1. Home
  2. EAT
  3. 過食・早食い・ながら食べ。「太る習慣」がガラリと変わる法則は?

過食・早食い・ながら食べ。「太る習慣」がガラリと変わる法則は?

3,452

ナカセコエミコ

ダイエット

今、ここに集中するマインドフルネス。トップビジネスマンや健康に気づかう人は、始めている人も多い思考法のこと。食べ方にもマインドフルネスを取り入れることができるようです。

医学博士の石川善樹さんが監修した、ジャン・チョーズン・ベイズ著『人生が豊かになる食べ方の習慣』(日本実業出版社) には、「マインドフルに食べる」ための方法が紹介されています。

「マインドフルに食べる」とは?

マインドフルイーティング

著者は小児科医であり瞑想の指導者、オレゴン州にある禅宗寺院の代表でもあります。本著で紹介されているマインブフルネスに関する内容は、ここで開発・改良をされています。30年にわたって、マインドフルな食べ方を個人や医療従事者に指導してきた実績を持っています。

そもそも、マインドフルネスとは、「それぞれの瞬間に起きていることに、判断を加えることなく意識を集中させること」。本著には、マインドフルネスを取り入れることによって、食べることをもっと楽しく健全なものにするための23の練習がまとめられています。

この本で紹介する「マインドフルに食べる」とは、自身の内部(身体と脳と心)と、外部(自分を取り巻く環境)で起きていることに、意識的に注意を向けながら食べることです。

『人生が豊かになる食べ方の習慣』6〜7ページより引用

食べることは生きていく上で大事であり、楽しい行為のひとつです。しかし、過食や拒食、ダイエットの呪縛など、食べることと悩みがセットになっている人が多いことも事実です。

マインドフルに食べるために大事な考え方は、自分の内部や外部に集中して、批判や判断を一切しないこと。そうすることで、自分自身の中にある健康的に食べる能力を再発見できるのだと著者はいいます。

通常、人は一日2回から3回は、何かしら食べたり飲んだりしているものです。その時間を利用してマインドフルネスを体感することで、もっと心身が豊かになっていくといえそうです。

本当にそれを食べたいの?

食べたいの?

疲れていると猛烈に甘いもの辛いものを食べたくなるときがあります。そんな「食べたいという欲求」には、9つの身体の声が隠されているようです。

「食べたいという欲求」には、実は複数の感覚器官がかかわっています。目・鼻・口・胃・細胞・心・それに脳までが、私たちに「食べたい」と感じさせるシグナルを送ってきます。

『人生が豊かになる食べ方の習慣』28ページより引用

食べたいという欲求にかられたとしても、お腹が空いているわけではないということもよくあります。自分の中の何が飢えているのか、はっきりとはよくわからないものです。しかし、飢餓感の側面をよく調べていくと、9つのうち、どの部分に問題があるのかが、明確にわかってくるようです。

たとえば、自分がどんな食べ物を見たときに食べたいと感じるのか。または、どんな食べ物に目が引き寄せられるのか。まずは一週間、よく気をつけて見てみると、自分自身の「目の声」に気がつくのだといいます。

また、おいしそうな匂いにつられて、食べたくなってくるということもよくあります。何かを食べるとき飲むときには、ちょっと手を止めて、その香りを嗅いでみることもよいのだとか。鼻の奥にある匂いに反応する細胞は、原始脳にある感情や記憶を処理する中枢に近い場所にあって、信号が脳に直接伝わるのだといいます。それは食べ物だけではなく、すべての匂いや香りに通じることなのかもしれません。

どんな匂いに自分は反応しているのか、心の耳をすませてみることは自分自身の現状を知ることに通じるといえるでしょう。

食べる速度を落としてみよう

急がないで

人は自分自身の不完全さに対して、つい批判的になってしまうものです。著者は、私たちの内部には「内なる批評家」がいるのだといいます。

内なる批評家は、何かと自分を非難してきます。しかし、マインドフルな状態になると、内なる批評家は姿を消して、探索心や好奇心に変わってくるのだとか。そのためには、愛と思いやりを持つことがポイントになってきます。

たとえば、自分自身をお客様のように扱って、心を込めて食事の用意をします。テイクアウトの料理をボール紙のままではなく、お皿にきれいに並べるだけでもOK。最初の何口かを食べるときには、「自分の腸内に住むたくさんの微生物に食べ物を与えるのだ」と考えて、健康になりますようにと念じてみる。身体の中の微生物にも愛と思いやりを向けることは、自分自身に慈悲の心を向けることにもつながります。

研究により、食べる速度を落とす練習をすると、健康改善に有効であることが実証されています。

『人生が豊かになる食べ方の習慣』161ページより引用

マインドフルに食べる練習において、一番重要なのは、食べるスピードを落とすことであると著者はいいます。

食事は、お腹を満たすためだけのものではありません。ゆっくり食べると食べすぎることもなくなり、噛んで小さく砕くことで栄養素をより多く取り入れることも可能になります。

食べることを通じて、自分自身に感謝の心を込めていく。心身が満たされてマインドフルネスを体感することができそうです。

上手に食欲をコントロール

食べすぎ・ムダ食いを防ぐ、一番簡単なテクニック

「食欲を抑えるテクニックがあるなら知りたい!」と思っている方、もしかしたら一番簡単なテクニックを見過ごしているかもしれません。簡単なある方法がなぜ食...

https://www.mylohas.net/2019/12/203566sp_eat_too_much_diet_bite.html

食欲コントロールできる、10個の簡単メソッド

後編は、食べすぎ飲みすぎを防ぐ方法の実践編です。脳神経外科医の菅原道仁先生に、とっておきの方法を教えていただきました。ひとつでも年末年始にはじめてみ...

https://www.mylohas.net/2019/12/203741sp_eat_too_much_brain02.html

人生が豊かになる食べ方の習慣]image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    3. 「美魔女」は一日にして成らず。意外な美の秘訣とは

    4. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    5. 夏の常備菜作りは慎重に。「食中毒予防」の3原則

    6. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    9. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    10. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    3. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    4. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    5. イライラやアレルギー症状も。体内の「油バランス」の悪化が原因?

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. なぜ「劣化」という言葉が使われるのか。嫉妬心の裏返し?

    8. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    9. むくみと冷えを解消し、堂々と出せるスッキリ美脚に

    10. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    3. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    4. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    5. 女優はなぜ太らない? なりきるだけの「やせメンタル」ダイエット

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. 毛穴・小ジワ・テカリをまるっと解決「魔法の化粧下地」。これはリピです!

    8. 内臓脂肪と皮下脂肪は別もの。それぞれの効果的な減らし方は?

    9. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    10. これからは「人を許せない」気持ちが増幅していく/脳科学者・中野信子さん

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら