1. Home
  2. HEALTH
  3. 2月4日は世界がんデー。乳がん・子宮がん・卵巣がんのサインと予防法15

2月4日は世界がんデー。乳がん・子宮がん・卵巣がんのサインと予防法15

1,825

MYLOHAS編集部

世界がんデー

今日2月4日は、世界がんデー(World Cancer Day)。がんの正しい知識を広め、予防への行動を呼びかける日として定められています。

今回は、マイロハスで過去に公開した記事の中から、乳がん・子宮がん・卵巣がんにまつわる記事を集めました。自分をはじめ、まわりの大切な人たちが健康でいられるよう心に留めてみませんか?

【乳がん】

乳がんの原因、知っていますか?リスクを高める18の要因

お酒を飲む女性たち

飲酒、肥満、運動不足……生活習慣と遺伝的要因から成る18のリスク要因をチェック。

予防のためにやった方がよいことは? 乳がんにならないための10カ条

女性の胸

乳がんになる確率を下げるためにできること10個。いますぐ始められるものからトライ!

乳がん検診を受けても発見できないおっぱいのタイプがある

女性の胸

乳がん検診のマンモグラフィではがんが見つからないおっぱいのタイプがあること、ご存知ですか?

「乳がんの初期サイン」をレモンで表した写真が完璧!

乳がんを表すレモン

しこりだけではない、あまり知られていない乳がんのサインとは?

乳がん検診で精密検査と言われたら…そのときどうしますか?

マンモグラフィー

検診結果に書かれたコメントを正しく理解するには? 精密検査と言われたら確認したいこと。

若年性乳がん、どんな人がなりやすい?

胸を触る女性

34歳以下の若年性乳がんには、どんな特徴がある?

もし、乳がんを告知されたら…そのときにすべきこと

ピンクリボン

最善の治療を決めるための医師との向き合い方のコツ、医師&医療施設選びの8つのポイントなどを、乳がん経験者の女性医療ジャーナリストが解説。

【子宮がん】

おりものが生臭い? 気づきにくい「子宮頸がん」5つのサイン

子宮

見分けにくい子宮頸がんのサイン5つをみていきましょう。

子宮頸がんの定期検診が欠かせないのは? 疲労やむくみも要注意

細胞

疲労、むくみなど身近な症状を要チェック。子宮頸がんのサイン5つ。

20代~40代が最も多い子宮頸がん。正しい予防法とは?

若い女性

子宮頸がんは、20歳代後半から40代まで罹患率が高くなります。40代がそのピーク。早期発見のための正しい方法は?

子宮頸がんを予防できる“HPVワクチン”って知っていますか?

子宮

大人の女性にも“子宮頸がん予防(HPV)ワクチン”は有効です。

【卵巣がん】

些細なことも気に留めて。医師が教える「卵巣がん」になりやすい条件7つ

卵巣と子宮

自分では気づきにくい、卵巣がん。リスクになり得ることを知っておきましょう。

体験者が語る「卵巣がん」の怖さ。むくみや疲れをPMSだと思っていたら……

口元を触る女性

サイレントキラーとも言われる卵巣がん。卵巣がんサバイバーからの貴重な知恵をご紹介。

女性にとっては命にかかわる「卵巣がん」ってどんな病気?

お腹を抑える女性

卵巣がんは発見が早ければ早いほど、生存率が高くなります。

「卵巣がん」になりやすい人の5つの特徴。出産経験の有無は関係あるの?

お腹

こんな兆候が出たら要注意!

image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    3. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    4. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    5. 2020年11月30日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    6. 肌の未来は明るい!乾燥や老化へのアプローチを根本から変える新発見

    7. 温度に気をつけるだけ。にんにくの風味を最も引き出す調理法

    8. 缶詰より断然おいしい。低温調理で簡単「手作りツナ」レシピ

    9. 最近よく耳にする冷凍宅配ごはん。「旬をすぐに」を選ぶべき5つの理由

    10. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. 体ぽかぽか「野菜10種のミネストローネ」。食物繊維たっぷりでデトックスにも

    4. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    5. 下半身強化HIITで代謝アップ&脂肪燃焼。すぐつまづいてしまう人にも

    6. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    7. 正体不明のモヤモヤ・イライラに惑わされない「4つのステップ」

    8. ダイエットより効果的。ヘルシーで気持ちのいい体を保つ5つのポイント

    9. スッキリしたいのに、腸活がうまくいかないのはなぜ? 意外な盲点は

    10. ネガティブな気持ちも一緒に連れて生きよう/モデル・野沢和香[後編]

    1. ずっと続くクリスマス・ストーリー。「私だけの特別な物語」をつくろう

    2. 毎日がもっと楽しくなる。脱・顔のかゆみで、心と肌に上向きスパイラル

    3. ボウルから一滴もこぼさない液体の注ぎ方。キッチンをきれいに保つ裏技

    4. 最高のパートナーってどんな人? 人生を愛で満たす人間関係のルール

    5. 汚部屋と心はつながっている。心のガラクタを片づける秘訣とは

    6. ボーンブロスって? 免疫専門医が毎日飲んでいる「腸を強くするスープ」

    7. 食後の血糖値を上げにくい「ロカボ」。摂っていい糖質は1食あたりどのくらい?

    8. 「良質なタンパク質」って? タンパク質を効果的に摂るには

    9. 脂肪燃焼効果が続き、むくみにも効果的なHIIT。体がぽかぽかあったまる

    10. 腰まわりが全体的にすっきり!くびれをつくる「サイドプランク」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら