1. Home
  2. BODY
  3. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

Healthday News

5,367

MYLOHAS編集部

ランニングマシンで走る女性

運動しすぎると判断力が鈍る?

運動しすぎると脳の疲労を招き、物事の判断力が鈍る可能性がある、という研究結果がフランスから発表されました。持久力を必要とする持久系スポーツにはさまざまな健康へのメリットがありますが、トレーニングをしすぎると脳に悪影響が及ぶ可能性があるそうです。

研究チームは今回、持久系スポーツの男性アスリート37人(平均年齢は約35歳)を対象に、3週間にわたって通常のトレーニングを行うグループ(18人)と1回当たりのトレーニング負荷を40%増やして行うグループ(19人)に割り付けて観察しました。

運動の疲れが衝動的な行動につながる!?

脳

機能的MRI(fMRI)による画像検査を行った結果、トレーニング負荷を増やし、疲れ果てるまで自分を追い込んだグループでは、物事を判断する際に重要な脳領域である「外側前頭前皮質」の活動性が低下していることが明らかになりました。

また、シミュレーションモデルを使って金銭に絡む意思決定の様子を調べたところ、運動負荷を増やしたグループは、時間がたてば得られる大きな報酬よりも、すぐに手に入る目先の報酬を獲得しようとする衝動的な傾向が強くなっていました。

研究チームは「この研究結果は、物事の判断には脳・神経の状態が大きく関わってくるという事実を示唆しています。つまり、脳が疲労している状態では、いつも通りの判断はできないということです」と語っています。

この研究チームは以前の研究で、外側前頭前皮質は過度な精神労働に弱いことを明らかにしていました。

研究リーダーは「今回の研究から、過度のスポーツトレーニングが影響するのもやはりこの領域であることが分かりました」と話すとともに、「外側前頭前皮質は、認知制御の際、つまり情報処理や行動を制御する際に弱点となることも示されました」と解説しています。

今回の研究は、裏を返せば、精神活動だけでなく、身体活動においても認知制御が不可欠となっていることを示しています。研究チームは「スポーツに限らず、政治や法律、金融といったさまざまな分野で間違った判断をしないためには、疲労の程度について注意を怠るべきでないでしょう」と語っています。

適度な運動を習慣に

“走らずに走れる脚をつくる”方法

フルマラソン完走に向けた企画第1弾。想定は、2020年3月1日の東京マラソン完走。残り3ヶ月で走力をアップするために、フィジカルトレーナーの中野ジェ...

https://www.mylohas.net/2019/12/202944_nakano_layertraining01.html

握るだけでも筋力UP! ケトルベルを使った自宅トレーニング10

体幹から脚の筋肉、前腕や握力のトレーニングにも効果的な「ケトルベル」を使ったトレーニング。正しい使い方を学びましょう。

https://www.mylohas.net/2019/11/202466pvn_kettlebell1.html

HealthDay News 2019年9月26日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    specialbunner

    Ranking

    1. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    2. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    3. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    4. ひどい肩こり解消エクササイズ「チャイルドポーズ」

    5. 高血圧や動脈硬化の危険性も。ダイエットによる「内臓肥満」を防ぐ方法

    6. 週1日肉を食べずに12週間。参加者の意識がこんなに変わった!

    7. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    8. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    9. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    10. ヨガインストラクター・ヨシミさん|My Favorite Sports vol.39

    1. メーガン妃が1日の食生活を公開。英王室でのNGフードとは?

    2. 根性なしでも大成功! 精神的につらくない10kg減ダイエットって?

    3. ノロウイルスに絶対うつりたくない人へ。家でできる正しい感染予防法

    4. 甘いものが無性に食べたい! 食べても許されるおやつ10

    5. プロが教える、驚くほど効果ありの簡単筋トレ

    6. あなたはどの酒癖タイプ? 印象のいい酔い方と悪い酔い方

    7. みそ汁を最強のダイエット食に変える方法。自律神経の名医が考案!

    8. 科学的根拠に基づいた「やせるためのコツ」。運動しなくっても構わない!

    9. 研究でわかった「やせるテクニック」7つ。ダイエット飲料は逆効果!?

    10. やせる体を作る方法。100回の腹筋よりおすすめの運動って?

    1. 心臓発作が起きている3つのサイン。左腕の痛みも要注意

    2. 焼酎は健康にいい・悪い? 肝臓専門医が教える正しい「お酒の飲み方」

    3. 女性の「心臓発作は恐ろしい」と医師。防ぐ方法は?

    4. 家カレーに革命! 簡単なのに最高においしくなるカレー5種類

    5. 誰もが筋トレをする時代に! 2020年に流行るフィットネスは?

    6. 隣の部屋に人が寝ているとき。バレずに性行為を楽しむには?

    7. 年末年始はしっかり回復! 体だけでなく、神経からしっかり休む方法

    8. 一問一答で占う、2020年の運勢。あなたの金運は?

    9. あなたも「アルコール依存症予備軍」かも。自己診断の方法は?

    10. やせたい人向け朝ごはん8選。タンパク質と食物繊維をしっかり!