1. Home
  2. MIND
  3. 男性が意外と見ている! 手を抜いちゃいけないメイクはどれ?

男性が意外と見ている! 手を抜いちゃいけないメイクはどれ?

2,541

TETUYA

男女の会話

知識も経験も豊富で一見完璧に見える女性。しかしその中に、ふと垣間見える言葉遣いや身だしなみ、仕草、コミュニケーションで損している、「なんかもったいない!」と感じる女性が意外と多いこと、ご存じですか?

この連載では、そんな残念ポイントを自分なりにチェックでき、読者のみなさんが真の大人女性に近づくための手ほどきができればと思っています。

メイクで印象アップしたいなら……

人と会うとき、とくに男性と会うときにメイクで第一印象をよくしたい! と思うかもしれません。そんなときに、いちばん気をつけたいポイントが男性目線から言うとあります。

もちろん、全部と言ってしまえば、それで終わりなんですが、時間がないときだってありますよね。ぜひ、考えてみてください。

Q. 男性との待ち合わせまで、あまり時間がない。次の中からいちばん手を抜いちゃいけないメイクはどれ?

  1. アイメイク
  2. リップ
  3. ベースメイク

このあと、それぞれの回答について、僕なりのコメントをしたいと思います。

1. 「アイメイク」を選んだあなた

アイメイクをする女性

マスカラ、アイライナーでしっかりラインをひいて、目を大きく見せたいという願望はどんな女性にもあると思いますが、男性はそこまで気にしてません。

そもそも、化粧でいちばん化けるポイントだと思っているので、ばっちりアイメイクをしていたとしても、化粧を落としたら、どうせ、変わるんだろうなと薄々感じてますから、不正解

2. 「リップ」を選んだあなた

リップを塗る女性

リップひとつで、顔の印象が変わるのも事実。バシッと赤のリップをひけば、パッと顔も明るくなりますしね。

ただ、今回は、時間のない中でのシチュエーションなので、リップにそんなに時間を優先して割くこともないというのも事実。だから、これも不正解

3. 「ベースメイク」を選んだあなた

ベースメイクをする女性

これが正解。そう、ベースメイクがいちばん大事です。「この人、肌汚いなぁ」「肌がキレイだったらなぁ……」なんて会話を、結構男性陣は裏でしてます。なぜなら真っ先に目がいくポイントなんです。

もちろん、生まれもった肌質もあるので、難しいところもありますが、ベースメイクでしっかりカバーして、肌をきれいに見せることは、今のコスメのクオリティとテクニックで実現可能ですよね。

だから、ベースメイクにしっかり時間を割いて肌をきれいに見せる。これが正解です。肌が汚く見えると、「この子、睡眠不足?」「この子、何かストレス抱えているのかな?」と勝手に心配する男性も多いですから。

メイクで隠すことも大事ですが、肌はやっぱり日頃のスキンケアが大事。僕も、実はソコソコ美容男子なので、百貨店ブランドのコスメを使ってます。洗顔、化粧水、乳液、美容液。たまに、肌の調子によっては、クレンジングやクリームまで使うことも。

肌をいかに、若く見せるか。とくに、歳を重ねれば重ねるほど、日頃のお手入れのさぼり具合で大きな差が出ますからね。美容医療をやらない限り、急にはきれいになりません。

「男性は肌を意外と見てる!」ということを、ぜひ、頭の片隅に入れておいてください。

>>あなたの「もったいない度」診断を見る

美肌への近道スキンケア

肌を老けさせないために覚えておきたい3つのキーワード

光老化、酸化、糖化……、肌老化を促進する三大要因と対策について、皮膚科学の権威である川島眞先生にうかがいました。

https://www.mylohas.net/2019/04/188803axxzia.html

シワは3種類あること、ご存知ですか? 適切な対処法とは?

シワの悩みは、肌にハリを与える化粧水や美容液でケアできるのでしょうか? 銀座ケイスキンクリニック院長の慶田朋子先生に伺います。

https://www.mylohas.net/2019/05/191227beauty_qa4.html

image via Shutterstock

    Ranking

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    4. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    5. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    6. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    7. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    8. これって老眼のはじまり? 目に不調を感じたら気をつけたいこと

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    6. 乳製品不使用でもこっくり濃厚。クリームを使わないクリームパスタ

    7. すぐに真似してみたい。こぐれひでこさんのアイデアいっぱいサラダ7選

    8. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    9. オンラインで広がったヨガの可能性。モデル・野沢和香さんが次に挑戦したいことは

    10. 上げたいのは「免疫力」。健康を底上げする新キーワード「デカン酸」に注目

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. 歯磨きが睡眠に与える影響は? 寝る前に絶対やっていはいけないこと

    6. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    9. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    10. 脚も環境も喜ぶサスティナブル・スニーカー。いっぱい歩いても、なんなら走っても大丈夫

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら