1. Home
  2. EAT
  3. いま「1月禁酒」が人気の理由。対処法とその効果とは?

いま「1月禁酒」が人気の理由。対処法とその効果とは?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,351

Maya A. Kishida(翻訳)

ワイン

年末年始は、つい飲みすぎるもの。

しかし、楽しい年末が終わると「ドライ・ジャニュアリー(1月禁酒)」を始める人もいるようです。これはイギリスの慈善団体「アルコール・チェンジUK」が始めた運動で、お酒との関係を見直すために、新年の1カ月間アルコール節制にチャレンジしようというもの。

飲む量を減らすという新年の抱負として実践する人もいれば、年末にカクテルやワインをたっぷり楽しんだので体調をよくしたいからやってみるという人もいるようです。

「1月禁酒」にはどんな効果があるのでしょうか。また飲まないでいるにはどうしたらいいのでしょう? 専門家が説明します。

「1月禁酒」が人気の理由

水

アルコール・チェンジUKによれば、毎年何百万人もの人が「1月禁酒」を実践しているそうです。

公式サイトでは「ひと晩、一か月、あるいはもっと長い間、期間を問わずアルコールを飲まないでいることが自然だと思えるようになるチャンス」と宣言。「多くの人が、飲んでしまったことに後悔を感じています」

年末年始の食べすぎ、飲みすぎで、体重が増えた、よく眠れなくなった、健康を考えていったんリセットしたいなどと思う人もいるでしょう。そう話すのは、ニューヨーク市にあるイレブンイレブン・ウェルネスセンターの総合栄養士でヘルスコーチのドーン・ブリジッドさん(理学修士、専門看護師, 管理栄養士)です。

また、1月は新年の抱負を掲げるのに理想的なタイミング。31日間という短い期間なら、ほとんどの人は「自分にもできる」と思うのではないでしょうか、とブリジッドさんは言います。

どうすれば1月禁酒を成功できる?

酒を断る女性

image via shutterstock

「1月禁酒を簡単にできる人もいれば、なかなか難しい人もいます。友人や家族に参加していることを報告したり、一緒にやってみないか誘ってみましょう」(ブリジットさん)

いっぽうで、定期的にたくさんアルコールを摂取している人の場合、突然お酒をやめると危険な離脱症状が出る場合もあるとホワイト医師は注意を促しています。

「その人がどのくらいの量を、どの程度の頻度で飲んでいるのかにもよりますが、アルコールの禁断症状には、不眠症、情緒不安、発汗、不安感、吐き気、発作などがあり、ときには死に至ることすらあるのです」。アルコール中毒で苦しんだことがある人は、禁酒を行う前に必ず医師に相談してください。

1月禁酒が終わってから、再びふだんの生活でお酒を飲む際には細心の注意を払ってください、とホワイト医師は言います。「アルコールへの耐性が弱くなっている可能性もあるので、再び飲み始めたときに思ったよりも大きな機能障害が現れるかもしれません」。

2月1日になったら、1、2杯は気兼ねなく楽しんで。でもどんな気分になるのかを正確に判断するためにも、ゆっくり飲むようにしてください。

次に具体的なメリットを紹介します。

>>特集「食べすぎ 飲みすぎ」の他の記事を読む

お酒のトラブルを解決

もしかしてアルコール依存症? 飲みすぎをやめたい人におくる5つの話

アルコール依存症、グレーゾーン飲酒、アル中、飲みすぎ……あなたも当てはまるかも? これらの危険性と、禁酒のやり方もご紹介。「飲みすぎ」のリスクを回避...

https://www.mylohas.net/2019/12/203435sp_eat_too_much_alcohol.html

つらくならないお酒のやめ方。成功者が試した方法、禁酒のメリットは?

お酒をやめたい人は必読。「アルコールをやめたい」と思ったアメリカ在住の女性が、禁酒・減酒に成功できたのは「とあるツール」を活用したから。それはなに?

https://www.mylohas.net/2019/09/198500pvn_alcohol.html

Lauren Del Turco/6 Benefits of Going Alcohol-Free for Dry January, According to Experts /Maya A. Kishida(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 健康にいい、適度な運動量ってどのくらい?

    2. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    3. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    4. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 日本の足裏シートが海外でも人気! 快眠にいざなう5つのアイテム

    7. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    8. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    9. セックスすると妻が痛いという...そこで彼がとった行動とは?

    10. クレンジングや洗顔料でなかなか落ちない「毛穴汚れ」どう落とす?

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. セックスすると妻が痛いという...そこで彼がとった行動とは?

    4. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    5. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    8. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    9. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    10. 「ランニングに時計は必要?」と思っていた私が、すぐにトリコになったわけ

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    3. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    4. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    5. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの対人運は?

    9. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    10. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!