1. Home
  2. BODY
  3. 花粉症対策に「にごり酢」を! 専門家が話すすごいパワー

花粉症対策に「にごり酢」を! 専門家が話すすごいパワー

花粉症対策2020

2,066

田邉愛理

花粉

日本の国民病ともいわれる花粉症。これまでさまざまな花粉症対策が研究されてきましたが、身近な調味料である「お酢」を活用することで、つらい鼻づまりなどの不快感が改善できるかもしれません。

お酢作りに欠かせない「酢酸菌(さくさんきん)」について研究する「酢酸菌ライフ」主催のメディアセミナーから、酢酸菌の知られざるはたらきをご紹介します。

「食べる菌体験」で免疫アップ

発酵食品

花粉症に悩む人は年々増加しており、都内では2人に1人が罹患しているともいわれます。

漢方医学や自然療法に詳しい石原新菜先生(イシハラクリニック副院長)によると、その原因のひとつは「菌との接触が減少している」こと。「多様な菌に触れている農村部の子どもは、都市部とくらべて花粉症の有病率が低い」と話します。

石原先生

石原先生

農耕や牧畜で自給自足しているアメリカのアーミッシュは、花粉症やアトピーの発症率が都市部の10%以下という調査結果があります。花粉症は、花粉自体が身体に悪さをするのではなく、花粉を異物と勘違いしてしまう免疫システムのエラーで起こるもの。エラーを阻止することが花粉症の予防・改善につながります。


免疫システムのエラーを防ぐためには、さまざまな菌に「食」を通して触れる、「食べる菌体験」が重要だと石原先生。

石原先生

石原先生

体質改善のポイントは、身体全体の7割もの免疫細胞が集まる腸。お酢、ヨーグルト、納豆、キムチなど、さまざまな発酵食品を取り入れる「食べる菌体験」によって免疫細胞を刺激することで、免疫バランスの改善が期待できます。


酢酸菌が免疫細胞を活性化?

菌から守る

免疫バランスを整える「食べる菌体験」というと、乳酸菌や納豆菌を思い浮かべる人が多いかもしれません。これらに加え、菌活の新たな選択肢として注目されるのが「酢酸菌」です。

酢酸菌とは、お酢をつくるときに欠かせない菌のこと。酢酸菌の健康価値を研究する東京農業大学 応用生物科学部 醸造学科の前橋健二教授は、酢酸菌を「食べられる菌」と表現します。

前橋教授

前橋教授

乳酸菌や納豆菌は、厚い細胞壁を持つ「グラム陽性菌」。それに対し、酢酸菌は薄い細胞壁を持つ「グラム陰性菌」です。グラム陰性菌に特有の成分である「LPS(リポ多糖類)」は、免疫細胞(マクロファージ)を活性化することがわかっています。


さらに酢酸菌は、乳酸菌や納豆菌には押せない「TLR4」という免疫スイッチを押すことができるそう。

石原先生

石原先生

「TLR4」は免疫バランスを整え、免疫の誤作動や過剰反応を抑制し、花粉症などのアレルギー症状を抑えることがわかっています。

ある研究(※)では、一日30mgの酢酸菌を4週間続けて摂ったところ、花粉症による「鼻づまり」の不快感や、ホコリやハウスダストによる鼻の不快感が、酢酸菌摂取から4週間後に改善されました。さらに酢酸菌と乳酸菌を併用することで、単体で摂取するよりも倍以上のマクロファージ活性が確認されています。これは、個人的にもかなりすごいデータだと思います。

※出典:吉岡ら, 酢酸菌(Gluconacetobacter hansenii GK-1)は健常者の鼻の不快感を軽減する-無作為化二重盲検プラセボ対照並行群間 比較試験-, 2019


透明なお酢には「酢酸菌」が少ない?

お酢

花粉症対策の新たな選択肢となりそうな「酢酸菌」。どうすれば上手に食生活に取り入れることができるのでしょうか。

製品によって含有量が異なるので、一概に量は決められませんが、日常的にお酢を取るならば、大さじ1~3杯くらいだそう。ただし、お酢から摂るときには注意点があると前橋教授は指摘します。

前橋教授

前橋教授

じつは現代の一般的なお酢の多くには、酢酸菌がほとんど含まれていません。製品の安定化と見栄えのためろ過される過程で、酢酸菌が失われてしまうのです。ただしバルサミコ酢・黒酢・香酢には、酢酸菌の細胞成分が少量含まれています。


酢酸菌を豊富に含むのは、伝統的な製法でつくられた昔ながらの「にごり酢」です。「にごり酢」なら小さじ1杯程度で、酢酸菌による免疫アップ効果が期待できるそう。福岡の「庄分酢」や青森の「カネショウ」などの蔵元では、現在も「にごり酢」がつくられています。

免疫力を高めるためには、乳酸菌や納豆菌に加えて、酢酸菌を含めた多様な菌を摂ることが重要だと前橋教授。日本古来の「にごり酢」が、今後の花粉症対策の新たな選択肢になりそうです。

つらい花粉症対策に

あー、鼻水がとまらない! そんなときはこの手をつかって

風邪をひくと、ティシュの箱がつぎつぎと空っぽに。でも、鼻水がたれてくるのはイヤな風邪のときばかりではありません。副鼻腔(鼻腔のまわりにある空洞)や鼻...

https://www.mylohas.net/2018/09/174996runny-nose.html

今年の花粉症対策。花粉量は例年よりも少ない? 多い?

「今年の花粉症対策」について、女性医療ジャーナリストの増田美加がお伝えします。気になる花粉飛散量の予測は? おすすめの対策方法は? 花粉症って治るの...

https://www.mylohas.net/2020/01/strategy63.html

石原新菜先生

石原新菜(いしはら・にいな)先生
イシハラクリニック 副院長。2006年帝京大学医学部卒業。同大学病院で2年間の研修医を経て、現在は父・石原結實のクリニックで主に漢方医学、自然療法、食事療法により、種々の病気の治療にあたっている。クリニックでの診察の他、わかりやすい医学解説と、親しみやすい人柄で、講演、テレビ、ラジオ、執筆活動と幅広く活躍中。主な著書『おいしくて体に効くお酢レシピ(扶桑社)』他多数。

前橋健二教授

前橋健二(まえはし・けんじ)教授
東京農業大学 応用生物科学部醸造科学科 教授。1994年、東京農業大学農学研究科醸造学専攻修士課程修了。東京農業大学応用生物科学部醸造科学科准教授を経て2016年から現職。調味食品科学研究室に所属し、発酵と味覚の研究に従事している。

image via shutterstock

    specialbanner

    Ranking

    1. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    2. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    3. 「美魔女」は一日にして成らず。意外な美の秘訣とは

    4. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    5. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    6. 料理家・有元葉子さんが85の「今さら聞けない料理のこつ」を解決!

    7. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    8. 夏の常備菜作りは慎重に。「食中毒予防」の3原則

    9. 2020年8月10日〜今週の運勢 【LUAの12星座占い】

    10. 肩こり、腰痛、全身ケアに。フォームローラーを使った筋膜リリース3選

    1. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    2. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    3. ノースリーブを着たい人必見! 二の腕をすっきりさせるトレーニング

    4. イライラやアレルギー症状も。体内の「油バランス」の悪化が原因?

    5. ルールはたった2つ。医師考案の「夜はちみつ」で痩せる理由

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. よどんだ夏肌の救世主が新登場! 肌ノイズに着目した新美顔器

    8. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    9. マスク、運動不足...。リスクが高まるコロナ禍の熱中症対策

    10. なぜ「劣化」という言葉が使われるのか。嫉妬心の裏返し?

    1. 人気トレーナーが語る。眠りと機能美エクササイズの重要な共通点とは?

    2. 昔も今も根強い人気!「オバサンパーマ」が好まれる理由とは?

    3. 猫背や四十肩につながり、見た目を老けさせる「巻き肩」解消法

    4. 睡眠で変わった毎日のコンディション。その秘訣とは?

    5. 女優はなぜ太らない? なりきるだけの「やせメンタル」ダイエット

    6. 逆に太る?「炭水化物抜きダイエット」の落とし穴

    7. 毛穴・小ジワ・テカリをまるっと解決「魔法の化粧下地」。これはリピです!

    8. 内臓脂肪と皮下脂肪は別もの。それぞれの効果的な減らし方は?

    9. 手軽に熱中症対策。医師がすすめる〇〇〇ジュースのちょい足しアレンジ

    10. お弁当箱をものさしに。25kg減量した管理栄養士が教える食事術

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎週月曜日更新中!

    マーキュリー占星術

    毎月25日に更新中

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら