1. Home
  2. HEALTH
  3. やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

やりすぎ厳禁!? トレーニングのしすぎがもたらす脳への影響

Healthday News

6,151

MYLOHAS編集部

ランニングマシンで走る女性

運動しすぎると判断力が鈍る?

運動しすぎると脳の疲労を招き、物事の判断力が鈍る可能性がある、という研究結果がフランスから発表されました。持久力を必要とする持久系スポーツにはさまざまな健康へのメリットがありますが、トレーニングをしすぎると脳に悪影響が及ぶ可能性があるそうです。

研究チームは今回、持久系スポーツの男性アスリート37人(平均年齢は約35歳)を対象に、3週間にわたって通常のトレーニングを行うグループ(18人)と1回当たりのトレーニング負荷を40%増やして行うグループ(19人)に割り付けて観察しました。

運動の疲れが衝動的な行動につながる!?

脳

機能的MRI(fMRI)による画像検査を行った結果、トレーニング負荷を増やし、疲れ果てるまで自分を追い込んだグループでは、物事を判断する際に重要な脳領域である「外側前頭前皮質」の活動性が低下していることが明らかになりました。

また、シミュレーションモデルを使って金銭に絡む意思決定の様子を調べたところ、運動負荷を増やしたグループは、時間がたてば得られる大きな報酬よりも、すぐに手に入る目先の報酬を獲得しようとする衝動的な傾向が強くなっていました。

研究チームは「この研究結果は、物事の判断には脳・神経の状態が大きく関わってくるという事実を示唆しています。つまり、脳が疲労している状態では、いつも通りの判断はできないということです」と語っています。

この研究チームは以前の研究で、外側前頭前皮質は過度な精神労働に弱いことを明らかにしていました。

研究リーダーは「今回の研究から、過度のスポーツトレーニングが影響するのもやはりこの領域であることが分かりました」と話すとともに、「外側前頭前皮質は、認知制御の際、つまり情報処理や行動を制御する際に弱点となることも示されました」と解説しています。

今回の研究は、裏を返せば、精神活動だけでなく、身体活動においても認知制御が不可欠となっていることを示しています。研究チームは「スポーツに限らず、政治や法律、金融といったさまざまな分野で間違った判断をしないためには、疲労の程度について注意を怠るべきでないでしょう」と語っています。

適度な運動を習慣に

“走らずに走れる脚をつくる”方法

フルマラソン完走に向けた企画第1弾。想定は、2020年3月1日の東京マラソン完走。残り3ヶ月で走力をアップするために、フィジカルトレーナーの中野ジェ...

https://www.mylohas.net/2019/12/202944_nakano_layertraining01.html

握るだけでも筋力UP! ケトルベルを使った自宅トレーニング10

体幹から脚の筋肉、前腕や握力のトレーニングにも効果的な「ケトルベル」を使ったトレーニング。正しい使い方を学びましょう。

https://www.mylohas.net/2019/11/202466pvn_kettlebell1.html

HealthDay News 2019年9月26日/Copyright © 2019 HealthDay. All rights reserved.(参考情報)Abstract/Full Text/image via shutterstock

    Ranking

    1. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    2. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    3. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    4. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    5. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    6. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    7. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    8. 【絶品トマトジュースをプレゼント】食材どこで買う? おいしくて健康的、かつ良心的。続けられるナチュラルライフ

    9. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    10. 【クイズ】足がしびれた! 早く治すにはどうするのが正解?

    1. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    2. サンドイッチをおいしくする「保湿」のひと手間

    3. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    4. 「出汁」の基本をもう一度。簡単なとり方・使い方

    5. 背中や腰は「仰向けで丸める」。こりや疲れを解消するリセットストレッチ

    6. 油と塩だけでつくる「超簡単ネギソース」がおいしすぎる

    7. 白菜の栄養を逃さない。管理栄養士おすすめの絶品レシピ4選

    8. 家事の小さなストレスを減らしてくれる、こだわりの「スポンジ」

    9. 怒りの原因は「自分のなか」にある。アンガーマネジメントスキルで、もう後悔しない

    10. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    1. 寅年に贈る心理テスト。あなたの「トラ度」は何%?

    2. 【心理テスト】しめじ、舞茸、エリンギ。あなたを「きのこ」に例えたら? タイプ別性格診断

    3. プランクは体幹強化だけじゃありません。関節や細かい筋肉も鍛えてしなやかな体に

    4. 思いっきり泣こう、感動しよう。心を動かす映画15選

    5. 1日のほとんどを過ごすから、暮らせるような台所を作りたかった/料理研究家・松田美智子さん[前編]

    6. お弁当がラクに作れる。管理栄養士おすすめの時短テク&簡単おかず

    7. 心と体をラクにする、今すぐできる4つのこと

    8. 自分なりの定番が2~3品あればいい。おせち作りのハードルを下げるひと工夫

    9. ジェーン・スー&堀井美香、ふたりが2022年にはじめたいこと、やめたいこと

    10. お味噌汁は料理の始まり。土井善晴さんが教える「自立の味噌汁」

    Horoscope

    LUAの12星座占い

    毎月1日と15日に更新!

    プレゼント応募やおすすめ情報をGET!メルマガ会員登録はこちら