1. Home
  2. MIND
  3. ジムに通う、10kgやせたい…目標達成するためにまずすべきこと

ジムに通う、10kgやせたい…目標達成するためにまずすべきこと

3,199

MYLOHAS編集部

目標達成

新年になると、誰もがこれからの一年でどのように自分の生活をよくしていこうかと考えます。ランニングを始めようという人もいれば、家族や友だちと過ごす時間を増やしたいという人もいるでしょう。

2020年の目標や夢がどんなものであれ、それを小さな目標にして組み合わせれば、より多く達成することができます

なぜ新年の抱負は達成できないのか?

挫折

新年の“抱負”とは、何かをする、もしくはしない決意のことですが、現実的に達成できることというより、大きな夢や野望を語る時に使われることがほとんどです。だから達成できないことが多いのです

たとえば、スポーツジムに通ったことがない人が、2020年になったからといって、突然毎日ジムに通うようにはなりません。「10kgやせる」というような高すぎる目標を立てるのではなく、その大きな目標を、年内に達成できるような小さな目標に分解しましょう

現実的な目標設定がカギ

目標への第一歩

やせることが目標であれば、週数回は昼休みに歩くとか、夕食はいつも食べていたファストフードではなく、ヘルシーな食事を自炊するといった具合です。

やせるという目標を設定してはいけないと言っているのではありません。生活自体を大きく変えるのではなく、目標をより小さなものに分解して、成果がわかりやすく、達成しやすいものに置き換えるのです。

新年の抱負として、「自分」という人間を根本的に変えようとするような目標を立てることがよくあります。変わること自体はすばらしいことですが、人間が突然大幅に変わることはほとんどありません。

それよりも、達成しやすい小さな目標に落とし込めば、はるかに成功する確率が上がります。

まずは小さな一歩から

“急いては事を仕損じる”と言います。経験的にも、小さな変化や目標から始めるのがいちばんです。それが日課や習慣になったら、さらにもう少し追加してみましょう。

しばらくすると、はるかに楽に達成できるやり方なのに、自分が大きく変わったことに気づくでしょう。

習慣化の秘訣

運動は苦手だった…メンタリストDaiGoさんが運動を習慣化できたワケ

「実は運動は苦手だった……」という、メンタリストのDaiGoさんが、運動習慣を続けるメリットと、無理なく運動習慣を身につける成功法をお届けします。

https://www.mylohas.net/2020/01/205821habit01.html

運動しても結果が出ない「ダウン期」。その時にすべき大切なこと

初心者のうちは、とにかく楽しくてモチベーションもたっぷりありますが、徐々に進歩の速度が落ちてくることがあります。ワークアウトには必ずある「ダウン期」...

https://www.mylohas.net/2019/11/202522workout.html

[ライフハッカー[日本版]]

Image: Shutterstock

    Ranking

    1. まずは10回から挑戦したい「桃尻」をつくるバランスエクササイズ

    2. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    3. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    4. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    5. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    6. これって、本当にヘルシー? 添加物は? 手にした食品の健康度をチェック

    7. ムダ毛ケア、どうしてる? 光美容器って本当にいいの? 開発者に聞きました

    8. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    9. どう摂ればいい? 美容と健康を底上げし、ストレスから私たちを守る「ビタミンC」

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    4. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    5. 自律神経をセルフケア。「肝活」で「幸せホルモン」を増やそう

    6. まずは10回から挑戦したい「桃尻」をつくるバランスエクササイズ

    7. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    8. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    9. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 料理で最初に食材を切るのは間違い。「伝説の家政婦」志麻さんが教える台所ルール

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    4. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    5. あなたの深層心理は? この春、本当に求めているものをチェック

    6. 脳トレよりも「1日1杯のスープ」を。脳に栄養を与え、頭の回転を良くするには

    7. 週1回、16時間でOK。プチ断食をより効果的にする方法

    8. 調査でわかった。「男性が本当にほしいギフト」と「女性が贈りたいギフト」は一致していた

    9. 頭痛持ちの人が「やらないほうがいいこと」4つ。えっ、クラシック音楽も!?

    10. 猫背・巻き肩の改善、代謝アップに。メリットたくさん「肩甲骨のストレッチ」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら