1. Home
  2. BODY
  3. 「1日3回の歯磨き」は、歯だけじゃなくて心臓にもいい

「1日3回の歯磨き」は、歯だけじゃなくて心臓にもいい

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,128

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

歯磨き

白い歯でいたいなら、必ず1日2回歯を磨きなさいと歯医者さんに言われたことはありませんか?

新たに報告された研究によると、1日3回に増やせば心臓を守る効果があるかもしれません。

1日3回の歯磨きで心不全のリスクが低減!

『European Journal of Preventive Cardiology』誌で報告されたこの研究は韓国で行われたもの。心臓に大きな問題(不整脈や心不全、心臓弁の損傷による心臓病など)を抱えたことのない16万1286人を追跡調査したのです。

研究を始めた時点で、参加者は標準的な医学的検査を受け、口内の衛生状態も綿密なチェックを受けました。そして、平均およそ10年間にわたって参加者の心臓の健康状態を追跡。

その結果、驚くような発見につながったのです。1日に少なくとも3回歯を磨いていた人は、心不全になるリスクが12%低く、心房細動(不整脈の一種で、普通は血流が悪くなります)になるリスクが10%低いと判明。参加者の運動量や飲酒、血圧が高いかどうかと言った要素を加味して分析しても、同じ結果となっていました。

効果があったのは、家での歯磨きに限りません。専門家による歯のクリーニングを定期的に受けていた人でも、心臓病になるリスクが低くなっていました。

でも、口の中の衛生状態と心臓の健康との関連性が見つかったのは、これが初めてではありません。歯科学の専門誌『Journal of Dental Research』誌で2016年に発表された研究によると、歯根管治療(いわゆる、歯の神経をとる治療)を必要とした参加者は、健康な歯だった参加者よりも、急性冠症候群(冠動脈がふさがって、心臓発作などを起こす病気)になる確率が3倍高くなりました。

どうして歯を磨くと心臓にいいの?

歯磨き

この点について、今回の研究ではあまり深く調べられませんでしたが、歯磨きの回数を増やすと、歯と歯茎の間にいる細菌の量を減らせるからではないかと研究グループは考えています。口の中の細菌が少ない方が、血液中に入り込む細菌も少なくなるわけです(心臓へのダメージは血液中で発生しますから)。

「歯茎が細菌に感染して、細菌が血液中に入り込んでしまうと、心内膜炎という心臓弁の病気につながる恐れがあります」と、ジェニファー・ヘイズ医師(コロンビア大学アービング医療センターの女性心血管健康センター共同所長/ニューヨーク・プレスビテリアン病院の心臓専門医)は説明。

感染を治療しないでいると、脳卒中や心不全のほか、腎臓の損傷といった重大な(命に関わるほどの)合併症につながることがあります。

加えて、心臓専門医のサンジブ・パテル医師(カリフォルニア州オレンジコースト医療センター・メモリアルケア心臓血管研究所)によると、歯磨きの効果として、体内の炎症につながる歯肉炎や虫歯などの感染症も減ります。

「体内で炎症が起きていると、脳卒中や心臓発作のリスクが高くなります。歯と歯茎を清潔に保つことで、最終的には炎症を減らしているわけです」

もしも、1日に3回磨けなかったら?

歯ブラシ

image via shutterstock

「1日3回は磨きすぎで、逆に歯茎を痛めるのではと不安になる人もいるかもしれませんが、3回磨いても大丈夫」とペンシルベニア大学歯学部長のマーク・S・ウォルフ歯科医師。「フッ素を含む歯磨きペーストを使うこと、そしてひどく強く磨かないことを守れば、問題ありません。本当に歯がもっと健康になり、虫歯も少なくなる可能性があります」

とはいえ、「1日3回歯を磨いていなくても、心配する必要はありません。結局は歯を健康に保つことが大切なのです」と言うウォルフ医師は、今回の研究結果についても注意点を指摘。

歯を磨く回数が多いほど、心臓の病気になるリスクが下がると証明されたのではなく、集団で見るとリスクの低下が確認できたにすぎないといいます。「その上で言えることとしては、歯を磨く回数を増やしても何の害もありませんし、少なくとも虫歯と歯肉炎を減らせる見込みは確かにあるということ」

全般的に心臓をもっと健康にするためであれば、歯の健康を保つのは、効果のある「多くの要素のひとつに過ぎません」(パテル医師)。定期的に運動する、果物と野菜が豊富な食事をとる、ストレスをなるべく減らすといった要素も心臓の健康を保つためには大いに効果があるのです。

歯の健康を守りたい

歯茎から血がでるのは歯肉炎だけじゃない。栄養不足も関係!

腫れて痛い歯茎は、食生活、感染症、はたまた重大な病気のサインかもしれません。歯茎の腫れを無視してはいけない理由を医師が解説します。

https://www.mylohas.net/2019/09/199487pvn_swollengums.html

歯科医師が教える「美人をつくる口もとケア」

メイクやファッションに気を遣っているけれど、口もとは二の次。実は、印象を左右するのが口もとだった! 美と健康に導く正しいケアを女医が教えます。

https://www.mylohas.net/2019/09/198510book_mouth.html

Korin Miller/Brushing Your Teeth 3 Times a Day May Protect Your Heart Health, According to Science/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbanner

    Ranking

    1. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    2. ヨガ、腰痛改善、令和版ビリーズブートキャンプ...全部無料! 家トレ5つ

    3. 運動不足は解消できる! ひとりで楽しくトレーニングする3つの方法

    4. 眠れない、心が落ちつかないときに。ぐっすり眠るためのメソッド4

    5. 15分ウォーキングとおなら1発、消費カロリーは同じってホント!?

    6. 毎日20秒キープするだけで、お腹の脂肪を絞り出す方法

    7. お腹のぜい肉を絞り出す運動。1日10回で見違えるような体に!

    8. 栄養をムダにしない驚きの食べ方。慈恵医大のカリスマ栄養士が教えます

    9. ぽっこりお腹がひっこむ腹筋トレ。仕事や家事の合間にできる

    10. フライパンで5分!「梅干し」を使った疲労回復レシピ

    1. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    2. 今さら聞けない、糖質制限ダイエットのウソ・ホント

    3. お腹のぜい肉を絞り出す運動。1日10回で見違えるような体に!

    4. すきま時間で猫背を改善。−5歳の後ろ姿をつくる、簡単筋トレ

    5. タンパク質、食物繊維がしっかり摂れる野菜中心おかず10選

    6. 運動不足は解消できる! ひとりで楽しくトレーニングする3つの方法

    7. いま注目すべき菌とは? 腸活の真実

    8. 寝たまま脚パタパタで腹筋しっかりつく! 簡単エクササイズ

    9. 週3回以上緑茶を飲む人は、◯◯のリスクが低かった!

    10. インナービューティを左右する3つの菌と賢い摂り方

    1. 乳がんを克服したと思ったら、ステージ4で再発。有名女優が告白

    2. 花粉症対策は食事から!? かゆみに良い食材と悪い食材3つ

    3. がん予防に摂りたいフルーツ&飲み物9選。緑茶やコーヒーはどうなの?

    4. 片づけられない人に共通する心理。汚部屋と心はつながっている!?

    5. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    6. デート中にも潜むデリケートゾーン問題。私がもじもじしていた本当のワケ

    7. 首が、肩がかたまったなら! 最強の肩こりストレッチ4選

    8. 意外と知らないリップメイク術。3つのコツで簡単攻略!

    9. 美容好きも注目! 福本敦子さんの「自分を慈しむ」暮らしのヒント3つ

    10. 高タンパク質で低炭水化物なおかず6選。体脂肪と体重を減らせる!

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    キャメレオン竹田の占い

    今年の運勢を公開中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら

    Prevention