1. Home
  2. BODY
  3. 歯ぎしり、歯のすり減り、不眠も…。気づかずに「噛みしめて」いませんか?

歯ぎしり、歯のすり減り、不眠も…。気づかずに「噛みしめて」いませんか?

MYLOHAS編集部

眠る女性

──ライフハッカー[日本版]より転載

先日定期検診のために歯医者へ行ったら、ブラキシズムの疑いがあると言われました。

ブラキシズムとは?

女性の口元

ブラキシズムとは、歯ぎしりや歯をかみしめることで、グラインディング(歯ぎしりをする)、クレンチング(歯をかみしめる)、タッピング(歯をカチカチと鳴らす)があるそうです。

睡眠時に起きている場合もあれば、覚醒時に無意識にやってしまっている場合もあります。

わたしの場合は自覚症状はなく家族からも指摘されたことはないのですが、上下の歯が接触する面から判断して寝ている時にクレンチングをしているのではと言われて、驚きました。

まわりに聞いてみると、ブラキシズムで就寝時にマウスガードをしている人が数人いました。中には、高校時代から20年以上使っているという人もいたんです。

ブラキシズムの症状は?

歯が痛む女性

アメリカ屈指の医療施設Mayo Clinic(メイヨークリニック)では、次のようなブラキシズムの症状を挙げています。

  • 歯ぎしりしたり歯を噛みしめる。その音でスリープパートナー(睡眠同伴者)が目覚めることもある。
  • 歯がすり減って平らになったり割れたり欠けたり、グラグラする。
  • エナメル質が薄くなり、歯の内部が露出する。
  • 歯痛や知覚過敏が悪化する。
  • 顎の疲労やこわばり、または顎の開閉に支障がある。
  • 顎、首、顔に痛みがある。
  • 耳には問題がないのにもかかわらず耳痛のような痛みがある。
  • こめかみから始まる鈍い頭痛がある。
  • 睡眠が妨げられる。

Mayo Clinicより引用翻訳

ブラキシズムの原因と対策

歯の治療を受ける女性

メイヨークリニックによると、ブラキシズムがなぜ起こるかは解明されていないそう。

ストレスや悩み、怒りや緊張など感情が引き起こす場合や、集中時に歯を食いしばるくせなどが原因と考えられています。アメリカの非営利団体「National Sleep Foundation」は、次のような対策を挙げています。

  • 就寝時にマウスガードをする。
  • ストレス軽減のために、エクササイズをしたり、寝る前の暖かいお風呂に入ったりして、特に寝る前の数時間はリラックスを心がける。
  • 日中に歯を噛みしめているとか顎を緊張させていると気づいたら、それを直すくせをつける。
  • 顎の筋肉を含めたマッサージを行なう。
  • ガムやポップコーンなど噛むタイプの食べ物を避ける。
  • 食べ物以外のもの、たとえば鉛筆などを噛むのをやめる。

また、ブラキシズムは睡眠障害がある人に起こりやすいそうなので、睡眠にも要注意です。良質の睡眠をとるための環境を整えることや、睡眠時のポジションを変えてみること、たとえば仰向けで寝ているなら横向きで寝てみることなども提案されています。

歯医者さんに相談を

歯医者と女性の患者

わたしは、歯医者さんからまず市販のマウスガードを就寝時に数週間使ってみるようにと指示されました。

予想もしていなかったこの診断に、歯をかみしめていると気づいたらリラックスしたり、顎の筋肉のマッサージをしたり。

アメリカですすめられている6カ月毎の定期検診を欠かさず受けていたのに、前回の検診でも言われず自覚症状もまったくなかったブラキシズムが今回指摘されたわけです。

もし原因不明の顎の緊張や歯の痛みなどがあればまずは歯医者さんに相談することをおすすめします。

歯周病もしっかり予防!

歯周病が原因でアルツハイマーに? 善玉菌で対策を!

「世界でもっとも蔓延している病気」として、2001年にギネスブックに登録された歯周病。その新たな要因として、口内の細菌の集団「口内フローラ」の乱れが...

https://www.mylohas.net/2019/06/192425reuteri.html

歯周病を予防する。正しい歯磨きのコツ7つ

毎日の習慣となっている歯磨き。ちゃんと磨いているつもりでも、磨き残しがあったり、そもそも磨き方が間違っていたり。でも、いい大人が改めて歯磨きのやり方...

https://www.mylohas.net/2019/05/sonicare.html

ライフハッカー[日本版]

image via Shutterstock

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    5. あなたは大丈夫? ものすごくつまらない人に共通する16の特徴

    6. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    7. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    8. 背骨、股関節がすっきり! 座ったまま簡単ストレッチ

    9. 一歩進んだアーユルヴェーダ美容!塗って寝るだけナイトパック&1本で3役のボディソープ【プレゼント】

    10. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    7. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    8. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    9. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    10. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    9. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!