1. Home
  2. BODY
  3. 「1日3回の歯磨き」は、歯だけじゃなくて心臓にもいい

「1日3回の歯磨き」は、歯だけじゃなくて心臓にもいい

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,008

STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

歯磨き

白い歯でいたいなら、必ず1日2回歯を磨きなさいと歯医者さんに言われたことはありませんか?

新たに報告された研究によると、1日3回に増やせば心臓を守る効果があるかもしれません。

1日3回の歯磨きで心不全のリスクが低減!

『European Journal of Preventive Cardiology』誌で報告されたこの研究は韓国で行われたもの。心臓に大きな問題(不整脈や心不全、心臓弁の損傷による心臓病など)を抱えたことのない16万1286人を追跡調査したのです。

研究を始めた時点で、参加者は標準的な医学的検査を受け、口内の衛生状態も綿密なチェックを受けました。そして、平均およそ10年間にわたって参加者の心臓の健康状態を追跡。

その結果、驚くような発見につながったのです。1日に少なくとも3回歯を磨いていた人は、心不全になるリスクが12%低く、心房細動(不整脈の一種で、普通は血流が悪くなります)になるリスクが10%低いと判明。参加者の運動量や飲酒、血圧が高いかどうかと言った要素を加味して分析しても、同じ結果となっていました。

効果があったのは、家での歯磨きに限りません。専門家による歯のクリーニングを定期的に受けていた人でも、心臓病になるリスクが低くなっていました。

でも、口の中の衛生状態と心臓の健康との関連性が見つかったのは、これが初めてではありません。歯科学の専門誌『Journal of Dental Research』誌で2016年に発表された研究によると、歯根管治療(いわゆる、歯の神経をとる治療)を必要とした参加者は、健康な歯だった参加者よりも、急性冠症候群(冠動脈がふさがって、心臓発作などを起こす病気)になる確率が3倍高くなりました。

どうして歯を磨くと心臓にいいの?

歯磨き

この点について、今回の研究ではあまり深く調べられませんでしたが、歯磨きの回数を増やすと、歯と歯茎の間にいる細菌の量を減らせるからではないかと研究グループは考えています。口の中の細菌が少ない方が、血液中に入り込む細菌も少なくなるわけです(心臓へのダメージは血液中で発生しますから)。

「歯茎が細菌に感染して、細菌が血液中に入り込んでしまうと、心内膜炎という心臓弁の病気につながる恐れがあります」と、ジェニファー・ヘイズ医師(コロンビア大学アービング医療センターの女性心血管健康センター共同所長/ニューヨーク・プレスビテリアン病院の心臓専門医)は説明。

感染を治療しないでいると、脳卒中や心不全のほか、腎臓の損傷といった重大な(命に関わるほどの)合併症につながることがあります。

加えて、心臓専門医のサンジブ・パテル医師(カリフォルニア州オレンジコースト医療センター・メモリアルケア心臓血管研究所)によると、歯磨きの効果として、体内の炎症につながる歯肉炎や虫歯などの感染症も減ります。

「体内で炎症が起きていると、脳卒中や心臓発作のリスクが高くなります。歯と歯茎を清潔に保つことで、最終的には炎症を減らしているわけです」

もしも、1日に3回磨けなかったら?

歯ブラシ

image via shutterstock

「1日3回は磨きすぎで、逆に歯茎を痛めるのではと不安になる人もいるかもしれませんが、3回磨いても大丈夫」とペンシルベニア大学歯学部長のマーク・S・ウォルフ歯科医師。「フッ素を含む歯磨きペーストを使うこと、そしてひどく強く磨かないことを守れば、問題ありません。本当に歯がもっと健康になり、虫歯も少なくなる可能性があります」

とはいえ、「1日3回歯を磨いていなくても、心配する必要はありません。結局は歯を健康に保つことが大切なのです」と言うウォルフ医師は、今回の研究結果についても注意点を指摘。

歯を磨く回数が多いほど、心臓の病気になるリスクが下がると証明されたのではなく、集団で見るとリスクの低下が確認できたにすぎないといいます。「その上で言えることとしては、歯を磨く回数を増やしても何の害もありませんし、少なくとも虫歯と歯肉炎を減らせる見込みは確かにあるということ」

全般的に心臓をもっと健康にするためであれば、歯の健康を保つのは、効果のある「多くの要素のひとつに過ぎません」(パテル医師)。定期的に運動する、果物と野菜が豊富な食事をとる、ストレスをなるべく減らすといった要素も心臓の健康を保つためには大いに効果があるのです。

歯の健康を守りたい

歯茎から血がでるのは歯肉炎だけじゃない。栄養不足も関係!

腫れて痛い歯茎は、食生活、感染症、はたまた重大な病気のサインかもしれません。歯茎の腫れを無視してはいけない理由を医師が解説します。

https://www.mylohas.net/2019/09/199487pvn_swollengums.html

歯科医師が教える「美人をつくる口もとケア」

メイクやファッションに気を遣っているけれど、口もとは二の次。実は、印象を左右するのが口もとだった! 美と健康に導く正しいケアを女医が教えます。

https://www.mylohas.net/2019/09/198510book_mouth.html

Korin Miller/Brushing Your Teeth 3 Times a Day May Protect Your Heart Health, According to Science/STELLA MEDIX Ltd.(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 健康にいい、適度な運動量ってどのくらい?

    2. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    3. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    4. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 日本の足裏シートが海外でも人気! 快眠にいざなう5つのアイテム

    7. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    8. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    9. セックスすると妻が痛いという...そこで彼がとった行動とは?

    10. クレンジングや洗顔料でなかなか落ちない「毛穴汚れ」どう落とす?

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. セックスすると妻が痛いという...そこで彼がとった行動とは?

    4. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    5. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    8. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    9. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    10. 「ランニングに時計は必要?」と思っていた私が、すぐにトリコになったわけ

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    3. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    4. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    5. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの対人運は?

    9. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    10. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!