1. Home
  2. BODY
  3. 寝不足で頭が働かないと感じるのは気のせい?

寝不足で頭が働かないと感じるのは気のせい?

Healthday News

3,727

MYLOHAS編集部

睡眠

寝不足が脳に与える影響は深刻

寝不足で頭が働かないと感じるのは、気のせいではないようです。睡眠不足がもたらす脳への影響は、これまで考えられていたよりもはるかに深刻であることが、アメリカの研究で示されました。睡眠不足が認知機能に与える影響は注意力だけにとどまらず、難度の高い作業の遂行を妨げて、思ったより大きな危険を招く恐れがあることが分かったということです。

今回の研究では、計138人の参加者のうち、77人にはひと晩中眠らず起きていてもらい、61人には自宅で普段通りの睡眠を取らせて、実験当日の夕方と翌朝に認知機能に関するテストを2つ行いました。

1つは「注意力」で、光に反応してボタンを押すまでの時間で評価。もう1つは「プレイス・キーピング」の能力、つまり複数の手順を踏む作業の途中で作業を中断されても、目的のタスクを完了できることで、これについての評価も行いました。研究規模はこの分野では最大級でした。また、睡眠不足がプレイス・キーピングに与える影響を検討した研究は、今回のものが初めてでした。

その結果、睡眠不足のグループでは、作業中断後にプレイス・キーピングのエラーを起こす割合は、実験当日の夕方には15%だったのに対し、翌朝には30%と2倍に上昇していました。一方、自宅で普段通りに眠ったグループでは、実験当日の夕方と翌朝でエラーを起こす割合に変化は見られませんでした。

1回の睡眠不足で不注意ミスは3倍、プレイス・キーピングのエラーは2倍に

仕事のミス

研究リーダーは「不注意でミスが起こる割合は睡眠不足で3倍に上りましたが、プレイス・キーピングのエラーが起こる割合も2倍になりました。これは驚くべき結果です」と語り、「睡眠不足になると、何をするにも十分に注意する必要が出てきます。

でも、注意さえしていれば大きなミスなど起こさない、などと考えてはいけません。とりわけ運転の際は、そうしたミスが悲劇的な結果につながることが少なくないのです」と警鐘を鳴らしています。

共著者のひとりは「研究結果は、睡眠不足が認知機能に与える影響は注意力に限られるという一般的な見方を覆すものです。睡眠不足でも、日常的な作業―例えば、医師なら体温や血圧の測定は、普通に行えるかもしれません。しかし、いくつかの手順を踏む必要がある医療行為であれば、睡眠不足の状態だと、ミスを犯す危険性は予想していたよりもはるかに高いと考えられます」と説明しています。

研究リーダーも「睡眠不足は、仕事や生活のあらゆる面に多大な損失をもたらすことを知っておくべきです」と注意を促しています。(ヘルスデーニュース 2019年11月26日)

十分な睡眠をとるには?

深い眠りが脳の大掃除をしてくれる!?

眠ることで脳の老廃物が排出されているという実験結果が明らかになりました。これからさらに、睡眠のメカニズムについて解明されて行くかもしれません。

https://www.mylohas.net/2020/01/204967hld_sleep.html

睡眠の研究者が見出した「眠りの質を高める5つの鉄則」

睡眠の研究者は、ぐっすり眠るためにどのような工夫をしているのでしょう? Fitbitの睡眠研究リーダーに聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/12/204531pvn_sleep.html

HealthDay News 2019年11月26日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    2. 寝たまま脚パタパタで腹筋しっかりつく! 簡単エクササイズ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    5. やさしい甘さが和食やパンにも合う。100%米麹の甘味料

    6. すきま時間で猫背を改善。−5歳の後ろ姿をつくる、簡単筋トレ

    7. お肉なしでもおいしい! 野菜たっぷり洋食おかず10選

    8. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    9. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    10. 便秘、肌荒れ、肥満...どれも新型栄養失調かも。カリスマ管理栄養士が解説

    1. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    4. 気づかないうちに進行する「高血圧」。要因と正常に戻す方法は?

    5. ダイエットの神降臨。やせない人がまずやるべき超簡単な方法

    6. 自分をダメにする悪習慣から抜け出そう! すぐできる89の方法

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 太ってきたときの炭水化物との付き合い方。お米・パン・麺はどう選ぶ?

    9. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    10. もう便秘で悩まない! 爽快なお通じのコツとは?

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    4. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    5. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    6. 意外とやっている睡眠のNG習慣。6時間睡眠は脳の老化を速める?

    7. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    8. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    9. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    10. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら

    Prevention