1. Home
  2. MIND
  3. メイク、ファッション、言葉遣い…年齢不相応だといちばん残念なのは?

メイク、ファッション、言葉遣い…年齢不相応だといちばん残念なのは?

あなたの「もったいない度」診断

1,732

TETUYA

目をふせる女性

知識も経験も豊富で一見完璧に見える女性。しかしその中に、ふと垣間見える言葉遣いや身だしなみ、仕草、コミュニケーションで損している、「なんかもったいない!」と感じる女性が意外と多いこと、ご存じですか?

この連載では、そんな残念ポイントを自分なりにチェックでき、読者のみなさんが真の大人女性に近づくための手ほどきができればと思っています。

歳を重ねても、若い時から変化してない女性はもったいない

年齢を重ねるごとに、容姿も中身も変わってくるのが普通ですよね。僕は、気持ちだけは中学生のときのような、純粋でキラキラした気持ちのままでいたいと勝手に思ってるんですけどね(苦笑)。

傍から見てて、歳を重ねても若い時から全く変化してない、もったいないと思う女性がいます。僕のまわりにも、実際いて、ほんと残念です(苦笑)。

今回はそんな女性にならないために、第一印象に影響するという理由で最優先に変えるべきポイントについてお話しします。

Q. 年齢を重ねるとともに、いちばん変えなければいけないのは?

下の回答の中から、あなたなら、どれを選びますか?

  1. 言葉遣い
  2. メイク
  3. ファッション

このあと、それぞれの回答について、僕なりのコメントをしたいと思います。

1.「言葉遣い」を選んだあなた

年齢を重ねても、いまだに「マジウケる」「これ神」のような若者言葉を使う女性はいます。もちろん、素敵な大人の女性になるためには、きれいな言葉遣いはマストな要素だとは思います。

しかし、意外と言葉遣いはその人のキャラクターしだいで許せるということもあります。なので、これは最優先という視点からいうと不正解。

2.「メイク」を選んだあなた

メイクをする女性

メイクも、年齢とともに変化していかなければいけない要素。目のまわりを黒のアイラインでがっつり囲ったり、眉を細くしたりなど、ちょっと昔流行ったメイクを今だにしている女性もいます。

ただ、「最優先」「第一印象」という視点からいうと、メイクのわからない男性には興味のないポイントなので、これも不正解。

3.「ファッション」を選んだあなた

ミニスカートからのぞく足

これが正解。そう、第一印象に影響するのは、いちばん視界に入ってくる面積が広いファッション。歳を重ねても、若い時のファッションから変えられない人っていませんか?

僕のまわりにもいます。わかりやすく例えるなら、ソコソコの年齢なのに、ミニスカートでがっつり足を見せてる女性とか。足に自信があるのはわかりましたから、と言いたくなります(苦笑)。もちろん本人には言いませんが、陰ではみんな「あの人、ファッションさえ変えれば素敵なのにね」と口を揃えて言ってますから(苦笑)。

そのブランドはターゲット年齢を変えないけど、彼女はそのブランド愛が強すぎて、自分がそのターゲットから外れているのがわかってない結果なんでしょうね。ファッションについて指摘するのはなかなかセンシティブで、同性であっても指摘するのが難しいものです。

一度、自分のファッションが年相応かどうか振り返った方がいいと思います。若いのに、あまりに大人びた服を着るのもしかりですよ。

ファッションは、おしゃれにうとい男性でも「なんか違うよね」と気付くポイントですから、ちょっと気をつけましょう。

>>あなたの「もったいない度」診断を見る

大人のお悩み解決メイク

厚塗りせずにシミやくすみを隠す、ファンデーションの塗り方&選び方

厚塗りはしたくないけど、隠したいものは年々増えていく……そんな大人肌を、いい感じに垢抜けた印象に仕上げるには、どんなファンデーションを選べばいいので...

https://www.mylohas.net/2020/01/205427beauty_qa14.html

大人が目指すべき眉は「まろやかな眉」。注意すべきは○○と○○

大人が落ち着ける眉のスタイルってどんなものなのでしょうか。ヘア&メイクアップアーティストの岡野瑞恵さんが解決します。MYLOHAS読者の、ニッチな美.....

https://www.mylohas.net/2019/12/204315.html

image via Shutterstock

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    5. あなたは大丈夫? ものすごくつまらない人に共通する16の特徴

    6. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    7. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    8. 背骨、股関節がすっきり! 座ったまま簡単ストレッチ

    9. 一歩進んだアーユルヴェーダ美容!塗って寝るだけナイトパック&1本で3役のボディソープ【プレゼント】

    10. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    7. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    8. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    9. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    10. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    9. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!