1. Home
  2. MIND
  3. ヨガは本当に健康によい?

ヨガは本当に健康によい?

Healthday News

4,909

MYLOHAS編集部

ヨガ

ヨガでうつ病の症状が軽減する?

ヨガには、うつ病患者の症状を持続的に減らす効果があるという研究結果がアメリカで報告されました。

この研究は、ヨガが、抗うつ薬や抗不安薬と同様、脳内神経伝達物質であるγ-アミノ酪酸(GABA)の量を増加させることを示した過去の研究結果をもとに行われたものです。今回、対象にしたのは30人の成人うつ病患者で、28人が抗うつ薬を服用していました。

健康に良いといわれているヨガですが、どのくらい行うのが良いのでしょうか?

これを調べるため、対象者15人には、ヨガ教室90分×週3回プラス自宅でのヨガ30分×週4回(強化群)、残り15人にはヨガ教室90分×週2回プラス自宅でのヨガ30分×週3回(標準群)を12週間実行してもらい、心理的な指標などを評価しました。ヨガを行った総時間の平均は、強化群で123時間、標準群で87時間でした。今回の研究はヨガに費やす適切な時間や頻度を知ることが目的であったため、ヨガを全く行わない群は設定しませんでした。

その結果、強化群と標準群のどちらも、以前よりも気持ちが前向きになって落ち着き、身体的な疲労感や抑うつ、不安が軽減したといった症状の改善が見られました。これらの効果はヨガや呼吸エクササイズを行った時間が長くなるほど高まりましたが、両群の間に統計学的な有意差は出ませんでした。

研究グループは、対象者が少なかったため差が出なかったのではないかとして、より大規模な研究を実施して今回の結果を検証する必要があると考えています。

また、今回の研究では、ヨガをすればうつ症状が改善するという因果関係が証明されたわけではないということです。

週2回、定期的にヨガを続けることがポイント?

ヨガ

ヨガの効果は4日間持続しましたが、8日後には消えていました。このことから、うつ病の症状を抑えるためには定期的にヨガをする必要があるとして、研究グループは「ヨガによってうつ病の症状が改善したら、1週間に2回のペースでヨガを取り入れるのが良いかもしれない」と話しています。

また今回、対象者が行ったヨガは、さまざまなポーズを正しい姿勢で比較的長く保つことや呼吸をコントロールすることを重視した「アイアンガー・ヨガ」というものでしたが、「他の種類のヨガでも似たような結果が得られるだろう」とみています。

これまでの研究でも運動がうつ病患者の症状軽減に有効であることが示されていましたが、研究グループは「運動の中でも特にヨガはうつ病患者に良い影響を与えるのではないか」と考えているそうです。(ヘルスデーニュース 2019年11月21日)

ヨガで心も健康に

ヨガインストラクター・ケイさん|My Favorite Sports vol.037

妊娠中に病院でマタニティヨガを経験したことで、その魅力にハマったというケイさん。とにかく終わった後の心地よさはもちろん、呼吸後のとろけるような落ち着...

https://www.mylohas.net/2019/12/203286myfavoritesports_037.html

5000円で全身コーデが揃う! 運動を始めるなら「GU ACTIVE」が狙い目

今回は、GUのスポーツライン「GU ACTIVE」をご紹介。コーディネイトのポイントにもなるだけでなく、きちんと機能も搭載されており、スポーツブラン...

https://www.mylohas.net/2020/01/206674guactive.html

HealthDay News 2019年11月21日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    5. あなたは大丈夫? ものすごくつまらない人に共通する16の特徴

    6. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    7. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    8. 背骨、股関節がすっきり! 座ったまま簡単ストレッチ

    9. 一歩進んだアーユルヴェーダ美容!塗って寝るだけナイトパック&1本で3役のボディソープ【プレゼント】

    10. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    7. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    8. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    9. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    10. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    9. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!