1. Home
  2. BODY
  3. SNSで話題「テキ村式ダイエット」。デブメンタルでは絶対痩せない!

SNSで話題「テキ村式ダイエット」。デブメンタルでは絶対痩せない!

1,750

ナカセコエミコ

ショック

痩せたい!と言い続けているのに、おいしいものを目の前にすると、つい自分に甘くなってしまう。そんな激甘メンタルは、スパルタ方式で捨て去らなくてはなりません。

毒舌のダイエットブログとTwitterで話題、平成でもっとも日本のデブ人口を減らした男と呼ばれるテキーラ村上さん(Twitter: @tequila_nomenai)が書いた本『痩せない豚は幻想を捨てろ』(KADOKAWA) には、痩せメンタルを身につけて確実に痩せるための考え方が紹介されています。

まず「デブメンタル」を脱出する

デブメンタル

著者は、かつての自身を「体の線は細いのに腹だけデブ」であったと辛辣に称しています。ダイエットを始めてもなぜかさらに太ってしまったり、ダイエッターにありがちな迷走状態に陥っていたようです。しかし、最終的に体脂肪率をMAX時の20%後半からひと桁台まで落とした実績を持っています。

そんな自身の体験であるダイエットとボディメイクの真相を、ブログを兼ねたダイエットメディアを立ち上げて発信。開設から3か月で、月間100万PVを突破します。それだけダイエットに悩む人口は多いといえるでしょう。現在では、各メーカーのプロテインやダイエット食品の監修なども行なっているとのこと。

本書は、「ダイエットに失敗し続けてきた人間が、いかに確実に痩せるか」、その一点だけにフォーカスされ書かれている。

『痩せない豚は幻想を捨てろ』5ページより引用

多くのダイエット本には「運動いらずでラク痩せ」「みるみる痩せるメソッド」など、目を引くキャッチコピーが踊っているものです。しかし、ダイエットで失敗を繰り返している人には、このレベルでは太刀打ちできない現実があります。

本著には、ダイエットに失敗してきた人が、目を背けて距離を置き続けてきた真実が書かれていると著者。とどのつまり、メンタルが激甘であるということ。「明日から頑張ろう」ではなく、思考停止デブの状態を脱して、リアルと向き合うことが重要になってきます。

食事制限は「糖質」か「脂質」の二択

カロリー食品

目標を達成するためには、後戻りできない状態を作り、その状況に身を置くことが一番であると著者はいいます。着たい服があるならその服を買ってしまい、毎日その服をながめる。モチベーションの維持は、目標が明確に定まっているかどうかにかかっているようです。さらに、具体的な実践マニュアルとして、こんなことが挙げられています。

1. 食事制限(特に炭水化物)をして摂取カロリーを抑えること
2. 中でも、タンパク質を豊富に食べること
3. 筋トレもしくは有酸素運動(またはその両方)をすること
4. そしてこれらを己の頭で考え、組み合わせ、自分なりにアレンジすること

『痩せない豚は幻想を捨てろ』85ページより引用

最終的なゴールは、痩せやすく太りにくい体を作ること。とにかく思考停止デブ状態を脱して自分の体を分析し、合った食べ方を取捨選択することが、最重要ポイントであるといいます。

そのためには「正しく食べる」。前提として、そもそも炭水化物を食べ過ぎなければ、だいたいの問題は解決されるのだとか。太っている人は、単純に太りやすいものを食べ過ぎているので、筋肉をキープするためには“たんぱく質を摂っていない状況”を打破しなくてはなりません。

さらに、食事制限のやり方はたった2つしかないといいます。糖質制限か脂質制限か。このどちらかを選ぶだけで確実に痩せる。自分の食の好みに合わせて選ぶのがスタート地点になります。

動きたくない人は「理想の体を見る」

女性を見る

ダイエットは極端にいえば、摂取カロリーを抑えるか、消費カロリーをあげるかです。言い換えれば、食事制限か運動かだけの話であるといえます。2つのうちどちらか1つを毎日できれば、確実に痩せるのだと著者。

しかしダイエットを失敗し続けている人にとって、運動はかなりハードルが高いでしょう。動くことが嫌いな人が動けるようになるためには、どうしたらよいのでしょうか。

重要なのは、そもそも「自分がやりたくて始まったことだ」という事を再認識することである。これだけでやる気は勝手に出る。(中略)シンプルなのは「理想の体を見る」ことである。

『痩せない豚は幻想を捨てろ』163ページより引用

やらされているのではなく、自分がやりたいと思って運動することが大事。そのためには、憧れの体の画像や動画を見て「痩せたい」というモチベーションの根源を忘れないことです。食事制限を行なった上で運動を加えれば、脂肪は確実に燃焼するといえそうです。

さらに、効率よく痩せるために、筋トレと有酸素運動のどちらがいいのか迷うところですが、長期戦で痩せたいとしたら、筋トレを優先させるといいのだとか。手っ取り早く痩せたいときは、有酸素運動が良さそうです。

ここまで痩せることができなかった自分ときっぱりお別れ。メンタルから痩せるスパルタ式ダイエットで、確実に結果を出していきたいものです。

ダイエットは戦略だ!

運動は苦手だった…メンタリストDaiGoさんが運動を習慣化できたワケ

「実は運動は苦手だった……」という、メンタリストのDaiGoさんが、運動習慣を続けるメリットと、無理なく運動習慣を身につける成功法をお届けします。

https://www.mylohas.net/2020/01/205821habit01.html

ダイエット中の人に言ってはいけない! 7つの禁句とOKワードは?

ダイエット中の人に対する禁句とは? 悪気のない言葉やよかれと思ったアドバイスが相手を傷つけてしまうことがあります。NGワードと、代わりに言うべき言葉...

https://www.mylohas.net/2020/01/205775pvn_psychologists.html

痩せたい豚は幻想を捨てろ, Twitter ]image via shutterstock

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    5. あなたは大丈夫? ものすごくつまらない人に共通する16の特徴

    6. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    7. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    8. 背骨、股関節がすっきり! 座ったまま簡単ストレッチ

    9. 一歩進んだアーユルヴェーダ美容!塗って寝るだけナイトパック&1本で3役のボディソープ【プレゼント】

    10. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    7. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    8. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    9. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    10. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    9. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!