1. Home
  2. BODY
  3. 思い込みやすいダイエットの誤解。おいしい食事は体に悪い?

思い込みやすいダイエットの誤解。おいしい食事は体に悪い?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,951

Maya A. Kishida(翻訳)

ダンベルとパン

あなたのダイエット効果がなかなか上がらないのは、間違った選択をしているからかも?

前回に引き続き、ダイエットの迷信を専門家に聞きました。

  1. 脂肪を摂ると太る
  2. すべてのカロリーは平等である
  3. 炭水化物は体によくない
  4. 夜に食べると体重が増える
  5. ダメな食事をしても運動すれば帳消しになる、はこちら

迷信6:体重を減らすには朝食を食べなくてはならない

アボカドと卵のトースト

「朝食を食べれば自動的にダイエットが成功するわけではありません」とニューベリー医師。朝に食事をとるのは、食欲を抑えてあとで食べすぎてしまうのを防ぐのにはよいかもしれません。

「しかしここでも重要なのは、その時間帯に燃焼されるカロリーの総量と、実際に摂取したカロリーの量と種類です

コーディングさんも同意見。「朝食を食べられない人もいますが、それでも大丈夫ですよ」

迷信7:グルテンフリーはダイエットにいい

パン

おさらいしましょう。グルテンとは、小麦、大麦、ライ麦など特定の穀物に含まれるタンパク質の一種です。セリアック病などの限られた人以外には「グルテン自体は危険ではありませんし、繊維質やビタミン、ミネラルなどをたくさん含んだ多くの健康的な食品に含まれているものです」(ニューベリー医師)

グルテンフリーの食事をしていても、最終的に何を食べているかによって体重は増えることがあります。「事実、多くのグルテンフリーの加工食品には、グルテンが含まれた類似品にくらべて、味や硬さを向上させるためにかなりの脂肪と糖質が含まれている」とニューベリー医師は注意しています。

迷信8:脂肪を燃やす唯一の方法は、有酸素運動をたくさんすること

ダンベル

ランニングやサイクリングに山のような時間を費やすことは脂肪の燃焼を助けてくれるでしょう。でもこれらの運動が嫌いだとしても、これらはやせるための唯一の方法ではないし、おまけに筋肉トレーニングもかなり重要であることが研究でわかっている、とコーディングさんは言います。

たとえば『Obesity』誌に掲載された研究では、太りすぎまたは肥満のためにカロリー制限と筋肉トレーニングを行っている249人の成人を18か月追跡調査しています。その結果はどうだったのでしょうか? 筋肉の減少は少なく、またかなりの脂肪が減っていました。筋肉を鍛えることは体が引き締まって見えるだけでなく、代謝を活発にして体が休んでいる間にも多くのカロリーを燃焼するよう助けてくれるのです。

さらに筋肉トレーニングには体重を減らす以上のメリットがあります。週に少なくとも2回ウエイトを持ち上げることを目標にすれば、骨を守り、姿勢を改善し、背中や腰の痛みを軽減するのにもよいでしょう。

迷信9:おいしい食事は体に悪い

サーモン

違います。「健康的な食事はおいしいはずですよ!」とコーディングさん。たとえば旬の野菜はいちばん味がよくてまさに食べ頃で、果物だって自然の甘さたっぷりです。

低脂肪の乳製品や豆、ナッツバター、シーフードといった脂肪の少ないタンパク質も期待にぴったり応えてくれるとニューベリー医師も言います。

ダイエットに欠かせない栄養は?

「赤身肉」って健康に悪いの!? 医師と栄養士がメリットとリスクを指摘

最新の研究報告によると、赤身肉を食べる量を減らす必要はないという推奨が出たのですが、医師や栄養士が内容に納得していない状況に。どう考えれば?

https://www.mylohas.net/2019/12/203921pvn_meat.html

ダイエット中の朝食は、何をどれだけ食べるとよい? タンパク質の量は?

忙しいとつい朝ご飯を抜いてしまいがちですが、朝食は1日で一番大切な食事です。朝からタンパク質や食物繊維、体にいい脂質をしっかり摂れる、簡単朝食レシピ...

https://www.mylohas.net/2020/01/204617pvn_breakfasts.html

Korin Miller/10 Biggest Weight Loss Myths You’re Still Hearing in 2020, According to Experts /Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    5. あなたは大丈夫? ものすごくつまらない人に共通する16の特徴

    6. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    7. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    8. 背骨、股関節がすっきり! 座ったまま簡単ストレッチ

    9. 一歩進んだアーユルヴェーダ美容!塗って寝るだけナイトパック&1本で3役のボディソープ【プレゼント】

    10. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    7. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    8. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    9. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    10. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    9. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!