1. Home
  2. EAT
  3. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,912

Maya A. Kishida(翻訳)

サラダ

image via shutterstock

ダイエットは、「何を食べるか」が重要です。

実際、運動をまったくしなくても減量できる方法は多数あるということが、さまざまな研究で証明されています。前回に引き続き、科学的根拠に基づいたやせるためのコツをご紹介します。

  1. 食べる量をコントロールする
  2. 食物繊維をたくさん摂る
  3. タンパク質もたっぷり摂る
  4. 十分な睡眠をとる
  5. 体重を計る
  6. こまめに水分を補給する
  7. 砂糖を減らす こちら

8. 飲み物でカロリーを摂取しない

炭酸飲料

image via shutterstock

カロリーの摂取量自体を減らすシンプルな方法です。

しかし、もう一つ重要なのは、カロリーを“飲んで摂取”すると、“食べて摂取”した場合よりも満足度が低く、同じような満腹感は得られない、と研究で証明されているのです。そのため、飲料、特に甘い飲み物でカロリーを摂取すると、太る原因になってしまいます。

9. マインドフルに食べる

シリアル

image via shutterstock

つまり、ゆっくり食べるということです。口を動かした後、脳にお腹がいっぱいだという信号が届くまでには少し時間がかかります。そのため、早食いをしてしまうと満腹感が満たされにくいのです。

また、食事中気が散っているとたくさん食べてしまう、という研究結果もあります。食事中は携帯電話をしまい、テレビも消して、目の前の食事に集中しましょう。

10. よく噛む

りんごを食べる女性

image via shutterstock

ある小規模な研究で、昼食時に長い時間咀嚼して食べると、午後のおやつの量が減ることが判明しました。

ただその一方で、研究参加者の多くは、ずっと噛み続ける食事は味気なかったとも話しています。合う合わないは人によるかもしれませんが、試してみる価値はありそうです。

11. 見えるところに食べ物を置かない

ケーキ

image via shutterstock

肥満患者は食べ物を「目に入る高い位置」に置きがちということが、研究によって示されています。

ですからその逆をしましょう。特に、食べるべきでないものは閉まってください。たとえば、りんごを盛ったお皿は見える位置に置いてOK。反対に、ポテトチップスの袋はダメ。見えないところに隠しましょう。

12. ダイエットソーダを飲まない

ソーダ

image via shutterstock

最近の研究で、ダイエット飲料を飲んだ子どもや10代の若者は、日中より多くのカロリーを摂取する傾向があるという結果が出ました。ダイエット飲料と体重増加の関連性を示す研究はほかにも複数あります。

というわけで、やはり水を飲むのが確実でしょう! 水だけでは物足りないという方は、果物を入れてフルーツウォーターを楽しんでください。

13. ひと息入れる

読書

image via shutterstock

ストレスを感じると、コルチゾールホルモンが急増します(いわゆる闘争・逃走反応が起こります)。過去の研究では、コルチゾール反応が高い人(ストレスがあると、落ち着きを失いがちな人)はよりたくさん食べてしまう傾向があると示されています。

こうしたドカ食い反応を避けるため(そしていろいろな意味で健康を守るため)、ストレスを和らげる時間を日々つくってください。瞑想、運動、静かに座って本を読むなど好きな方法でくつろぎましょう。

14. 書き留める

読書

image via shutterstock

「おもしろみはないかもしれませんが、食べたものを記すことが最も効果的なダイエットツールとなることが数々の研究で証明されています」とアンセルさんは言います。

「日記や携帯のメモアプリ、お気に入りのダイエットアプリでも何でも構いません。食事の記録は、自分がずる賢い方法ばかりに逃げてしまっていないかを確認する、唯一最善の方法です」

ダイエットにはコツがある

食べすぎ・ムダ食いを防ぐ、一番簡単なテクニック

「食欲を抑えるテクニックがあるなら知りたい!」と思っている方、もしかしたら一番簡単なテクニックを見過ごしているかもしれません。簡単なある方法がなぜ食...

https://www.mylohas.net/2019/12/203566sp_eat_too_much_diet_bite.html

体重を確実に減らすための最適解。おすすめの運動は?

やせたいのに時間がない! ダイエットでは、1か月でどのくらいの体重を落とすことが可能なのでしょうか。管理栄養士に詳しく聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/10/200764pvn_much_weight2.html

Lisa Bain/14 Proven Ways to Lose Weight Without Exercise in 2020, According to Experts /Seina Ozawa(翻訳)

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    5. あなたは大丈夫? ものすごくつまらない人に共通する16の特徴

    6. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    7. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    8. 背骨、股関節がすっきり! 座ったまま簡単ストレッチ

    9. 一歩進んだアーユルヴェーダ美容!塗って寝るだけナイトパック&1本で3役のボディソープ【プレゼント】

    10. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    7. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    8. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    9. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    10. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    9. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!