1. Home
  2. EAT
  3. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

Healthday News

8,870

MYLOHAS編集部

チョコレート

ダークチョコを毎日食べると認知機能がアップ!

ダークチョコレートを毎日食べると、神経成長因子(NGF)というタンパク質が増加して認知機能も向上するという研究結果が島根大学から報告されました。チョコレートの摂取をやめた後も、認知機能の高い状態がしばらく続くそうですが、ホワイトチョコレートにはこの効果はないそうです。

この研究では、島根大学の健康な学生20人(20~31歳、男性14人)を対象として、ランダムに10人ずつ2群に分け、一方にはカカオパウダーを含むダークチョコレート1日24g、もう一方にはカカオを含まないホワイトチョコレート1日24.5g(この群では2人が途中脱落)、30日間毎日食べてもらいました

期間中、カフェイン入り飲料は1日3杯までとし、研究以外のチョコレートの摂取も禁止しました。認知機能および血中NGF濃度は、摂食期間前、摂食期間終了時、そしてカカオ成分であるテオブロミンの血中濃度が通常レベルに戻ると考えられる摂食期間終了から3週間後の計3回測定しました。

認知機能の測定方法は2種類です。テスト1は、「赤」、「黄」、「青」、「緑」の漢字を、それぞれの読みとは必ずしも一致しない赤、黄、青、緑の色で印刷しておき、これを見せて文字の「読み」または「色」を瞬時に答えるというもの。

テスト2は、600個のランダムに並んだ0~9の数字から、指示された数字(1回目は1つの数字、2回目は2つの数字、3回目は3つの数字)を1分以内になるべく多く斜線で消すというもので、間に1分間の休憩を挟んで行われました。

ダークチョコレートをやめた後も効果は続く!?

チョコレート

さて、測定結果を時系列で見てみましょう。

まず、摂食期間前の認知機能と血中NGF濃度は両群で同じでした。次に摂食期間終了時には、ダークチョコレート群では、NGF濃度とテスト1の「読み」の正答数が統計的に有意に増加していました。またテスト2の3回目の正答数も増加していたのです。ところが、ホワイトチョコレート群では変化はありませんでした。

続いて摂食期間終了から3週間後の結果です。

ダークチョコレート群ではNGF濃度は摂食期間前のレベルに戻っていましたが、認知機能は引き続き高い状態を維持していました。テスト1の「色」の正答数も、ダークチョコレート群では摂食期間前より増加していました。同時に測定したテオブロミン血中濃度は、ダークチョコレートの摂食期間中のみ有意に高かったのですが、摂食期間終了後は開始前のレベルに戻りました。

研究チームは「毎日ダークチョコレートを食べると血中のNGFとテオブロミンの濃度が上昇し、認知機能が向上しました。摂食期間終了後、NGFとテオブロミンの値が開始前に戻った後も高い認知機能が維持されたことは興味深く、関係する分子メカニズムを解明する必要があります」と語っています。

チョコレートを健康的なおやつに

高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

甘いものは食べると体重が気になりますが、専門家おすすめの健康でヘルシーなおやつなら大丈夫!無理せず甘いものを楽しみましょう。

https://www.mylohas.net/2020/01/205246pvn_sweetsnacks3.html

食物繊維たっぷりなヘルシーおやつ。全粒粉で作るチョコバナナブレッド

お菓子づくりに欠かせない白砂糖やバターを一切使用しない、ヘルシーチョコバナナブレッドのレシピをご紹介。家やスーパーにある材料で簡単にできます。

https://www.mylohas.net/2019/11/202729chocolate-banana-bread.html

HealthDay News 2019年12月9日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    Ranking

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. 幸せになるスケジュールアプリの使い方。「予定」を入れるだけでは足りません

    3. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    4. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    5. 股関節にしっかり効くストレッチ。歩く、走るがスムーズに

    6. 2021年12月1日〜14日の運勢 【LUAの12星座占い】

    7. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    8. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    1. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    2. わが家の「いつものあれ」。名もないおかず「鶏肉と大根を煮たもの」

    3. 寒い季節こそ代謝アップのHIITを。体ポカポカ、脂肪燃焼効果も続く

    4. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    5. パスタにはバターと柚子をまるごと1つ。旬を味わう寿木けいさんのシンプルレシピ

    6. 人気料理家ウー・ウェンさんが指南。100gの小麦粉で作るアジアングルメ「ガーダスープ」

    7. マツキヨココカラの「ロカボ菓子」、本当においしいのはどれ? 試食会の結果を発表します

    8. 座ったままでOK。「ねじりの椅子ヨガ」で代謝&血流アップ

    9. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    10. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    1. ぽっかぽかでぬっくぬく。とんでもない冷え性ライターが「幸せな眠り」につける寝具を見つけた

    2. 有元葉子さんの「カルボナーラ」の作り方。生クリームいらずで失敗しらず

    3. 足先が冷える人は試して。すねの筋肉「前脛骨筋」を伸ばして毛細血管の血流アップ

    4. クヨクヨ・モヤモヤは「脳の癖」のせい。堂々巡りを抜け出すには?

    5. 残ったごはんも美味しくいただく、5つの白米アレンジメニュー

    6. 「玄米菜食」が体に合わない人もいます。体に冷えを感じたらしたいこと

    7. 不安や怒りでいっぱいになったときに、明るい気持ちになる方法

    8. 【早めに大掃除】驚くほど汚いかも!? 「忘れがちな場所」をピカピカにして気分爽快

    9. 里芋の「ぬめり」は落とす? 落とさない? 栄養効率を高める食べ方

    10. どん底にいた私が「人生楽しい」と思えるようになるまでにした5つのこと/描き子さんインタビュー

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら