1. Home
  2. EAT
  3. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

Healthday News

7,947

MYLOHAS編集部

チョコレート

ダークチョコを毎日食べると認知機能がアップ!

ダークチョコレートを毎日食べると、神経成長因子(NGF)というタンパク質が増加して認知機能も向上するという研究結果が島根大学から報告されました。チョコレートの摂取をやめた後も、認知機能の高い状態がしばらく続くそうですが、ホワイトチョコレートにはこの効果はないそうです。

この研究では、島根大学の健康な学生20人(20~31歳、男性14人)を対象として、ランダムに10人ずつ2群に分け、一方にはカカオパウダーを含むダークチョコレート1日24g、もう一方にはカカオを含まないホワイトチョコレート1日24.5g(この群では2人が途中脱落)、30日間毎日食べてもらいました

期間中、カフェイン入り飲料は1日3杯までとし、研究以外のチョコレートの摂取も禁止しました。認知機能および血中NGF濃度は、摂食期間前、摂食期間終了時、そしてカカオ成分であるテオブロミンの血中濃度が通常レベルに戻ると考えられる摂食期間終了から3週間後の計3回測定しました。

認知機能の測定方法は2種類です。テスト1は、「赤」、「黄」、「青」、「緑」の漢字を、それぞれの読みとは必ずしも一致しない赤、黄、青、緑の色で印刷しておき、これを見せて文字の「読み」または「色」を瞬時に答えるというもの。

テスト2は、600個のランダムに並んだ0~9の数字から、指示された数字(1回目は1つの数字、2回目は2つの数字、3回目は3つの数字)を1分以内になるべく多く斜線で消すというもので、間に1分間の休憩を挟んで行われました。

ダークチョコレートをやめた後も効果は続く!?

チョコレート

さて、測定結果を時系列で見てみましょう。

まず、摂食期間前の認知機能と血中NGF濃度は両群で同じでした。次に摂食期間終了時には、ダークチョコレート群では、NGF濃度とテスト1の「読み」の正答数が統計的に有意に増加していました。またテスト2の3回目の正答数も増加していたのです。ところが、ホワイトチョコレート群では変化はありませんでした。

続いて摂食期間終了から3週間後の結果です。

ダークチョコレート群ではNGF濃度は摂食期間前のレベルに戻っていましたが、認知機能は引き続き高い状態を維持していました。テスト1の「色」の正答数も、ダークチョコレート群では摂食期間前より増加していました。同時に測定したテオブロミン血中濃度は、ダークチョコレートの摂食期間中のみ有意に高かったのですが、摂食期間終了後は開始前のレベルに戻りました。

研究チームは「毎日ダークチョコレートを食べると血中のNGFとテオブロミンの濃度が上昇し、認知機能が向上しました。摂食期間終了後、NGFとテオブロミンの値が開始前に戻った後も高い認知機能が維持されたことは興味深く、関係する分子メカニズムを解明する必要があります」と語っています。

チョコレートを健康的なおやつに

高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

甘いものは食べると体重が気になりますが、専門家おすすめの健康でヘルシーなおやつなら大丈夫!無理せず甘いものを楽しみましょう。

https://www.mylohas.net/2020/01/205246pvn_sweetsnacks3.html

食物繊維たっぷりなヘルシーおやつ。全粒粉で作るチョコバナナブレッド

お菓子づくりに欠かせない白砂糖やバターを一切使用しない、ヘルシーチョコバナナブレッドのレシピをご紹介。家やスーパーにある材料で簡単にできます。

https://www.mylohas.net/2019/11/202729chocolate-banana-bread.html

HealthDay News 2019年12月9日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    2. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    3. 「美魔女」は一日にして成らず。意外な美の秘訣とは

    4. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    5. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    6. 料理家・有元葉子さんが85の「今さら聞けない料理のこつ」を解決!

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 夏の常備菜作りは慎重に。「食中毒予防」の3原則

    9. 2020年8月10日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    10. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    3. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    4. イライラやアレルギー症状も。体内の「油バランス」の悪化が原因?

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    8. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    9. マスク、運動不足...。リスクが高まるコロナ禍の熱中症対策

    10. なぜ「劣化」という言葉が使われるのか。嫉妬心の裏返し?

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    3. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    4. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    5. 女優はなぜ太らない? なりきるだけの「やせメンタル」ダイエット

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. 毛穴・小ジワ・テカリをまるっと解決「魔法の化粧下地」。これはリピです!

    8. 内臓脂肪と皮下脂肪は別もの。それぞれの効果的な減らし方は?

    9. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    10. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら