1. Home
  2. BODY
  3. 乳がんのセルフチェック。しこり以外に注意するポイントは?

乳がんのセルフチェック。しこり以外に注意するポイントは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

胸のしこりをチェック

image via shutterstock

「しこり」はないと思って、安心してはダメなようです。

乳がんに自分で気づくサインとしては、しこりの有無がよく知られています。しかし、しこり以外でも乳がんに気づくことができることを、アメリカの女性報道記者がエッセイで伝えています。彼女の命を救った“あるもの”とは?

右胸におかしなくぼみが……

クリステン・ダールグレン

NBCの報道記者クリステン・ダールグレンは、マンモグラフィー検査で陰性と出てから5か月後に乳がんと診断されました。クリステンは『Today』誌のエッセイで、この数か月間に何があったのか書いています。すべては右胸におかしなくぼみを発見したことから始まったと。

* * *

それは47歳の誕生日。友人たちと会う支度をしているところでした。「そんなちょっとしたくぼみなんて、それまで気づきもしなかった。定期的なセルフチェック(自己検診)にはあまり熱心な方ではなかったし。でも、そのときばかりは気になりました」と、クリステン。

乳がんで一番よくあるサインは、塊のようなものや硬いしこりだということはクリステンも知っていましたし、それは感じませんでした。でも、くぼみの下が「厚くなっている」と気づいたのだそう。

そのときは、乳がんなんて思いもしなかったとクリステンは言います。「私は40代。活動的で、早くに乳がんになった家族もいません」

そのためクリステンは、くぼみを診てもらうのを先延ばししようかと思いました。でも、夫が延期に同意せず、さらに、自分自身が以前にレポーターの仕事で調べたデータも気になり始めました。乳がんと診断された女性の6人に1人は、最初に現れるサインが「しこり」ではないという研究結果です。

乳首のへこみや痛みも気をつけて

風船

image via shutterstock

クリステンが実際にインタビューしたある女性は、胸の形がほんの少し変わったと気づいた直後に、乳がんと診断されていました。(しこり以外の乳がんのサインとしては、オレンジの皮のような皮膚のへこみ、皮膚の炎症、胸や乳首の痛み、乳首が内側に引っ込む、分泌物、皮膚の色の変化、腫れなどがあります)

こうなると、急いで答えを知る必要があります。そこでクリステンは、ノースカロライナで仕事があった際に病院に行き、超音波検査を予約。数日後に乳がんのステージIIと診断されました。「あのレポートをしていなかったら、胸に起きた変化を無視していたかもしれません。がんならマンモグラフィーでわかるはずと思い込んでいたかも」と、クリステンは書いています。

「その後、(マンモグラフィーの)有効性は87%のみで、私のようなデンスブレスト(高濃度乳房)の女性では感度が低いと知りました。それに、しばらくはマンモグラフィーも受けなかったかもしれません。認めたくはありませんが、数年間定期検診を受けなかったこともありましたから」

定期検診、セルフチェックを怠らないで

医師と患者

image via shutterstock

診断を受けたあと、クリステンは人生を変えたあの仕事でインタビューした医師と再会しました。そして「もし私が自分の記事で救われたとしたら、必要とする女性はどれほどいるのでしょう?」と聞くと、「私たちが思っている以上に、よくあることなのです」との答え。

残念ながら、そのとおりなのです。でも、乳がんを予防したり、早期に発見したりするためにできることはたくさんあります。デンスブレストかどうかや家族の医療歴を知る、活動的に過ごす、適切な食べ物をとる、必ず定期検診を受けてセルフチェックをまめに行うなど。

現在、化学療法を受けているクリステン。「今は順調です。前向きですばらしい医師たちがいて、思っていた以上のサポートを受けています」とのこと。

そして、「(治療は終わっていないし)まだ先は長い」ものの、自分の話を読んだほかの女性が、胸に何かおかしなことを感じたら医師に診てもらう気になるようにと願っているそうです。

乳がんは早期発見が大事

乳がんリスクが高い「高濃度乳房(デンスブレスト)」の通知、今後どうなる?

乳がんのスクリーニング検査で「高濃度乳房(デンスブレスト)」が見つかった場合、乳がんリスクが高いことを本人に通知することを義務化するーー。このような...

https://www.mylohas.net/2019/07/194313_hld_densebreasts.html

もしもがんになったら…医師に聞いておくべきポイントとは?

今回は、「乳がんの治療前に医師に聞いておくべきポイント」を女性医療ジャーナリストで乳がん経験者の増田美加がお伝えします。

https://www.mylohas.net/2019/08/strategy50.html

Kayla Blanton/NBC’s Kristen Dahlgren Almost Ignored the Breast Cancer Symptom That Led to Her Diagnosis/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    2. 洗練されたニュアンスカラー。ヨギー・サンクチュアリのレオパード柄レギンス【プレゼント】

    3. 高カロリーなパン&カロリー控えめなパンはどれ?

    4. 腹筋とお尻ひきしめに効果的。立ってるだけのヨガポーズ

    5. エリザベス女王はステーキが好き。毎日の食生活を覗き見!

    6. 日本の「ハッカ」でやせる? 即効性抜群とアメリカで話題だけど...

    7. 猫背を解消してくれるヨガポーズ。緊張もやわらぐ!

    8. 意外に知らない「ヨガ」と「ピラティス」の違い。効果があるのは?

    9. 月1回しかやらないのに、3kg減も夢じゃないダイエットって?

    10. 腕と脚に効果てきめん。体力のつくヨガポーズって?

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    3. 高カロリーなパン&カロリー控えめなパンはどれ?

    4. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    5. 腹筋とお尻ひきしめに効果的。立ってるだけのヨガポーズ

    6. あなたの亜鉛不足を簡単チェック。肌荒れ、抜け毛、味覚が変わった...

    7. 月1回しかやらないのに、3kg減も夢じゃないダイエットって?

    8. 意外に知らない「ヨガ」と「ピラティス」の違い。効果があるのは?

    9. 洗練されたニュアンスカラー。ヨギー・サンクチュアリのレオパード柄レギンス【プレゼント】

    10. 朝の体が目覚める! 毎日やりたい簡単ヨガポーズ

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    6. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    7. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    8. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    9. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    10. リバウンドなしで「週1kg体重を減らす」7つのステップ