1. Home
  2. SKIN&HAIR
  3. 髪や頭皮にいい天然シャンプー、たとえば重曹ってアリなの?

髪や頭皮にいい天然シャンプー、たとえば重曹ってアリなの?

Prevention カラダや心を健康にする予防習慣

2,560

Seina Ozawa(翻訳)

重曹

お菓子づくりやバスタイムに役立つ「重曹」。

アメリカでは、市販のシャンプーを使わない「ノープー(ノーシャンプー)」、つまり家にある安価で自然な製品だけを使って髪を洗うのが少し前からブームで、ネットでも話題となっています。

多くのブログで紹介されているのが、重曹水で髪を洗った後、薄めたアップルサイダービネガーですすぐ方法です。この手作りシャンプーが髪の油を落とし、美しく輝くしなやかで強い髪へと導いてくれるというのです。

しかし、髪と頭皮に詳しい専門家は、髪の油や汚れは落ちるものの、粗い研磨剤である重曹を使えば頭皮や髪まで痛めてしまう可能性があると指摘します。

「よくみなさんに聞かれるのは、シャンプーの頻度やシャンプーは髪に悪いのか、といった質問です」と話すのは、ニューヨークでPenny James Salonを営む毛髪学者のペニー・ジェームズさん。「アップルサイダービネガーですすぐのはいいと思いますが、頭皮と髪の洗浄に重曹を使うのはおすすめできません」

イェール大学医学大学院教授で皮膚科医のモナ・ゴハラ医師も懐疑的な見方をしています。「私はあまり気に入っていません」とゴハラ医師。「ハンドメイドに反対なわけではないですよ。ミネラルオイルを軽く頭皮につけるのはいいと思いますが、重曹だと頭皮を痛める危険があります

ちょっとした化学のお話

ph検査

image via shutterstock

化学の授業で、リトマス紙に液体をつけて酸性かアルカリ性かを調べたのを覚えていますか? 重炭酸ナトリウムとも呼ばれる重曹は、pH値が9の強アルカリ性。「pH値が高いほど、髪には負担がかかります」とジェームズさんは説明します。「希釈した重曹で髪を洗うと、髪のキューティクルが開き、毛幹が乾燥します。扱いが非常に難しくなり、髪が損傷してしまうかもしれません」

ゴハラ医師によると、重曹は毛幹だけでなく頭皮を痛める可能性もあるんだそう。「人の肌のpH値は5.5で弱酸性なので、中性pHの製品を使うのがおすすめです。重曹シャンプーは頭皮の赤み、炎症、かゆみを引き起こす可能性があります」

重曹シャンプーでノープー実践をすすめるブログの多くには、pH値の高い製品によるダメージはpH値の低い(pH値3)酸性のアップルサイダービネガーですすげば相殺される、と書かれています。

ジェームズさんも「酸性溶液はキューティクルを平らに整え、髪のツヤや毛幹のうるおいアップに役立ちます」とビネガーリンスの効果については認めています。ただし、刺激の強い重曹は避け、しっとり感を与えてくれるビネガーリンスだけを使うよう、患者さんにすすめているそうです。

優しくシャンプーするべし

シャンプーする女性

image via shutterstock

重曹は料理に使うためにとっておいて、と推奨するジェームズさん。代わりに1日おきに髪に優しいシャンプーで頭皮をマッサージし、髪先に泡を流すようにするといいでしょう、とのこと。

「空気中の汚染物質や製品の蓄積、頭皮の余分な油(もしくは頭皮の過剰な乾燥)はすべて髪に影響を及ぼします。なので、pH5.5のシャンプーを使うことが髪の健康のために重要です」

シャンプーで気を付けたいこと

抜け毛、白髪などエイジングの悩みに。美容のプロおすすめのヘアケア

頭皮の状態が不安定になりがちな季節に見直したいのがシャンプー。美容業界で活躍する新井ミホさんに、頭皮のニオイや白髪、紫外線ダメージが気になる人におす...

https://www.mylohas.net/2019/10/197983recommendbeauty.html

薄毛に悩んでいませんか? 遺伝以外の原因とシャンプー・育毛剤のよしあし

薄毛が気になるのは男性だけではありません。抜け毛などが増えたら医師の診断を受けた方が良いかも。原因を理解してしっかり対策していきましょう。

https://www.mylohas.net/2019/09/198918pvn_hairloss.html

Marisa Cohen/Does Baking Soda Actually Work As a Natural Way to Shampoo Your Hair? /baking-soda-for-hair/Seina Ozawa(翻訳)

    specialbunner

    Ranking

    1. 健康にいい、適度な運動量ってどのくらい?

    2. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    3. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    4. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    5. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    6. 日本の足裏シートが海外でも人気! 快眠にいざなう5つのアイテム

    7. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    8. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    9. セックスすると妻が痛いという...そこで彼がとった行動とは?

    10. クレンジングや洗顔料でなかなか落ちない「毛穴汚れ」どう落とす?

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!

    3. セックスすると妻が痛いという...そこで彼がとった行動とは?

    4. 「余計な習慣をやめるだけ」自律神経を整える基本のルール

    5. 筋トレなら「肩こり」も解消できる! 可動域を広げるエクササイズ5選

    6. 自然にコレステロールを下げてくれる12の食品

    7. 1分で仕込めて効果も絶大。プロが教える簡単アイライン

    8. 日本のスーパーフード「納豆」の知られざるパワー10

    9. ひどい肩こりは鍛えてなおす! 肩こり解消ストレッチ&筋トレ5選

    10. 「ランニングに時計は必要?」と思っていた私が、すぐにトリコになったわけ

    1. メンタルが強い人の6つの習慣。心の筋トレで強くなる!

    2. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    3. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    4. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    5. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    6. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    7. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの対人運は?

    9. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    10. 高タンパク・低脂質がうれしいデザート9選。管理栄養士が推薦!