさっそくレシピをご紹介します。

合わせるだけで完成の時短レシピ。鶏肉とじゃがいもの塩麹和え

鶏肉とじゃがいもの塩麹和えのレシピ

和と洋で正反対に感じる塩麹とハーブですが、これが実はとっても合うんです。

冷蔵庫に常に入っている鶏肉とじゃがいもに、アスパラを合わせるだけでできてしまう時短レシピ。味付けを塩麹とハーブですることによって、おいしいだけでなくヘルシーな一品に仕上がります。

食卓に何か足りない……というときにぴったり!

<材料>2人分

  • 鶏肉(今回はモモ肉を使用) 1枚
  • 玉ねぎ 1/4つ
  • 塩麹 大さじ4
  • 乾燥ハーブミックス(バジルやローズマリーのみでも可) 大さじ1
  • コショウ お好みで
  • じゃがいも 小4つ
  • アスパラガス 2本
  • オリーブオイル
  • ごま油

<レシピ>

  1. 鶏肉をひと口サイズにカットし、玉ねぎを薄くスライスする。
  2. ポリ袋に鶏肉と玉ねぎを入れてよく揉んで、15分以上味を染み込ませておく。
  3. じゃがいもをくし形に、アスパラを斜めに切り、電子レンジで2分間加熱する(もしくは固めに茹でる)。
  4. フライパンにオリーブオイルをひき、2の鶏肉を投入して炒める。この時、袋に残った塩麹も最後まで出して使います。
  5. 火が通ったらじゃがいもとアスパラガスも一緒に炒め、鶏肉に焦げ目がつきじゃがいもに火が通ったら完成。
  6. 最後にごま油をたらしてできあがり。

ジャパニーズ・スーパーフード Vol.3 塩麹

塩麹

塩麹が「ジャパニーズスーパーフード」として認定されている大きな理由は、ずばり塩麹に含まれる酵素にあります。酵素は食べ物の消化を促し、腸内の善玉菌の量を格段に増やしてくれます。

また、塩麹はなぜお肉をやわらかくしてくれるのか? それは、塩麹に含まれる「プロアテーゼ」という酵素がタンパク質を分解するから。これはヨーグルトに含まれる乳酸菌よりも強い働きを持っています。

塩麹は栄養だけでなく味の面でもプラスしてくれる、とっても優秀なジャパニーズスーパーフードなのです!

麹は奥深い!

ちょっと待って! トマトは「やさい麹」にすれば最強の発酵食になる

発酵食品の中で最も日本人の体質に合っている麹。予防内科医が教える最強の発酵食「やさい麹」で毎日の食卓に取り入れましょう。

https://www.mylohas.net/2019/10/200408book_yasaikouji.html

さつまいも・塩麹・はちみつ。腸内環境を整える食材たっぷりのいもようかん

腸活にぴったりなおいしいおやつ、「塩麹いもようかん」のレシピを管理栄養士のコメント付きでご紹介。発酵食品である塩麹、オリゴ糖が豊富なはちみつ、食物繊...

https://www.mylohas.net/2019/10/199912diet_recipe.html

Lilyが注目する、ニッポンのスーパーフードをもっとみる

最年少スーパーフードマイスター、Lilyのノーギルティー!フードを読む


    Ranking

    1. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    2. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    3. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    4. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    5. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    6. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    7. ふるふる、しゅわしゅわの食感に癒やされる「台湾カステラ」

    8. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    1. 洋風アレンジも自在。万能「白菜」の絶品スープレシピ4選

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. お弁当箱愛好家に聞いた「お弁当箱の選び方」&「おすすめお弁当箱 15選」

    4. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    5. 野菜は「茹で過ぎ」こそおいしい。飛田和緒さんの新しい野菜料理

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    8. 元気がよみがえる。まじめな頑張り屋さんは「ボーンブロススープ」を続けてみて

    9. 二の腕を伸ばすだけで、気持ちよく姿勢改善。巻き肩さんのストレッチ

    10. 【プレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    1. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    2. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    3. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    4. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    5. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    6. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    9. 月に一度「ノープランの日」を予定しておくべき理由。休暇を「本物の休暇」として使うコツ

    10. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら