1. Home
  2. BODY
  3. 猛威をふるう「新型肺炎」コロナウイルスとは何? 感染するとどうなる?

猛威をふるう「新型肺炎」コロナウイルスとは何? 感染するとどうなる?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

4,981

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

コロナウイルス

image via shutterstock

  • コロナウイルスの一種がアウトブレイク(集団発生)を起こし、中国で感染が拡大。中国では100人を超える死者を出し、世界各国で数千の感染が報告されている。
  • 米国疾病対策センター(CDC)は、中国の武漢市に渡航し米国に戻った人で5人の感染者が発見されたことを最近公式に報告している。
  • コロナウイルスとは何か、その症状や取るべき対策について医師が説明。米国Prevention、2020年1月28日公開記事。

新型コロナウイルスがアウトブレイク(集団発生)を起こし、中国で感染が拡大しています。

中国では100人を超える死者が発生。世界各国で数千人の感染が報告されています。米国疾病対策センター(CDC)は、米国国内では、これまでに5人の感染者が確認されたと公式に報告しました(2020年1月28日時点)。

米国での1人目は、中国の武漢市(アウトブレイクの中心地)に渡航しワシントン州に戻った男性。今週初めに新型コロナウイルスであると診断を下されました。2人目は、同じく武漢市に旅行したシカゴ在住の女性。そしてほかの3人が、カリフォルニア州とアリゾナ州で検査を受けて陽性の判定を受けています。26州で感染の可能性のある少なくとも100人が、保健当局の監視を受けているところです。

新型ウイルスは、「2019-nCoV」あるいは「武漢コロナウイルス」とも呼ばれており、当初は動物からヒトに感染が起こるものと考えられていました。しかし米国疾病対策センターは「現在では2019-nCoV感染が、ヒトからヒトへと感染すると考えられるようになっている」と伝えています。

2020年1月28日時点では、世界保健機関(WHO)は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態とするにはまだ時期が早い」と判断を保留しています(※)。しかし、感染者数が国際的に増え続けている現在の状況で、自分は大丈夫なのか心配になるかもしれません。ここではコロナウイルスについて、今知っておきたいことを専門家に聞いてまとめました。

※編注:日本時間2020年1月31日未明に、WHOは、新型コロナウイルスによる肺炎について「国際的に懸念される公衆衛生の緊急事態」と宣言しました。

コロナウイルスとは、どんなウイルス?

コロナウイルス

米国疾病対策センターによると、ヒトのコロナウイルスは全世界的にまん延しているウイルスです。「科学者によって知られているヒトのコロナウイルスは7種類。いずれも普通の風邪の病原体である」と、感染症専門医でジョンズ・ホプキンス健康安全保障センターの上席所員であるアメッシュ・A・アダルジャ医師は言います。しかし、新しい種類であるMERS-CoV およびSARS-CoVは、重症肺炎を引き起こすことが知られています。

今世界中でトップニュースになっているコロナウイルスは、最近になってヒトへの感染が明らかにされたものとアダルジャ医師は説明します。「新型コロナウイルス」と呼ばれているのはそのため。「新型コロナウイルスは従来特定されたことのない新しいコロナウイルスである」と米国疾病対策センターも説明しています。

「この新型コロナウイルスの感染力は、SARSやMERSくらいの威力があるのか、はたまた一般的な風邪程度なのか、それを見極めようと、世界中の研究者が躍起になっています。そしてこれまでに多くのことが分かってきています」(アダルジャ医師)。

集団感染はなぜおきた? 発生源は?

くしゃみ

image via shutterstock

CNNは、この新型コロナウイルスのアウトブレイクの発生源は武漢市の海鮮市場だと研究チームはみていると伝えています。コロナウイルスが見つかった動物(鶏、ヘビ、ハリネズミ、コウモリ、ヒト)のタンパク質のDNA配列を解析したところ、ヘビのコロナウイルスが、2019-nCoVに最も近いことが判明しました。

しかし研究チームは、実際の2019-nCoVの感染源はコウモリであり、そのコウモリをヘビが食べていたのではないかと考えています。武漢市の市場でもヘビが売られていましたが、ウイルスの感染源となった動物はまだ特定されていません。また、なぜ2019-nCoVが動物とヒトのどちらにも感染するのかも、2020年1月28日時点ではまだ分かっていません。

米国疾病対策センターは、コロナウイルスは、患者が咳やくしゃみなどをした際に口から飛び散る水滴を吸い込むことによる感染(飛沫感染)や、患者と握手するなど密接に接触したりウイルスが表面についた物に触れ、手を洗う前に口や鼻、目などに触れてしまうことによる感染(接触感染)が考えられると言います。

どんな症状が出るの?

寝込む女性

image via shutterstock

新型コロナウイルスの症状は、インフルエンザの症状と非常に似ています。米国疾病対策センターによると、コロナウイルスに感染すると、鼻水、頭痛、喉の痛み、発熱、全身のだるさといった症状が出ます。またコロナウイルスは肺炎や気管支炎といった下気道感染症の原因にもなります。

インフルエンザの症状と重なることから「コロナウイルスの診断は難しく」 専門家でなければその違いを見分けられないとアダルジャ医師は言います。また、まったく症状が出ない患者もいることがあるそうです。

肺炎から呼吸不全や低酸素症(体が酸素を十分に得られていない状態)が引き起こされ症状が重篤化すると、死に至る場合もあるとアダルジャ医師。これまでの死亡例には、心筋炎(心筋の炎症)を患っていた患者もいたことをアダルジャ医師は付け加えます。米国疾病対策センターによると、免疫障害を持つ人のほか、高齢者や子どもは重症化のリスクが高いそうです。

治療方法はありますか?

コロナウイルス

image via shutterstock

現時点では、コロナウイルスに特化した治療法や有効な抗ウイルス薬はないと説明するのは感染症専門医でヴァンダービルト大学医学部教授であるウィリアム・シャフナー医師。

医療機関では、咳や痛みなどの症状を抑える対症療法が行われています。

どれくらい警戒するべき?

手を洗う

image via shutterstock

中国での感染者数は数千人に上り、米国でも感染者が認められたと聞くと、少し怖くなってしまいますが、専門家は、過剰な心配はしないようにと言います。

米国国内の感染症専門医や公衆衛生当局は、新型コロナウイルスに関して「十分に認識できている」と、シャフナー医師は説明します。呼吸器症状がみられる患者に対しては、中国に渡航歴がないか、あるいは中国に渡航歴のある人と接触がないか確認し、いずれかに「はい」と答えた患者は検疫に通す対策がとられています。

現在米国では20か所の国際空港でコロナウイルスの検査が行われており、水際対策が強化されています。米国疾病対策センターは、「公衆衛生上の脅威になっている」と表明しています。ですが、「このウイルスに接する可能性が低い一般的な米国国民であれば、現状では新型コロナウイルスがただちに健康上のリスクになることはない」とも説明しています。

米国では感染例は限られた数字にとどまっており、「今のところ国内での感染拡大は食い止められています」とアダルジャ医師。「今後さらなる患者が出るとみている」というアダルジャ医師は、「感染患者と接触のあった人の監視は継続中」と強調します。

感染リスクを減らすためにできることとして(特に今はインフルエンザが流行する時期でもあるので)、手洗いの徹底や、くしゃみや咳などの症状のある人に近づかないことをアダルジャ医師はすすめます。また米国疾病対策センター(CDC)は、武漢市への不要不急の渡航は控えるようにもすすめています(原文掲載日:2020年1月28日)。

ほかにもある! 新型の感染症

抗生物質が効かないなんて! 耐性菌「スーパーバグ」に感染しやすい人は?

スーパーバグとは抗生物質に耐性を示す菌のこと。スーパーバグに感染する危険があるときに、どう対処したらよいのか専門家に聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/12/204137pvn_superbugs.html

「羽毛ふとん肺」とは何か? だるい・息切れが治らないなら疑って

長引く息切れや倦怠感。それって風邪や普通のアレルギーじゃないかも。ある男性が悩まされた症状の原因は、寝室にある意外なものでした。

https://www.mylohas.net/2019/12/203634pvn_duvet.html

Korin Miller and Alisa Hrustic/What Is Coronavirus, the Deadly Virus That Just Entered the U.S. from China?/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    5. あなたは大丈夫? ものすごくつまらない人に共通する16の特徴

    6. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    7. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    8. 背骨、股関節がすっきり! 座ったまま簡単ストレッチ

    9. 一歩進んだアーユルヴェーダ美容!塗って寝るだけナイトパック&1本で3役のボディソープ【プレゼント】

    10. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    7. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    8. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    9. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    10. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    9. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!