1. Home
  2. BODY
  3. アルコール依存症になりやすい性格があった! とくに女性に増加中の理由とは?

アルコール依存症になりやすい性格があった! とくに女性に増加中の理由とは?

食べすぎ 飲みすぎ

3,648

田邉愛理

飲み会で楽しむ男女

images via shutterstock

年末の忘年会、お正月、冠婚葬祭、新年会……日本人の文化にアルコールは広く深く根づいています。しかし、アルコールは強力な依存性をもつ薬物。習慣的に使用していれば、誰でも「アルコール依存症」になるリスクがあるのです。

アルコール依存症の専門医である倉持 穣先生にうかがう、アルコール依存症の基礎知識。依存症度のチェック方法をお伝えした前編に続き、後編ではアルコール依存症になりやすい性格の特徴や、女性の依存症患者が増えている理由についてお聞きしていきます。

アルコール依存症になりやすい性格がある

ストレスを抱える女性

images via shutterstock

かつて「アル中」という蔑称で呼ばれたように、アルコール依存症には特有のイメージがあります。しかし現代において、アルコール依存症は多様化の一途をたどっていると倉持先生は話します。

倉持穣

倉持 穣先生(以降、倉持先生)

暴力をふるったり借金をしたりする「暴れん坊タイプ」はいまや少数派。内科・外科疾患が表に出る人たちや、うつ病などの精神疾患を合併する人など、「おとなしいアルコール依存症患者」が増えています。性格的には、下記のようなタイプはアルコール依存症になりやすいといえます。


アルコール依存症になりやすい性格

  • ストレスをためこみやすい人
  • 他者に対して、弱音や愚痴を言えない人
  • 他者に気を遣いすぎる人
  • 他者に対して「いい顔」をしてしまう人
  • 他者に対して「No」と言えない人
  • 他者から嫌われることを怖れる人
  • 環境に対して「過剰適応」傾向の人
  • 几帳面で、完全主義の人
  • 仕事を「いい加減に終わらす」ということができない人
  • 不安が強く、心配性の人
  • 物事を悲観的に考えやすい人(ネガティブ思考)
  • 「こうしなければならない」と考えやすい人(すべき思考)
  • 物事にのめり込みやすい人(過集中傾向/熱中性)
  • リラックスすることやのんびりすることが下手な人
  • せっかちな人
  • 眠るのが下手な人

「いい子」神話に縛られている

女性のライフスタイルの変化

images via shutterstock

女性のライフスタイルの変化にともない、女性のアルコール依存症患者が急増していることも見逃せません。

倉持穣

倉持 穣先生

2003年に行われた厚労省の全国調査によると、女性の患者数は8万人でしたが、10年後の2013年には13万人と、約1.6倍に増えています。増加率は男性を上回っており、将来的には女性が男性を上回る可能性もあります。
女性の社会進出は進んでいますが、社会的サポート体制は充分ではなく、仕事、家事、子育て、介護と、負担が集中しやすい状況にあります。こうしたストレスが、過剰な飲酒の背景にあるのでしょう。

倉持先生いわく、女性のアルコール依存症患者は「いい子」「いい人」であろうと努力してきた人が多いそう。


倉持 穣

倉持先生

親の期待に応えられる「優秀な娘」、「いい子」でなければならない。社会から認められる「有能な人」でなければならない。みんなから好かれる「いい人」でなければならない。しっかり者の「いい妻」「いい嫁」「いい母親」でなければならない……。こうした「いい子」神話に縛られているのかもしれません。
アルコール依存症にならないためには、ストレスをためこまず、他者に相談できるようになることが大切。「ときには嫌われても仕方ない」と思えるように、いい意味で「いい加減さ」「適当さ」を持てるようになるといいですね。

「減酒外来」に通う患者が増えている

お酒の量を控える

images via shutterstock

倉持先生によると、女性は男性とくらべて、より少量の飲酒量でアルコール依存症や肝硬変、慢性膵炎になりやすいとのこと。また男性の場合、長い期間をかけてアルコール依存症になる人が多いのに対し、女性はライフイベント上の変化をきっかけとして、短期間(1年~5年)でアルコール依存症を発症する傾向があるといいます。

倉持 穣

倉持先生

もしも「自分はアルコール依存症かもしれない」と感じたら、ぜひ医師に相談してください。アルコール依存症は性格的な問題であり、治らないという先入観がある人が多いのですが、アルコール依存症は回復可能な疾患です。
断酒したいけれど入院は難しいという人は、外来で治療することもできます。また、断酒ではなく「減酒外来」という形で、アルコール摂取量を減らしながら治療する人も増えています


現在、倉持先生のクリニックでは通院患者の3分の1が「減酒外来」で治療をしているそう。アルコール依存症を正しく理解し、減酒日記やアプリを利用するだけでも、病状が改善することがあると話します。

倉持 穣

倉持先生

2019年3月には、日本初のアルコール依存症に対する飲酒量低減薬・セリンクロ(一般名:ナルメフェン)が発売されました。アルコール依存症患者に対して、医療ができることはたくさんあります。治療により回復していく患者が数多くいることを、ひとりでも多くの方に知ってほしいと願っています。

>>特集「食べすぎ 飲みすぎ」の他の記事を読む


アルコール依存症にならないために

あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

「アルコール依存症」は自分には関係と思っていませんか? お酒を飲むのであれば、誰にでもなり得る生活習慣病なのです。特に、女性の場合は社会で活躍する場...

https://www.mylohas.net/2019/12/204226sp_eat_too_much_alcoholism01.html

焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

「焼酎は太らない」「休肝日は週に2日」というお酒の常識は本当?アルコールに関連する内科学を専門とする教授が、医学的な見解から紐解きます。

https://www.mylohas.net/2019/12/204163sp_eat_too_much_book_drunk.html

倉持穣(くらもち じょう)先生

さくらの木クリニック秋葉原 院長。茨城県水戸市出身。精神科医。1988年、東北大学医学部卒業。東京医科歯科大学精神科、東京都立広尾病院神経科、東京都教職員互助会三楽病院精神神経科(医長)、柏水会初石病院(医局長)などに勤務。2014年、さくらの木クリニック秋葉原を開院。同院院長。精神保健指定医、精神科専門医、精神科指導医、日本医師会認定産業医。専門は、一般臨床精神医学、アルコール精神医学。著書に『クリニックで診るアルコール依存症 減酒外来・断酒外来』(星和書店)がある。

    specialbunner

    Ranking

    1. 健康にいい、適度な運動量ってどのくらい?

    2. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    3. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    4. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 日本の足裏シートが海外でも人気! 快眠にいざなう5つのアイテム

    7. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    8. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    9. セックスすると妻が痛いという...そこで彼がとった行動とは?

    10. クレンジングや洗顔料でなかなか落ちない「毛穴汚れ」どう落とす?

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. セックスすると妻が痛いという...そこで彼がとった行動とは?

    4. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    5. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    8. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    9. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    10. 「ランニングに時計は必要?」と思っていた私が、すぐにトリコになったわけ

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    3. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    4. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    5. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの対人運は?

    9. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    10. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!