1. Home
  2. MIND
  3. メイク、ファッション、言葉遣い…年齢不相応だといちばん残念なのは?

メイク、ファッション、言葉遣い…年齢不相応だといちばん残念なのは?

あなたの「もったいない度」診断

2,194

TETUYA

目をふせる女性

知識も経験も豊富で一見完璧に見える女性。しかしその中に、ふと垣間見える言葉遣いや身だしなみ、仕草、コミュニケーションで損している、「なんかもったいない!」と感じる女性が意外と多いこと、ご存じですか?

この連載では、そんな残念ポイントを自分なりにチェックでき、読者のみなさんが真の大人女性に近づくための手ほどきができればと思っています。

歳を重ねても、若い時から変化してない女性はもったいない

年齢を重ねるごとに、容姿も中身も変わってくるのが普通ですよね。僕は、気持ちだけは中学生のときのような、純粋でキラキラした気持ちのままでいたいと勝手に思ってるんですけどね(苦笑)。

傍から見てて、歳を重ねても若い時から全く変化してない、もったいないと思う女性がいます。僕のまわりにも、実際いて、ほんと残念です(苦笑)。

今回はそんな女性にならないために、第一印象に影響するという理由で最優先に変えるべきポイントについてお話しします。

Q. 年齢を重ねるとともに、いちばん変えなければいけないのは?

下の回答の中から、あなたなら、どれを選びますか?

  1. 言葉遣い
  2. メイク
  3. ファッション

このあと、それぞれの回答について、僕なりのコメントをしたいと思います。

1.「言葉遣い」を選んだあなた

年齢を重ねても、いまだに「マジウケる」「これ神」のような若者言葉を使う女性はいます。もちろん、素敵な大人の女性になるためには、きれいな言葉遣いはマストな要素だとは思います。

しかし、意外と言葉遣いはその人のキャラクターしだいで許せるということもあります。なので、これは最優先という視点からいうと不正解。

2.「メイク」を選んだあなた

メイクをする女性

メイクも、年齢とともに変化していかなければいけない要素。目のまわりを黒のアイラインでがっつり囲ったり、眉を細くしたりなど、ちょっと昔流行ったメイクを今だにしている女性もいます。

ただ、「最優先」「第一印象」という視点からいうと、メイクのわからない男性には興味のないポイントなので、これも不正解。

3.「ファッション」を選んだあなた

ミニスカートからのぞく足

これが正解。そう、第一印象に影響するのは、いちばん視界に入ってくる面積が広いファッション。歳を重ねても、若い時のファッションから変えられない人っていませんか?

僕のまわりにもいます。わかりやすく例えるなら、ソコソコの年齢なのに、ミニスカートでがっつり足を見せてる女性とか。足に自信があるのはわかりましたから、と言いたくなります(苦笑)。もちろん本人には言いませんが、陰ではみんな「あの人、ファッションさえ変えれば素敵なのにね」と口を揃えて言ってますから(苦笑)。

そのブランドはターゲット年齢を変えないけど、彼女はそのブランド愛が強すぎて、自分がそのターゲットから外れているのがわかってない結果なんでしょうね。ファッションについて指摘するのはなかなかセンシティブで、同性であっても指摘するのが難しいものです。

一度、自分のファッションが年相応かどうか振り返った方がいいと思います。若いのに、あまりに大人びた服を着るのもしかりですよ。

ファッションは、おしゃれにうとい男性でも「なんか違うよね」と気付くポイントですから、ちょっと気をつけましょう。

>>あなたの「もったいない度」診断を見る

大人のお悩み解決メイク

厚塗りせずにシミやくすみを隠す、ファンデーションの塗り方&選び方

厚塗りはしたくないけど、隠したいものは年々増えていく……そんな大人肌を、いい感じに垢抜けた印象に仕上げるには、どんなファンデーションを選べばいいので...

https://www.mylohas.net/2020/01/205427beauty_qa14.html

大人が目指すべき眉は「まろやかな眉」。注意すべきは○○と○○

大人が落ち着ける眉のスタイルってどんなものなのでしょうか。ヘア&メイクアップアーティストの岡野瑞恵さんが解決します。MYLOHAS読者の、ニッチな美.....

https://www.mylohas.net/2019/12/204315.html

image via Shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 子宮をあたためると生理痛は軽くなる? 女性の「健康都市伝説」を宋美玄さんが論破

    2. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    3. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    4. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    5. 年齢に囚われることは損でしかない。昔は「おばさん」今は「女子」

    6. 安藤サクラさんの透明感の理由。日常は自分らしく、人生の変化には柔軟に

    7. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    8. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    9. 4時間睡眠が2日続くだけで...。止まらない食欲はホルモンのせいかも

    10. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    1. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    2. 脂肪燃焼効果つづく。腕・背中・おなかをまんべんなく刺激するHIIT

    3. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    4. 電子レンジで作る保存食。おいしさを閉じ込めた「ローストトマト」

    5. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    6. 心の緊張がほぐれる刺激法/呼吸が変わるとラクになる #04

    7. 安藤サクラさんの透明感の理由。日常は自分らしく、人生の変化には柔軟に

    8. 子宮をあたためると生理痛は軽くなる? 女性の「健康都市伝説」を宋美玄さんが論破

    9. 見た目は大事。いつものごはんを「プロ並み」にする盛り付けのコツ

    10. 「女子力が高い」と言われても、うれしくない女性たち

    1. ひどく疲れている人が、摂らないことでラクになるもの3つ

    2. 家トレで腰まわりのぜい肉を消す。プランクからの骨盤ひねり

    3. 下半身太りが気になる人はマスト! 効果絶大の「股関節ほぐし」

    4. ジムいらず! おうちの隅で眠っているあのグッズで美脚&美尻に

    5. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    6. サヨナラ、まるい背中。背筋を鍛えるバックエクステンション

    7. 「おばさん」と呼ばれたことのない中年女性が増加中

    8. 100回の腹筋より、はるかに効果的な運動とは? 痩せる体のメソッド

    9. 睡眠の質を上げるには、「体内リズム」が重要だった!

    10. 【セルフチェックリスト】取れない疲れ、「3つのストレス」のせいかも

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら