1. Home
  2. BODY
  3. 腹筋すごすぎ! 「女子テニス界のレジェンド」が美ボディの秘訣を公開

腹筋すごすぎ! 「女子テニス界のレジェンド」が美ボディの秘訣を公開

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

1,051

Seina Ozawa(翻訳)

セリーナ・ウィリアムズ

Image via Gettyimages

多くの時間をテニスに捧げてきたセリーナ・ウィリアムズ(セレナ・ウィリアムズ)。

グランドスラムシングルス優勝を何度も達成し、オリンピックでは4度も金メダルを獲得しています。テニスを通して手に入れた腹筋はまさに鋼のよう。自慢の腹筋をセリーナ自らが公開してくれました。

見事なシックスパックにほれぼれ!

先日、セリーナはブルーの柄ビキニを着て、姉のビーナス・ウィリアムズとヨットの上で踊るインスタグラム動画を投稿。キャプションには「Yacht got time?(ヨット時間ある?)」とメッセージが。トロピカルな景色もすてきですが、この動画で一番気になるのが、セリーナの見事なシックスパックです。

フォロワーもすぐに気づいたようで、「腹筋すごすぎ」「この腹筋がまた返ってくる!#AO2020(全豪オープン2020)」などコメントが溢れ返っていました。プロテニス選手のキャロライン・ウォズニアッキも「シックスパック!!(闘志メラメラ)」と絶賛していました。

セリーナがネットに公開したビキニ写真はこれだけではありません。この前日にも、休暇を楽しむ姿をアップしており、前から見ても、後ろから見ても、強靭な肉体美を披露。これにはスーパーモデルのジジ・ハディッドも反応。シンプルに「Yes.」とコメントを残していました。

セリーナの美ボディの秘訣は?

2年前に娘のオリンピアちゃんを出産し、現在38歳のセリーナ。ハードなトレーニング以外にも、さまざまな健康習慣を通して屈強な腹筋を維持しています。

その秘訣のひとつが、家でヘルシーな料理を手作りすること。「みんな、私のガーリックローストチキンをすごく気に入ってくれるの。少し前までは私の作ったターキータコスが人気で、今はネタが野菜のビーガン寿司よ。ほんとに料理するのが大好きなの!」と料理雑誌『Bon Appetit』に語っていました。

また、冷蔵庫にはヘルシーな食材がたっぷり。ココナッツウォーター、大量の野菜、スプラウト、ミントや生姜といった香味野菜などが詰まっているんだそう。

テニス以外では、いろいろな運動をミックスすることに夢中なんだとか。「ランニング、サイクリング、そしてエリプティカル(クロストレーナー)をやったわ。でもつまらないからうまくいかなかくて、ヨガを試したの。今は、10分走ってからダンスをやってるわね」と雑誌『Fitness Magazine』のインタビューに答えていました。


しかし、これほどすばらしい体型を持つセリーナでも、過去には自分の体に自信が持てなかった こともあったそう。

「自分の体にしっくりこない時期もあった。強すぎると感じてしまったの。少し立ち止まって、“私が強すぎるなんて誰が言ったわけ?”と自問する時間が必要だった」とアメリカのスポーツチャンネルESPNの特集番組『The Undefeated In-Depth: Serena With Common』で明かしていました。

今では、自分の強さとそれに付随するものすべてを受け入れ、感謝していると言います。「この体のおかげで、選手として最高の力を発揮できているわ」

きれいな腹筋を作るには?

ほどよい筋肉痛はよいサイン。腹筋をしっかり刺激する運動は?

15日目は「パイクトータップ」、腹筋をしっかりしぼり、背骨の可動性や安定性も鍛えていきます。

https://www.mylohas.net/2019/12/201476pvn_30days15.html

がんばらないで腹筋女子になれる方法

球体にハンドルがついた形をしたケトルベルは、一度にたくさんの筋肉を鍛えることができます。自宅でできる筋トレをトレーナーに聞きました。

https://www.mylohas.net/2019/11/202469pvn_kettlebell2.html

Leigh Weingus/Serena Williams Just Showed Off Her Rock-Hard Six Pack in a Rare Bikini Photo /Seina Ozawa(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 健康にいい、適度な運動量ってどのくらい?

    2. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    3. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    4. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 日本の足裏シートが海外でも人気! 快眠にいざなう5つのアイテム

    7. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    8. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    9. セックスすると妻が痛いという...そこで彼がとった行動とは?

    10. クレンジングや洗顔料でなかなか落ちない「毛穴汚れ」どう落とす?

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. セックスすると妻が痛いという...そこで彼がとった行動とは?

    4. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    5. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    8. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    9. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    10. 「ランニングに時計は必要?」と思っていた私が、すぐにトリコになったわけ

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    3. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    4. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    5. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの対人運は?

    9. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    10. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!