1. Home
  2. BODY
  3. 女性が冷えやすいのは理由があった!男女で違う「適温」の話

女性が冷えやすいのは理由があった!男女で違う「適温」の話

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

寝る男女

同じ温度なのに、女性は「寒い」、男性は「暑い」という。この差はどこからくるの?

男女間で感じる温度の違いについて、生物学者が解説します。

男女の「適温」はなぜ違う?

とある冬の夜のこと。初デートを楽しんでいる男女がレストランに向かって歩いていました。男性は心ウキウキ。でも、女性はすっかり体が冷え切って、レストランに到着した頃には手がかじかんでいました。

それからも、毎年冬になると、彼女は窓の外を見てはゆううつな気分に。外に出ると凍えてしまうと、二人の時間もたいがいは家の中で過ごすようになったのです。

次第に、世の中的にみても「室内の温度が女性にとって寒すぎる」という話に展開して、二人の間で口論になってしまいました。特にオフィスは、女性にとって寒すぎるもの。たとえばオフィスの温度設定は、体重70kgで40歳の男が安静にしているときにどれほど体熱を産生しているかという古い方程式に基づいて、適温が設定されているといいます。女性は新陳代謝が一般的に低く、体熱の産生も少なくなります。

このように、男女間の「適温」の違いはなぜ生まれるのでしょうか。ある人は寒くてぞくぞく、またある人は温かくぽかぽか。その間に何があるのか。詳しく見ていきたいと思います。

女性が冷えやすいのには理由があった!

寒がりな女性

image via shutterstock

人間は恒温動物で、自ら熱を生み出しており、体温はおおよそ37度に保たれています。

快適な環境の中では、基礎代謝によって体温維持のために熱が産生されています。暑すぎたり寒すぎたりすると、体は環境に順応。寒いときは、手足の血管は収縮し、末梢の血液量を減らします。手足は急速に冷えやすいので、まだ十分温まっていないと、思わず身震いして熱を生み出します。このときにたくさんのエネルギーも使っています。

体温や環境の要因の感じ方については、1世紀以上にわたって研究されてきました。これは論文で検証されており、男女間の温度への感覚の違いも明らかにされてきました。発表したのは、オランダのマーストリヒト大学医療センターの2人の研究者。そのうち、マーストリヒトにある体温生理学・代謝研究グループを率いる生物学者、ウーター・ファン・マルケン・リヒテンベルトさんに話をききました。

ウーターさんは、男性と女性の間には見逃せない温度差があると指摘。女性は平均して、体積に対する体表面積の比率が高いため、早く冷えるといいます。

さらに重要なのは、女性は男性よりも比較的、脂肪を含まない組織が少ない点です。熱を生み出す源は、ほとんどが脂肪を含まない組織。「男性と女性が同じ環境に置かれると、平均して女性は涼しく感じます。女性はまた環境へと熱を失いやすく、熱を生み出す力も弱いのです」と、ウーターさん。

寒くなると「褐色脂肪」が増える

足

また、ウーターさんは「褐色脂肪」についても言及。断熱に優れている白色脂肪とは異なり、褐色脂肪は体が活動すると熱を生み出します。

ウーターさんは、褐色脂肪が熱を産生しているということそのものよりは、寒さへの適応能力が分かることに注目しています。夏にはあまり多く見られないものの、秋や冬、気温が下がって寒さにさらされると、褐色脂肪が増えるのです。男性はそのような生理学的な理由から、気温が下がっても快適に過ごせるようになっているのです。

ウーターさんは、そうした順応に加えて、体組成も大切と話します。「よく誤解されますが、褐色脂肪ばかりを考えればいいわけではありません。たとえ身震いしなくたって、筋肉も大事。褐色脂肪だけではないということ。要するに、褐色脂肪とほかの要素との相互作用です」

また、小さい頃、寒い日にたくさん着込む習慣があった人は、寒さに順応しづらくなるのでは? という疑問もあります。ウーターさんは、若い頃の経験や遺伝学に関わる長期的な温度適応性はほとんど研究されていないと話します。「若い頃の経験が本当に影響するのかはまだ不明」と、ウーターさん。

定期的に寒さに身を慣らすといい

体温計

image via shutterstock

ウーターさんから温度差のあるカップルへのアドバイスは、「定期的に寒さの中に身を置いてみて」

ときどき、寒い外に彼女を連れ出すとよいとのこと。女性は体脂肪率が高く、体脂肪は発熱にはあまり役立たないけれど「脂肪が多いと、有利に働くかもしれない」とウーターさん。

また、女性が冬の夜には不利な立場にあることを知っておくことも大事です。女性は平均的に小柄で、体温を速く失い、生理学的に見て熱を産生するのも難しいのです。

続きます。

寒さに負けない体を

動くと発熱! 冬の運動にぴったりな高機能アンダーウエア

冬の運動、特に屋外での運動となるとモチベーションにも関わってくるのが「寒さ」。動き始めは体が温まっていないので、寒いけれど、動くと汗をかきます。そう...

https://www.mylohas.net/2019/12/203694advancewarm.html

タートルネックはNG? 専門家に聞く、実は間違った冷え性ケア

冷え性は、実はタイプによって「やってはいけない温めケア」があります。NGケア6つと、冷え性対策3つの基本をお届け。漢方医学専門医の南雲久美子先生に聞...

https://www.mylohas.net/2019/11/201565sp_adjustment_poor_circulation02.html

Kevin Dupzyk/My Partner Hates the Cold. I Love It. We Can't Stop Fighting. Whose Fault Is It?/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    2. 洗練されたニュアンスカラー。ヨギー・サンクチュアリのレオパード柄レギンス【プレゼント】

    3. 高カロリーなパン&カロリー控えめなパンはどれ?

    4. 腹筋とお尻ひきしめに効果的。立ってるだけのヨガポーズ

    5. エリザベス女王はステーキが好き。毎日の食生活を覗き見!

    6. 日本の「ハッカ」でやせる? 即効性抜群とアメリカで話題だけど...

    7. 猫背を解消してくれるヨガポーズ。緊張もやわらぐ!

    8. 意外に知らない「ヨガ」と「ピラティス」の違い。効果があるのは?

    9. 月1回しかやらないのに、3kg減も夢じゃないダイエットって?

    10. 腕と脚に効果てきめん。体力のつくヨガポーズって?

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    3. 高カロリーなパン&カロリー控えめなパンはどれ?

    4. あなたの砂糖中毒度は? クイズ形式でチェック

    5. 腹筋とお尻ひきしめに効果的。立ってるだけのヨガポーズ

    6. あなたの亜鉛不足を簡単チェック。肌荒れ、抜け毛、味覚が変わった...

    7. 月1回しかやらないのに、3kg減も夢じゃないダイエットって?

    8. 意外に知らない「ヨガ」と「ピラティス」の違い。効果があるのは?

    9. 洗練されたニュアンスカラー。ヨギー・サンクチュアリのレオパード柄レギンス【プレゼント】

    10. 朝の体が目覚める! 毎日やりたい簡単ヨガポーズ

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    6. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    7. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    8. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    9. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    10. リバウンドなしで「週1kg体重を減らす」7つのステップ