1. Home
  2. STYLE
  3. ダイエットや筋トレを成功に導く、習慣化のすすめ

ダイエットや筋トレを成功に導く、習慣化のすすめ

6,488

知恵子

計画を立てる女性

何か新しいことにチャレンジしたい。そんな意欲がもっとも高まる年始がやってきました。

せっかくだからこの機会に、食事や健康、運動などの目標を掲げ、習慣化させてみませんか? 参考にしたいおすすめの習慣や、習慣が身につく方法についてまとめてご紹介します。

目標をやり遂げるためのコツを知る

カレンダーを眺める女性

目標を決めることよりも、難しいのは、実現させることです。そこで、成功までやり遂げるための具体的なアイデア11個を提案してくれました。

たとえば、具体的な行動ステップをひとつひとつ計画的に進めるために、月単位で目標を設定するなど。どれも今すぐに活用したいアドバイスばかりです。

心に決めたことを日常に定着させるための具体的なアイデア11

脳が覚えると、ラクに正しい食習慣が身につく

脳の満腹中枢

現代人は食べすぎなのだとか。もちろん、食べすぎ飲みすぎで後悔したら、反省はします。でも、食欲をコントロールするのは難しい。それならいっそ、脳に覚えさせるという手もあります。

脳神経外科医の菅原道仁先生に教わった、食習慣を変える方法をご紹介。なかでも「ドーパミン・コントロール」は必見です。

食欲コントロールできる、10個の簡単メソッド

自分に合ったサプリを知っておくことも大切

wellvisサプリメント

栄養バランスに配慮した食事をとりたいけれど、思い通りにはいかないもの。そこで便利なのはサプリメントで補うことです。でも、どのサプリが自分に合うのかわからずに悩むことも。

そこで自分に最適なサプリに出合えるサービスをご紹介。医師監修によるヘルスチェックにもとづいているので安心です。

ヘルスチェックつき。医師監修 パーソナライズ・サプリブランドの魅力3つ

ダイエットは「できるだけ」「少しずつ」で長続き

ダイエットアイテム

思い切ったダイエットは失敗のもと。でも、無理せずに少しずつ変えていけば、それが健康的な習慣へとつながっていきます。

たとえば、できるだけ加工食品を避けるとか、できるだけ階段を使う、機会を見つけて体を動かすなど。習慣にしやすく、長続きするダイエットのコツをご紹介。

生活を少しだけ変えるダイエット。CMを座って見ると年間12kgの損!

タイプ別のアプローチで、きっとジムが好きになる

トレーニングする女性

運動が好きな人はいいけれど、もともと好きではないのに、健康のために運動習慣を身につけたい場合はどうすればいいのでしょうか?

その答えは、自分がどういうタイプかを知ること。なぜなら、タイプ別でアプローチ法が変わるから。まずは5つのセクションを読んで、該当する方法で試してみましょう。

運動習慣は作れる! タイプ別、強く健康的な体を作る習慣のコツ

ダイエット成功の秘訣

あなたが太ったのは「動かない」からです。ジムに行かずにやせる方法

階段を見つけるたびに嬉々として上り下りし、体脂肪率9%台をキープしている京大の"筋肉先生"こと森谷敏夫教授。最終講座となる連載第5回では、ジムに行か...

https://www.mylohas.net/2019/12/201541toshio_moritani05.html

ダイエットに効果的な運動のタイミングは朝食前?

健康やダイエットを考えるうえで、いつ運動して食事するのが良いかは悩ましいところ。食事と運動のタイミングを調整することで、脂肪の燃焼効率を高めて血糖値...

https://www.mylohas.net/2019/12/203621exercise.html

image via Shutterstock

    specialbanner
    specialbanner

    Ranking

    1. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    2. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    3. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    4. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    5. あなたは大丈夫? ものすごくつまらない人に共通する16の特徴

    6. 意外と知らない「爪の切り方」。健康的な爪の形はどれ?

    7. 「オメガ3系脂肪酸」は青魚だけじゃない!意外な●●で摂取できる!?

    8. 背骨、股関節がすっきり! 座ったまま簡単ストレッチ

    9. 一歩進んだアーユルヴェーダ美容!塗って寝るだけナイトパック&1本で3役のボディソープ【プレゼント】

    10. 視力矯正に病気の早期発見も。「進化したコンタクトレンズ」が誕生!?

    1. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    2. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    3. 編集部が自腹買いした優秀コスメ。コスパよすぎの保湿アイテムは?

    4. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    5. だるさや疲労感を改善する、ちょっとした生活習慣のヒント4つ

    6. お尻をほぐせばラクになる。寝転びながらできる簡単ストレッチ

    7. 「一日でやることは3つだけ」。全米でバズったライフハック

    8. 運動習慣がある人も脳卒中に襲われる! その怖さを体験者が激白

    9. お尻の筋肉を気持ちよくほぐす! 「小尻」をめざせるストレッチ

    10. 代謝を上げて、食欲を抑える「低カロリーな飲み物」6選

    1. 普段よりうんちがくさくなる9つの理由を医師が説明

    2. アボカドをひと晩で完熟に! キッチンにあるもので簡単にできる裏技

    3. なぜ眉メイクは難しい? 失敗しないポイントは3つ

    4. 躁とうつを繰り返す「双極性障害」はどんな病気? 有名人がつらさを告白

    5. 血圧を下げる3か条。積極的に摂るべきフードは?

    6. 30日間、毎日ダークチョコを食べる研究でわかったこと

    7. 「ちょいチェンジ」がカギ。春トレンドのメイク&スキンケア術

    8. 脳卒中と脳梗塞はどう違う? 脳卒中になりやすい人の特徴は

    9. あなたの砂糖中毒度はどのくらい? 摂りすぎをチェックする8つの質問

    10. 硬い体がみるみるやわらかくなるポーズ。座ってできます!