1. Home
  2. MIND
  3. メイク、ファッション、言葉遣い…年齢不相応だといちばん残念なのは?

メイク、ファッション、言葉遣い…年齢不相応だといちばん残念なのは?

あなたの「もったいない度」診断

2,771

TETUYA

目をふせる女性

知識も経験も豊富で一見完璧に見える女性。しかしその中に、ふと垣間見える言葉遣いや身だしなみ、仕草、コミュニケーションで損している、「なんかもったいない!」と感じる女性が意外と多いこと、ご存じですか?

この連載では、そんな残念ポイントを自分なりにチェックでき、読者のみなさんが真の大人女性に近づくための手ほどきができればと思っています。

歳を重ねても、若い時から変化してない女性はもったいない

年齢を重ねるごとに、容姿も中身も変わってくるのが普通ですよね。僕は、気持ちだけは中学生のときのような、純粋でキラキラした気持ちのままでいたいと勝手に思ってるんですけどね(苦笑)。

傍から見てて、歳を重ねても若い時から全く変化してない、もったいないと思う女性がいます。僕のまわりにも、実際いて、ほんと残念です(苦笑)。

今回はそんな女性にならないために、第一印象に影響するという理由で最優先に変えるべきポイントについてお話しします。

Q. 年齢を重ねるとともに、いちばん変えなければいけないのは?

下の回答の中から、あなたなら、どれを選びますか?

  1. 言葉遣い
  2. メイク
  3. ファッション

このあと、それぞれの回答について、僕なりのコメントをしたいと思います。

1.「言葉遣い」を選んだあなた

年齢を重ねても、いまだに「マジウケる」「これ神」のような若者言葉を使う女性はいます。もちろん、素敵な大人の女性になるためには、きれいな言葉遣いはマストな要素だとは思います。

しかし、意外と言葉遣いはその人のキャラクターしだいで許せるということもあります。なので、これは最優先という視点からいうと不正解。

2.「メイク」を選んだあなた

メイクをする女性

メイクも、年齢とともに変化していかなければいけない要素。目のまわりを黒のアイラインでがっつり囲ったり、眉を細くしたりなど、ちょっと昔流行ったメイクを今だにしている女性もいます。

ただ、「最優先」「第一印象」という視点からいうと、メイクのわからない男性には興味のないポイントなので、これも不正解。

3.「ファッション」を選んだあなた

ミニスカートからのぞく足

これが正解。そう、第一印象に影響するのは、いちばん視界に入ってくる面積が広いファッション。歳を重ねても、若い時のファッションから変えられない人っていませんか?

僕のまわりにもいます。わかりやすく例えるなら、ソコソコの年齢なのに、ミニスカートでがっつり足を見せてる女性とか。足に自信があるのはわかりましたから、と言いたくなります(苦笑)。もちろん本人には言いませんが、陰ではみんな「あの人、ファッションさえ変えれば素敵なのにね」と口を揃えて言ってますから(苦笑)。

そのブランドはターゲット年齢を変えないけど、彼女はそのブランド愛が強すぎて、自分がそのターゲットから外れているのがわかってない結果なんでしょうね。ファッションについて指摘するのはなかなかセンシティブで、同性であっても指摘するのが難しいものです。

一度、自分のファッションが年相応かどうか振り返った方がいいと思います。若いのに、あまりに大人びた服を着るのもしかりですよ。

ファッションは、おしゃれにうとい男性でも「なんか違うよね」と気付くポイントですから、ちょっと気をつけましょう。

>>あなたの「もったいない度」診断を見る

大人のお悩み解決メイク

厚塗りせずにシミやくすみを隠す、ファンデーションの塗り方&選び方

厚塗りはしたくないけど、隠したいものは年々増えていく……そんな大人肌を、いい感じに垢抜けた印象に仕上げるには、どんなファンデーションを選べばいいので...

https://www.mylohas.net/2020/01/205427beauty_qa14.html

大人が目指すべき眉は「まろやかな眉」。注意すべきは○○と○○

大人が落ち着ける眉のスタイルってどんなものなのでしょうか。ヘア&メイクアップアーティストの岡野瑞恵さんが解決します。MYLOHAS読者の、ニッチな美.....

https://www.mylohas.net/2019/12/204315.html

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    2. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    3. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    4. 認知症予防は40代から。今日からできる5つの対策

    5. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    6. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    7. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    8. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    9. 「さしすせそ」にプラスで「う」。梅干しを調味料にするワタナベマキさんの絶品料理

    10. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    1. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    4. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. ゴッドハンドの神ワザをセルフで。寝ても取れない疲れをとる側頭筋マッサージ

    7. 「疲れにくい体」は玉ねぎで。管理栄養士の厳選レシピ6つ

    8. 【クイズ】老けたくない人の卵の食べ方は?

    9. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    10. 料理家だけど、せん切りが苦手。でも、楽しめるようになった理由

    1. 【心理テスト】あなたの「気配り上手度」はどのくらい?

    2. コリや疲労感には「筋膜リリース」が効果的。ストレッチとどう違う?

    3. 寝る前に食べていい。夜食でぐっすり、快眠をサポートする食べもの

    4. 【クイズ】刺身と焼き魚、胃にやさしいのはどっち?

    5. 朝食の献立は「毎日同じ」でいい。台所仕事をラクにするひと工夫

    6. 【心理テスト】秒速? 音速? あなたの立ち直りの速さはすばらしい

    7. 簡単なのに気持ちいい〜。姿勢改善、小顔効果も期待できる「肩甲骨」トレーニング

    8. 20秒だけがんばって。下腹、脇腹に効かせる&脂肪燃焼が続く「HIIT」

    9. おしり、おなか、ハムストリングにも効く一石三鳥の「片足ヒップリフト」

    10. 実は変身願望が? 心理テストでわかる、あなたの「変わりたい度」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら